ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

~幼い頃見た七色の夢~「冬銀河」~乙女の祈りをY氏に贈る~

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

天使の歌声、「冬銀河」、お暇な時にでもお聞き下さい。
21歳の汚れなき乙女がソプラノで歌ってます。



冬の朝の窓辺に風を送る~春の香りするおはようの風
眠るあなたに夢を送る~幼い頃見た七色の夢
辛く悲しい時は~声を出して呼んでくれたなら力になるよ


私がふきのとうのコンサートを最後に見たのは、ちょうど歌ってる乙女と同じ21歳の時だったように思います。
あれから30年近くが経ち、私の子どもがあの頃の私と同じ年齢となり、この曲を一緒に聴いています。
・・・この時の流れを感慨深く、改めて幸せを感じます。

この音源聞いて、まるで童謡みたいでいいね~と、子ども達も聴き惚れてました。
NHKのみんなの歌にありそうで国民的愛唱歌になっても不思議ないような、単純に繰り返されるメロディと優しい歌詞。
冬の厳しい朝にも凍て付く夜空にも、限りない人の優しさを感じ、人間愛に満たされます。
私にとって、この曲は酷く傷ついて人間不信に陥った時にも、人間の善良さを無条件に信じさせてくれる心温まる永遠のメロディです。
後世に伝えたい名曲だと思います。


いつか手と手をつなぎ歩く日まで 僕は僕なりに生きているから

寒い空を流れる冬の銀河  あなたを夢見るロマンの銀河


はい。
誰しもが今この瞬間を自分なりに一生懸命生きているように、私も私なりに生きています。
毎夜、見上げる美しい冬銀河に、ふきのとうとの再会を夢見て。
あなたがくれた夢に感謝です。

改めてこの曲の作詞作曲された山木康世氏のご多幸をお祈りしております。



※ふきのとうのデビュー40周年記念と復活を夢見て、メッセージを集めています。
興味のある方は こちらのブログ(2月1日正式オープン)を是非ご覧下さい。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/759-cdfdda6c