ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

細坪基佳クリスマスナイト2013~未知との遭遇IN秋田~

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

本日息子の20歳の誕生日でした。法令上誕生日の前日から飲酒が認められるんだとか。じゃあ記念すべ10代最後の日に、秋田で暮らす息子とディナーショーで祝杯を・・・というのを口実に、細坪さんのディナーショーにちゃっかり行って来ました。
この日、中3の3号が模試だったので、受験生の母としてジレンマ抱えつつ、去年せっかくディナーショー用の洋服買ったんだから、今年も着ないと損よね~とか自分に言い訳しながら、一路雪国へ。
今回は同じ穴の狢というか、同じツボの蛸、札幌のKさんと盛岡のMさんとお会いできるのも楽しみなのでした。良席求めて受付時間前に気合い入れて並んだ私達、え?ひょっとして一番乗り??常連さんいないの?ほんじゃあ、ひょっとしてひょっとして私達は今夜細坪様をかぶりつき寡占状態なの~??きゃあああ、うれしいけど・・・、前夜北海道から渡って来たカニを鍋にして食べたら、ついお酒が進んで夜遅くまでhitotsubo band用の「愛のナイフ」を録音してたりして、午前中ずっと二日酔い睡眠不足長距離運転でお肌が荒れ荒れで、辛いものがあります。
でも今日は競争率低そうだし、気合いで頑張るのよ~(何を?)。
とか、思ったら400人近い参加者は予想外の大パーティ。細坪さんのファンというより、業界のお客さんの割合が多かったようです。もちろん細坪さんのファンの方もコアな常連さんもおられました。

まずはディナーのMENU
クリスマスナイト



ホテルアイリスは、地方都市の閑散とした街中にあって、際だって高級感あふれるホテルでした。
日本海の海鮮料理がとっても美味しかったです。

量も十分で、地方だからこその盛りの良さ、着席と同時にどんどん置かれるお酒、いくらでもどうぞ的、食べきれない飲みきれない程供給してくれる田舎ならではのおもてなしが懐かしい感じがします。
テーブル相席した向かい側のグループが酒豪らしく、まずはビールを、との声でそのまま釣られてビールを飲んでしまった私、でも同行したお二人は一切飲まない方達なのに、調子乗って一人で飲むなよ<自分。
これからコンサートなのでいい加減水分多いビールはやめてグラスワイン程度にしておこうとワインを頼んだら、ボトル1本目の前に置かれて、.ええ?アタシこれ一人で飲んでいいの?飲み放題?うれし過ぎ~。
マテ自分、これから細坪さんのライブなのだぞ。と自制心が働いた時にはビール3杯にワイングラス2杯を開けてました。
STOP!これ以上飲んだら、ライブ中に蛸踊り始めかねない。
ふと、見るからに元グルーピーって感じ(違!)、もとい元おっかけギャルって感じのKさんが意外にも緊張すると胸に手を当てられててとっても純情乙女、芋女の私はほろ酔い気分だったので、今日はそんなに緊張してないというものの・・・・
私やKさんが細坪さんに夢中だった頃、どんなに追っても追っても遠い人、憧れのスターだったので、あの時と同じ人をこんなに近くで見られるってだけでとても緊張するんですよね。
ソロになってからのファンというMさんも、既に目がハートの観音様状態。
肌はかさついてても乙女心は枯れてません。

さて、ここからはライブのネタバレありです。******

てっきりお料理終わってからショーが始めると思い込んで、〆のお料理うどんとデザートを待ってたのですがABSの酒井アナウンサーが登場し、これからライブが始まりますとアナウンス。
あわ、まずいよ~、行くなら今しか・・・と、慌てて用足しに立ってダッシュで戻って着席と同時に間一髪、久保田さんと都留さんがピアノとバイオリンの美しい序奏が始まります。あれ?細坪さんは?!と、去年のスリハンディナーショーを思いだし、今回も後ろからの入場かしら??と振り向けば、1番奥のドアの前の暗がりの中微かな背光から浮かび上がるあの影は?!あれは、間違いない、どこからどう見ても未知との遭遇!宇宙人!!!(←違うから)

二人のご学友によるコンチェルトから次第に聞き覚えのあるイントロが流れ始めると場内の照明が点灯・・・と、ハンドマイクで友好の証に「Love Song」をしっとり歌いながら笑顔を湛えて徐々に接近してくる宇宙人@@;あちこち幻惑状態の人類から歓声が上がります。人類は宇宙からの来訪者大歓迎ムードの模様。
うわ、まずい。こっち来るよ。これでいよいよ第一次接近遭遇なるかーーー?!
と、私達の円卓後ろ中央に立ち止まり、180度回転、こちらに背中を向けて、人類への「Love Song」を発信する宇宙人。1、5メートルの至近距離からまじまじ後頭部を観察。あ、でもなんかあんまりじっくり後頭部観察しちゃ悪いよね~って気分になって(Mさんは必死につむじを探したとか^^;、目線を下げるとキュートにしまった臀部が視界に入り、あらぁ~小さ~い。アタシの3分の1しか面積ないわとか(どこ見てるんじゃ!?)

その後、私達の円卓から離れ、ステージ横の階段から登壇され、人類にとって未知なる生命体のディナーショーの始まりです(*゜∀゜*)ノ 。

演奏曲 
1Love Song  2沫雪 3恋心 4きよしこの夜 5白い冬
6風来坊 7愛のナイフ 8旧友 9クロスロード 10春雷
11やさしさとして想い出として 12思い出風来法師  13セクシー

来てる客層のせいか都留さんの調教のせいか、親父ギャグ封印してる今夜の宇宙人。
1時間くらいのライブで13曲も歌う宇宙人は、プロのMCでなく歌手だったらしい@@;。
ちなみにこのコンサートは12月22日午後6時からABSラジオで一部放送されるそうです。
(それで、MC暴走控えたか<宇宙人)

○Love Song
ステージに上がった宇宙人の視界に入った最前列中央の客席。いつもなら、熱烈ハートの見慣れた常連ファンがかぶりつきでいるはずのポジションに、今夜はなんでか見慣れない場違いな男女二人が@@;。若い男子学生とセーラームーン月に代わっておしおきよ~な出で立ちのツインテールの年齢不詳の女。
宇宙人、明らかにいぶかしげな目で二人を見比べ、「な、何だこいつら?一体どういう関係だ?親子?年の離れた恋人???」と、意表を突かれたか、宇宙人、素に戻ってるし~(爆笑)
あの異様なものを見る目は、29年前の84年野音で「やさしさと想い出として」を歌いながら、「何で誰も歌わないんだ?!一体何が起きてるんだ?!」とライトを避けながら会場を不安げに見てた人間と同一人物だとやっと確認とれました(^^)ゞ
その後、その後ろに控える私とMさんをちらりと見て、「ああ、良く来るおばちゃん達だ。」的安堵の声が聞こえたような(バカ)
細坪様、ごめんなさい。「Love Song」熱唱中に動揺させて。紹介します。
「Love Song」大好きな、うちの息子と、何の関係もない、道産子のウサギです。

○雪の曲
うちの息子は春雷、風来坊、LoveSongは車で流れると気に入ってるらしく一緒に歌ってるの聞いたことあるけど、果たしてソロ曲は知ってる曲あったかどうか・・・終わった後聞いたら、「大丈夫、みんな知ってた。雪の曲2曲以外、全部聞いた事あったね。NSPの曲も知ってた。コンサートとっても良かったよ。ツボさん、面白い人だね。」
「沫雪」と「恋心」だけ聞いたことなかったそうで。とすると、恐らくあの会場にいた客の中で、かなりコアな部類に入ると思います。
さすが教育ママゴンの息子だわ~ と自画自賛(バカ)


○白い冬<旧友
ホテルアイリス

この看板の題字で優先順位がわかります。と、細坪様。
1白い冬、2ふきのとう、3小さい「元」 4細坪基佳・・・のようなので、この際1曲目白い冬、2曲目白い冬、って感じで最後まで白い冬歌いますとジョーク。ふきのとうだけを聴衆が求めるのもしょうがないのかなあ、とか少し複雑な気持ちでしたが、でも「旧友」演奏中に、場内自然に感動の拍手がわき起こりましたよ。その盛り上がりは白い冬以上。確かに伝わってくるものがありました(^^)。

○愛のナイフ
メモ取りながら、今回のツッコみどころはココと思わず大きなマルで囲んだMC。
天国に近い年になったせいかたまにしか会わない友も、死んでる友もあまり変わらないと仰る細坪様。
「NSPは自然消滅してたんですけど、今から6、7年前だったかなあ。復活したんですよ~」おお、なるほどそういうことですか。さすがあの世もこの世も同じように見ている細坪様。
他界して自然消滅してたところ、生きてるメンバーと死んでるリーダーで復活コンサートを天国でしたんですね(^^)<天野さん。ってことは、平賀さんと中村さんはゾンビですか?

○愛のピック
この日の細坪様のステージ衣装は、カーキー色の皮ジャンによくお召しになってる、黒地に白の糸で縁取りとチェック模様がステッチされたYシャツ、黒いズボンに、目に鮮やかな赤のネクタイと赤の光沢あるベストが印象的です。と、登場と同時にゴスロリっぽい黒と赤の衣装のウサギさん、「おそろ~vv」と小躍り。
白い冬の後奏に細坪さん、床にピックを落としたままだったので、これを拾う権利があるのは1番乗りのウサギさんでしょ、と背中を押すと、「拾ってあげようってよっぽど思ったんだけど、、、、」と。そしてアンコールの拍手中もどうしようか迷ってましたが、よし思い切って拾おうとウサギさん全力ダッシュしかけたら3人が登場し、白いピックはあえなく床に放置されたまま。乙女の純情はいつもステージに捨て置かれる運命なのね;

○やさしさとして想い出として
若い頃よりフォーマルな格好をして、お酒を飲みながら、コンサートを楽しめるのは、この年齢になったから出来ることだよねと、細坪様。本当にこんなに近くで見られるなんて\(^o^)/。
十代の頃、細坪さんのソロコンサート行きたくても、県外に出るのも大変な冒険でした。ホテルなんて子どもが泊まれるなんて思いもよらなかったし。
無理して行った大宮のライブ、すごく感動したのに、帰りの深夜の急行列車を待ってる間、さんざんおじさん達につけ回されて、嫌な思いしたり・・・。小さな胸の痛みも大切な思い出です。
考えてみれば、こんなにお酒入った状態で細坪さんのコンサートを見たの初めてですね。なんて贅沢なんでしょう。
ほろ酔い気分で聞く「やさおも」~あなただけのやさしさ、還らぬ想い出~・・・・いつもと違う感動、この歳月の流れが感慨深くて、ついうるっと来てしまいました。

○思い出風来法師
風来坊はコミックソングでいいですけど、できれば失恋ソング、思い出通り雨、影法師、単体で歌って欲しいような・・・。NSPで言えば、あせとさようならと赤い糸をコミックソングにしてるような感じ?

○愛の悪口
武田鉄矢さんの同業愛ある悪口ネタ、おおうけでした。
ふきのとうが、歌うお地蔵さんなら、鉄矢さんが笑い取るお菊人形で、小田さんは歌う石膏像、姫野さんは歌う博多人形かな。そして、天野さんは歌う首振り人形(おい)
でも中でも歌うお地蔵さんが一等好きな私でした。

○セクシー
予想通りこの曲を歌い、全♀人類悩殺しながらの退場です。宇宙人は一部地球征服完遂した模様(^^)v
と、私の横を歌いながら歩いて行かれました。きゃああ、一瞬脳死;思わず下向いてしまったよorzでも大丈夫無事生きてます。ついにいよいよ未知との遭遇半径1メートル以内、第二次接近遭遇を体験した人類なのでした。(人類だったのか、お前?というツッコミなしよーー;

○抽選会
コンサート終了後の抽選会、少しだけ細坪さんが登場して、抽選されました。
さて、困った、目の前にうどんが・・・うどんを食べずにじっ~と細坪さんを見てるのも不自然だし、でもうどんずるずる細坪さんの目の前ですするのもはしたないし・・・正直、悩みました。隣のMさんはうどん食べ始めたので、まあここは自然にまかせて、色気より食い気を選んだ私とMさん。
けれど、姿も心も乙女なうさぎさんは(実年齢以外)、とても胸いっぱいで食べられなかったそうで、王子様の前でうどんが食えるかどうかで、おばちゃん度合いが測られるのかとかw。

○第3次接近遭遇
うさぎさん、ロビーやらターミナルやら、あちこちで宇宙人一行と接近遭遇した模様@@;
うーむそこまで幸運だとかえって怖いよね、なんかに取り憑かれてるんでは?。ツボリヌス菌?一度お祓いしてもらった方がいいかも。(意味わかんないし)

○きよしこの夜
人生二度目のディナーショー。
シーズンなのでクリスマスソングはノルマだそうです。会場と一緒に歌いました。そういえば去年もスリハンで歌ったっけ、途中、アタシ歌詞忘れちゃったっけとか思い出しました。あれからもう1年なんですね。あの日に比べれば、だいぶ未知との遭遇に馴れました。
ディナー終了後、ファミレスで私一人がワイン、お二人はドリンクバーで乾杯、午前2時近くまで、いくらでも思いを語れる私達、神様が子育て終えたご褒美にくれたクリスマスプレゼントかもしれません。大人になったからできる贅沢です。
世の母達にメリークリスマスv(*´∀`*)v(いや、まだ子育て終わってないだろ→自分)

朝食
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/752-bb8109d8