ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

~逝夏~風のアルペジオコンサート

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

アルパ奏者ルシア塩満さんと、ニューエイジミュージックピアノ中村由利子さん、フォーク歌手の細坪基佳さん、音楽の分野を超えた3人の演奏家による異色のコラボレーション (←決して異種格闘技ではないゾ)
風アルCD
サポートメンバー、ケーナ・サンポーニャ高橋マサヒロさん、ギター久保田邦夫さんで構成された細坪さんのライブはジャンルを超えた新ユニットというより、堅苦しくもないけど格調も高めの遊び心に富んだアンサンブルコンサート。
どんなに高度に電子音が発達しようと、目の前で演奏されている楽器の奏でる音色の美しさには未だ到底及ばないことを実感させられます。
懐かしいようで耳新しいアンデスの竪琴と縦笛に彩られた、由利子さんのピアノや細坪さんの歌声は、大人になって出かけるコンサートにふさわしく、良質な音楽の潤いに心身癒やされるのでした。
ルシア由利子

確かアコカフェとの共演DVD「蒼の轍」の特典映像で細坪さんは、「ムキになって歌わない方が聴衆の心に届く」と語っておられましたが、今回もそういう歌い方されてたように思います。奥行きの深いアコースティックな伴奏に乗ったヴォーカルは、普段カジュアルに聞く平面的サウンドとは趣きを変え、より歌唱に集中し曲の世界に入り込めてるせいか、細部まで神経が行き届いた繊細な表現を堪能できました。
それは無限に広がる空間を掌握し切っているかのようで、余白を残しつつ情感豊かに、聴衆の心の琴線を揺り動かすのです。



以下コンサート内容のネタバレありです。

1、? (ルシアさんと高橋さん、二人で演奏。ルシアさんのオリジナル曲と思われます)。
2コンドルは飛んで行く 全員
3夏の思い出 全員
4少年時代 (井上陽水) 全員
5風笛 全員
6萎れた花を捨てて 全員
(ここで男性陣退場、ルシアさんと由利子さんコーナー)
7ひまわり ルシアさんと由利子さん
8アスンシオンに咲く花 ルシアさんと由利子さん
休憩
9めぐりゆく時間たちへ 由利子さん一人で演奏
10夏が逝く 由利子さんと細坪さん
11忍びよる秋に 由利子さんと細坪さん
12灰色の瞳(加藤登紀子&長谷川きよし) ルシアさんギター&ボーカルで細坪さんデュエット 由利子さんピアニカ
13続夕日のガンマン  全員、細坪さんボンボ
14イメージリクエスト   細坪さんお題 15年ぶり帰郷同級生の女性と二人で公園のブランコで夜空を見上げてる情景 由利子さんによる即興演奏 
15イメージリクエスト 会場リクエスト 少年時代の夏祭り 由利子さんの即興曲全員で演奏。細坪さんはボンボ演奏
16五月雨 全員
17コーヒールンバ 全員
アンコール
18風来坊 全員
19夏休み(吉田拓郎) 全員 ヴォーカル 1番由利子 2番久保田 3番ルシア  4番高橋 5番細坪

○チャレンジホソツボンボ
細坪さんご自身の持ち歌以外の、普段のライブでは歌われない曲を披露されました。細坪さんの歌うスタンダードなナンバー、さすが何を歌っても上手いわあ~vvと、細坪様のお声に恋する元乙女なら誰しもが目がハートvv。
またスペシャルライブのならではの、ルシアさんとデュエットや、打楽器ボンボを演奏。MCがおとなしめなのが新鮮だったり。
ルシアさんとのデュエットでは、ルシアさんの方が力強く、細坪さんの方が繊細だったりするのが妙味だったりw細坪さん、男声パートばっちり音取れて主旋律とのバランスも良かったのは、ルシアさんがしっかりしてるせいでしょうか。ルシアさん、かっこいいvv
まだ二人見つめ合って歌うほど余裕がないと仰ってましたが、とってもいい感じで、気のせいか細坪さん、 NSPの二人とハモる時に比べればずっと危なげなく歌われてたような・・・
一方どの曲も由利子さんが歌うにはちょっとキーが低くて気の毒でしたけど、、、、でも由利子さんがピアニカってのは全然チャレンジでも何でもないでしょう~。それって簡単過ぎでしょ~w
ルシアさんのクラッシックギターも楽勝そうでしたね。
細坪さんのボンボ、夕日のガンマンとっても楽しそうでした。俺は西部劇が好きだぞオーラが出てました(^^)

○イメージリクエスト
中村由利子さん、観客初日満足度1位に輝いた映画「百年の時計」音楽を担当されているそうです。現代音楽シーンの最前線を行ってそうな中村由利子さんに、会場からのお題のイメージを即興で演奏されるという、サプライズコーナーがありました。
私が、その場で咄嗟に思いついたお題。(←誰も聞いてないしーー;)
フルマラソンに初参加。あと少しでゴール!!と、直前に古代遺跡があったので、ゴール目前に脇道逸れて遺跡ウォッチ感激してたら、突然UFOが現れて面妖な宇宙人と接近遭遇。うわあ、しまったーーー、ぴかっと光って記憶消去??と思ったらベッドで目覚めて、なんだ夢だったのかとほっとして、起きて朝食食べにダイニング降りたら、びっくり、奥さんも子どもも家族全員宇宙人になってた。TVにも宇宙人のアナウンサーが。慌てて鏡を見たら自分も宇宙人になっていた。
とリクエストしたかった私。でも勇気がなくて、手を挙げられませんでした(バカ)
 
○ゆりこ×2
第一部の最後、男性陣は退場し、ルシアさんと中村さん二人で「ひまわり」と「アスンシオンに咲く花」を演奏されました。ピアノとアルパの美しい音色に、一瞬細坪さんのライブに来たこと忘れてしまうほど、違う世界に浸ってました。
映画音楽は好きで良くCD聴いてましたが、改めて生演奏で聞くと映画の感動が鮮やかに蘇って来るもののようです。
アスンシオンに咲く花も、心美しく爽やかな気分になれる曲で、。才媛お二人の演奏に心洗われたのでした。

○垂涎美女に挟まれて
第一部では、黄色い柄シャツに短パン姿だったのが、2部では黒の光沢あるシャツに赤ネクタイ姿で、少年がホストになったみたいでしょと細坪さん。見事な変身ぶり、ってーか、悪ガキがちょい悪親父なっただけなので順調に成長してるだけじゃ・・(おい)
と言っても、美人お二人に挟まれた細坪さんは、平賀さんと中村さんに挟まれてる時とは肌の輝きが違います。精気が違うっていうか。スリハンの時は全面どっから見てもドタバタ笑劇場団長って感じで必ず加齢臭話題に行き着く宿命の親父ギャグキャラですが、これがまたひな菊のような可憐な由利子さんとハイビスカスのように艶やかなルシアさん二人に挟まれてると、お二人の音楽に遜色ないだけでなく、美人二人と何の遜色ない程かわいいアイドル君の細坪様なのでしたvv
いくつになっても明るい屈託ない笑顔を見せる細坪様は激ラブリーvv、やっぱり細坪さんってば、めちゃくちゃかわいい~vvv

○メロディメーカー
両手に花で喜色満面の細坪さんですが、一方背後にいる相棒久保田さん。
私達の席からは細坪さんの譜面台の陰になって、演奏中全く久保田さんが見えなかったのですが、退場する時の久保田さんのお姿に、私もご一緒したneoさんもちょっと心配@@;
元気な細坪さんにまるで生気を吸われたようなおやつれ方;;元気ないような・・・。
細坪様、ダメですよ~美女二人にばっかり気を取られて、久保田さんもちゃんと可愛がってあげないと(違!)。
もとい、ダメですよ~あんまり久保田さんにお酒飲ませちゃ。ちゃんと栄養のある物食べて、休養をしっかり取って頂きましょう。

次の記事に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/736-c640380f