ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

スリハン東京2DAYS PART2

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

6月28日一関スリハンコンサートに続き、7月6・7日東京草月ホールでのスリーハンサムズコンサートに行って来ました。以下ネタバレ感想の続きです。
+++++++++++++++++++++++++++++++;

○青春の呪縛
NSPの音楽を2度と聴くまいと思ってた頃、おしゃれな喫茶店を見ると「白い椅子の陰」、山の手線に乗ると「恋は水色涙色」、矢吹インター通過すると「17才の詩」が脳内勝手に流れたのが、最近はそうでもないんです。それらの曲を積極的に聞いたり歌うようになったら、不思議と勝手に流れることなくなったんです。意識して思い出そうとしてる時以外は流れなくなったので、私がNSPをまた聞くようになったので天野さんがのろいを解いてくれたのかしらとか。
初日は大きなハプニングもなく、天野さんみんながその存在を思い出してくれたことに満足して、あまり自己アピールすることなくそっと見守ってるかのかしらとか。それでも最終日の夕立、感動のしのび泣きのつもりがついつい泣き虫の天野さん。かわいいわ~。(*^▽^*)ゞ
そう言われれば一関で、墓地を準備しないとという話をした時、細坪さんのギターから異様な音が出たら、細坪さん、小声で「え?まだこっちに(天国)来なくていいってか。」とまるでそばに居る人に語ってるみたいに優しくつぶやかれてました。死んだ友とも生きてる友と同じように話せるという細坪様は天野さんといつも語り合っているのですね~(^^)
あれ?でも今日は何か私に異変。いつもはメモする時こんなに落ちないはずのペンが何度も落ちるんです。明るいしすぐ足元に落ちるので拾えるんからいいんですけど・・・・なんでこのタイミングで落ちるかな?
天野さん、何か霊感おばちゃんの私にご用ですか?ふむふむ。え?いいんですか?ご機嫌損ねたらもう歌ってくれないかもしれないですよ~。
はあ、他人様の曲を間違えてはいけないとご本人が仰ってますもんね。
ほんじゃ、天野さんの許可を得たのでアタシが突っ込まさせて頂きやす。
ってんで、歌詞間違いを早速メモメモ。

○Aののろい
細坪様、気付いてませんか?今回の東京ライブ、呪われてますよ。
Rain「愛の心」をどうしても「愛の言葉」と言ってしまう舌のろい。
初日はMCでもそうおっしゃたんで勘違いしてるんだろうなって思ったんですけど、二日目、前日間違えた1番のサビをちゃんと「心」と歌ったのでほっとしてたら、またもや2番で「言葉」と歌ってしまう細坪様。どっちかわかってないんじゃないかと、はなよさんやうつそみのさんも気付いてましたw。
たいした違いじゃないけど「ちぎれるほどに手を振ったのは~♪」って、それ弥生の歌詞と混同してますねw
あの名曲「昨日までのあの人を忘れられないのは」の「あの人」が「思い出」に変わってました。文意は通るので気になりませんが、元熱烈なNSPファンの耳は誤魔化せません。有名な曲は歌詞ばっちり同時脳内再生されてますからw
「いや、オレのソングライターとしてのセンスからして、あそこで<愛の心、ガラスの心、壊れやすい心と、心心心>の反復に芸が無いと思うわけだよ。愛の心はどこか頭痛が痛いし。せめて、<愛の心、硝子のように、壊れやすい心>、とか、<愛の言葉、硝子の信実、壊れやすい心>、とかさ、普通工夫するだろ」byツボ
「だけどお前もさ、レクイエム・人生のかほりで、この胸に<去来する>は不自然だと思ったぞ?去来は文章語だし、話言葉なんだから普通に<この胸に蘇るのは>、とかでいいじゃん~」by天野
とか、心の中思っていても、決して人の歌詞に文句つけるようなことお二人ともしませんよね。ごめんなさい、なのでここは完全に私の妄想です。
妄想ついでに、天野さんが、先に独身主義を放棄した細坪さんに送る曲は「さようなら」か「Rain」ってことは、どう考えても天野さんの細坪さんへの恨み節に決まってるじゃないですか。(いや。そう思う人少数だからーー;)
(ツボが)僕と別れる理由はなあに? それもはっきりしない~♪
細坪が悪者だと~天野がかわいそうだと~♪ by天野
(逆だろ!)天野が悪者だと~細坪かわいそうだと~♪byツボ
どっちもどっちだと~♪by平賀・中村

○私だったら
トトロ
大のトトロ♪ガラスのトトロ♪トトロ・トトロ・トトロ♪ by風のアルマジロ
風のアルペジオ
次は風のアルマジロに行きたい、懲りない私。

○馬欠を掘る
平賀さんも呪われてたような・・・・
NSPで女性の心情を歌った歌は珍しい、「八十八夜」と「冬の花火と思い出花火」と「始まりの朝」くらいしか思いつかないって言ってるそばから、「昨日から逃げ道」「落ち葉は夏の忘れ物」を歌ってるでしょうが~墓穴。

○Mののろい
S木M子さ~~ん!ここ見てますかーーー!?中村さんが全国でさんざんネタにしてますよおお~
Mさん、お気の毒なような、ちょっとうらやましいような。
中村さん、初日二人に「真面目にやれよ」と突っ込まれてまして私は何のことやらさっぱりでしたが、ギター弾ける方々は皆心の中で「カポ違う」と思ってたそうで、中村さんが慌ててカポを外すのをめざとく目撃された方々もいたようで、後で話聞いて納得。
中村さんは、どじっこだからいいの。許しちゃう許しちゃう。
でもさ、肝心の歳時記、
よりによって「亡き友も良き友も夢の中で集え」の中心語句<夢>が歌詞として出てこなかったのにはちょっとツボマニアとして許せないかも(笑)。

○歌詞カード
ライブハウスなるところで歌ってみて初めて気付いたのは、暗いところで紙の歌詞カードは見えにくいです。言われれば、カラオケのテロップみたいに文字自体が光源になってる、iPadを歌詞カードにしてるか、キーボードのディスプレイを歌詞カードにしてそうなアーティストは歌詞間違いが少ないような・・・・。
他人の曲率有為に高い細坪様。お労しいわあ;;、アタシがディスプレイに大きな字で歌詞が流れるように、パワーポイントで歌詞カード作ってあげたいわ~んvv(←余計なお世話じゃ!byツボ)

○三角関係
平賀さんとはお互い指差し合う仲。中村さんとは手を取り合ってぬくもり確かめ傷口見せ合ったりする仲。まずいよ。平賀さん、もっと細坪さんと距離縮めないと(バカ))
中村さんのライブ版だと、腰の手術創を見たがったのは細坪さん、細坪さんの話だと手術創を見せたがたったのは中村さん。むむ?どっちが本当なの?どっちがどっちなの?それが大問題!!(←何故に?)

○Good Time Music
天野さんは日本青年館でのNSP復活ライブ('02)の際、「みんなNSPのこと覚えてるかなあ。誰も来てくれなかったらどうしよう」と細坪さんに心配そうに語ったそうです。「大丈夫だよ、NSPはすごいグループなんだから」と励ました細坪様。心からNSPの復活成功を祈っていたようです(98年の鹿児島FMラジオ番組でもNSP復活を完全否定する天野さんに復活を勧め、天野さんの才能を高く評価し、力強く励ましておいででしたもの)
まさに今回のライブキーワードは細坪様の「愛に満ちた言葉」。
細坪様の励まし通り、チケットは完売し、復活コンサートは大盛況。NSP3人が音楽を純粋に楽しめた日々の始まりだったのでしょう。
その日の感動を思いだしたのか、平賀さんと中村さん二人の心の高揚が伝わってくる演奏でした。
「音楽が僕らを結びつける、良き友も亡き友も、同じ時代を生き同じ思いを共有した者皆が心をひとつに、Good Time Music♪」

○愛の言葉、感謝の心、変わらない思い♪
音楽から遠く離れていた私が、こうしてまたここに戻って来たのは、偶然流れたスリーハンサムズコンサートのCMを目にしたからでした。天野さん、喜んでくれてますよね。
スリーハンサムズが全国を回って2年、七夕の今月今夜NSPと天野さんの名曲を思いだして夜空を見上げた人がたくさん増えたことと思います。
DVDやCDもすごく売れたようで、何よりですね。私もスリハングッズ買いましたよ~。
スリハンTシャツ
愛と夢と幻♪、「人生のかほり」が脳内リフレイン。

「スリハンやってくれてありがとう、ツボ。」by天野
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/730-7c86a86b