ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

スリーハンサムズコンサート ~そうだ一関へ行こう~へ行って

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

去る6月15日(土)一関文化センターでの、スリーハンサムズコンサートに行って来ました。
NSPデビュー40周年記念もかねてのコンサートとあって、全国からNSPファンと細坪さんファンが集まってる感じで、普段閑散としている一関の街が、往年の少年少女達NSPファンで元気に活性化したような賑わいでした。
皆さん、今日は特別な時を体感できるという高揚感が漲っていて、生き生きと輝く瞳と笑顔で会話も弾み、それぞれが抱える日常をこの瞬間だけは忘れたように、同じ思いを共有している人が集っているのでした。

以下ライブ感想です。ライブ見て一週間以上経ってるのでだいぶクールダウンしてて、何の変哲も無い普通の感想です。
コンサートの演奏曲、MCのネタバレがありますので、ご注意下さい。

40周年

セットリスト (メモがいい加減なので違ってたらごめんなさい)
1Rain(細坪) 2白い椅子の陰(平賀) 3昨日からの逃げ道(中村)
4八十八夜(細坪) 5初夏(中村) 6線香花火(平賀) 7赤い糸の伝説(細坪) 
8君と歩いてみたくて(中村) 9シャンテの街(平賀) 10 旧友(3人)
11コンクリートの壁にはさまれて(中村) 12夕凪ぎの池(細坪)13あせ(平賀) 
14落ち葉は夏の忘れ物(中村)15GoodTimeMusic(細坪)
16夕暮れ時はさびしそう(平賀) 17春雷(細坪・中村)
アンコール 18風来坊(中村) 19雨は似合わない(3人)
アンコール 20白い冬(細坪、中村)

○1曲目Rain
都留さんの奏でるバイオリンの鮮烈なイントロに場内どよめき。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!Rain 来たよ~お。1曲目からだよおおおお@@;。
緞帳上がる前に私とはなよさんも思わず、二人で歓声上げちゃいました。
都留さんのバイオリンに切なさ倍増。細坪さんのボーカルもすごくいいです。
一語一語丁寧に歌詞を噛みしめるように歌われてて、別れゆく二人の残像が目に浮かぶようです。
文句なしの出来に拍手喝采vvブラボー!!
この曲のボーカル、私は細坪さん以上に歌える人なんていないでしょって位、断然いいと思っちゃうツボ信者なのでした。(NSPファンの方、ごめんなさいm(__)m)
あらら、ふと気がつくとメチャさんも泣いてます?両隣、まわり、あちこち、感動で泣いてるぅうう@@;。
このライブはRainに始まり、Rainに尽きるという位、このサプライズが最も強烈に印象に残ったように感じます。
細坪さんは必死に練習したそうです。歌って下さってありがとうなのでした。感謝です。そしてとってもとってもお疲れ様なのでした。

○2曲目白い椅子の陰
大阪スリハンではこの曲のイントロでどよめきが起こりましたが、一関でも久保田さんのギターの音色は美し過ぎて萌えますvv更に都留さんのバイオリンが加わるとなんて流麗な響きでしょう。もう、このスリハンライブはこの二人だけで品格を保ってるようなもんだなとか(おい)
1、2,3号様だけだとドタバタ笑劇場みたいになりそうですが、お笑い3人組の椅子の陰で、4号様、5号様のサポートは格調高く、クオリティを一気に上げてます
ちなみにハンサム水準もこの二人が上げてるような・・・・スリハン3人の椅子の陰に置くにはもったいない演奏もルックスも素晴らしいサポート陣なのでした。
ところで中村さん、確か昔この曲で12弦ギター弾いてたような・・・・。
※付記、白い椅子の陰とかげふみがカラオケジョイサウンドF1に新規で入ってますよ〜

○10曲目 旧友
一関で聞く旧友。あらら、やっぱりお隣はなよさん、この曲を細坪さんが歌い出すとどうしても泣いてしまうのでした;
きっとこの曲に天野さんの気配を感じるのでしょう(^^)。
3人交代で歌われてましたが、改めて平賀さんだけ、歌い方がちょっと違うなと気付きます。平賀さん、NSP歌ってる時は全然気にならないってーかすごくいい感じなんですけど、細坪さんのゆったりしたバラード曲を歌うと、、語尾の音が下がってるな~とかビブラートがやたら震えてるな~とか、ロングトーンが出来てないな~とか、声量足りないなあ~とか。そりゃあ1号様2号様気合い入れて発声練習して挑んでるプロのボーカリストと、兼業ベーシストのベース弾きながらのボーカルは違って当然と言えば当然ですよね(^^;比べてごめんなさい。
平賀さんには風来坊みたいな曲調が合ってる気がしたり。なんか「ペンペン草」が山木さんの書く詞の雰囲気に似てるからかもしれないですけど。。

○11曲目コンクリートの壁にはさまれて
今回、中村さんのボーカル率が高くNSPもふきのとうもどっちもしっかり歌われてました。声にハリがあって安定した歌唱で、初夏なんかここ1年で見たライブの中では、一番良かったように思います。
うつそみのさんも今日の中村さん、歌すごく良かったわ~と大絶賛
コンクリートの壁にはさまれてが流れると、もうアドレナリン流れて大興奮!座席が中村さんファンクラブ席だったせいもあって、ものすごい熱気に包まれたのでした。
「君と歩いてみたくて」のMCで、中村さん、この曲が良いとレコーディングの時ほめられたんだそうです。でも実はその部分は天野さんが作り直してくれたメロディだったんだとか。やっぱり天野さんのメロディはいいよねってことですね。
「中ちゃん、珍しくオレのことほめたな。よしよし。ツボももっとオレを褒めろよな」by天野

○15曲目GoodTimeMusic
細坪さん、この曲、とっても快調に歌ってました。
スリハンライブ5回見ましたが、今回3人ともほぼノーミスでは。素晴らしい!!エクセレント
どじっこ2号様も完璧?とってもしっかり演奏されてて「さすがプロだな。なんとすばらしいプロ根性だNSP、リーダーはこのオレだからな」と天野さん満足気。「だけどさ、何もコンサートで波乱がないのは、NSPらしくないよな。」と言いたげに、天野さんったら、あれこれポルターガイスト級の自己主張?!
せっかくのベース紹介の時によりによって楽器が壊れて、うろたえる平賀さん、すっかり素に戻っちゃってて、とっても気の毒でとっても可愛い~v。
一方、何事も起きてないかのように平然と歌い続ける細坪さん、さすが年季が違いますね~堂々としているというかふてぶてしいというか(おい)。

あ、でも気のせいか、にこやかな作り笑顔の下に隠れた心の声が聞こえたような。

「オレの数少ないソロ曲の出番なのに、なんで邪魔すんだよ!天野(怒)」byツボ
「何言ってんだ、ツボ。今日この日のために、オレ様のこの偉大な名曲Rainをだな、有り難くもお前の結婚式で歌ってやったんだろーが。別れる理由なんかわかんねーよとか文句言うなよ。Rainのおかげでお前のとこはうまく行ってるじゃん。おれんとこなんか、お前が結婚式で冬銀河なんか歌うから、破局しかかったじゃねーか(怒)」by天野


○フェイク
今回も中村さんサイドの端っこだった私、目が合う心配がないので、横からじっくり細坪さんを観察出来るのでスリハンライブはいいですなあ~。
細坪さん、「今日が今年最後のスリハンコンサートです」と言う直前にニヤリとしたのを私は見逃しませんでしたよ。(中村さんMC中、水を飲む時一瞬不機嫌な素顔に戻ったのを、はっと気付いて笑顔を作り直したのもしっかり見たしぃ~w)観客に一斉に「え?え?東京は???」と突っ込まれてました。「そうだよなあ」と自分の間違いを指摘されてやたらうれしそうな細坪様。
む?怪しい。この手の細坪さんの言い違いMCって、果たして本当に素で勘違いしてるのか、会場の反応引き出す仕込みのすっとぼけなのか。
4月の神戸ソロライブで、「スリハンのライブ、今年もう1回この辺でやることになってます。大阪だったかな。」とおっしゃった時、会場無反応でそのままになっちゃいましたが、隣のneoさん小声で「スリハン大阪3月にやったばかりなのに、細坪さん、本当に忘れちゃったのかしら??」と、惚けっぷりをマジで心配してました(^^;
この手の言い違いの時は細坪さんが訂正を期待してわざと言ってると理解して、心あるファンの皆さん、反応してあげましょうね(^^)。(ホントに惚けてたりしてーー;)

○腐行く
フレディ・マーキュリーが実は女好きというネタに、反応したのは私だけ??orz

○蓼食う虫
細坪さん、柴田恭兵をかっこいいと思うんですか。ふううん。人それぞれ好みがありますからねえ。私は柴田恭兵よりこっち↓の方が断然かっこいいと思うんですけどぉ?
neoさんそっくり


○もうすぐ外は白い冬♪
オフコースの事務所から「さよなら」発売時、「白い冬」という言葉を使っていいでしょうかと許可を求められたと、山木さん談。「さようなら」のNSPはスルーされたのねorz

○メモリアルライブ
懐かしい曲が演奏される度、往年の少年も少女もつい涙ぐむ光景が場内、あちこちに見られました。
「居住地も仕事も生活が全然違う同士が、こうして集って、10代の頃好きだった音楽を、また共に味わうことは素晴らしい」と語る細坪さんに会場から賛同の温かい拍手。
NSPとふきのとうを共通項に地元の方と全国から集ったファンが、同じ時代を生き、同じ音楽に感動した思い出を共有していることに思い及び、改めて感激させられるMCでした。
若い頃も、一関で数年暮らしてた時でさえも、NSPを知ってるの私だけかと思ってたくらいなのに、こんなにたくさんの同じ思いを抱いている人がいたなんて。
NSP&ふきのとうの音楽を愛する仲間との出会いがうれしくて。
この喜びを共有し続けるためにも、これからも応援し続けないといけませんねw
40周年を飾る良いライブだったと思います。

・・・・が、欲を言えばアンコール2回含めて2時間20分は短いような・・・・
遠方からこの記念ライブを見たくておいでになった方もたくさんいるでしょうし(島根三重北海道とか)、私のような地方在住者は、一番夢中だった若い頃、中央の田園コロシアムとか野音とか武道館とか、アーティストが一生忘れられない感動的大きなイベントを体験できてないんです。だから、今回は何かすごい特別なライブになるかもってちょっとだけ期待してました。
というのも先日小田さんが被災地ということで福島ライブで泣いてたし、姫野さんが40周年仙台ライブの盛り上がりで感激に涙してたし、そういうのに立ち会ってるので、NSPも地元で40周年だから何かすごい感動がありそうで期待してたんで・・・・、期待したよりはあっさりしてたかなあ・・・個人的には(比較の問題かもしれませんが)、多少の食い足りなさはありました。
でも細坪さんがアウェイでの新曲ということでいつもより緊張されてたのは分かったし、兼業ミュージシャンの平賀さんは平賀さんで、演奏も物販もプレッシャーだろうし、地元ファンにスリーハンサムズウェルカムなムードを作らないといけないしで、ずいぶん気を遣ってて、大変だったでしょうに。本当に皆様、お疲れ様でした。
スリハンがもし続くなら、どうせなら、平賀さんが天野さんの代わりに感激で泣き出すようなライブになるよう、ファンが盛り上げてあげたい気もします。

中村さんや、細坪さん久保田さん都留さんも、音楽活動されてる限り、応援したいなって思います。そういう温かい気持ちになれたスリーハンサムズIN一関なのでした
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/726-8c29c4ed