ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

週刊女性にヒビキさんv

Posted by ふざけおに on   4 comments   1 trackback

20050426125923.jpg

今週の週刊女性にヒビキさんが載ってました。白黒のチェジウの表紙のちょうど肩のあたりにテレビQ&A“常識ハズレ”な仮面ライダー誕生と、小さな見出しがあります。
女性週刊誌は相変わらず韓流ブームですね~、ヨン様話題が多いです。
今BSでやってる「初恋」も時々夜更かしして見てますが、なかなか無茶なドラマでして、でも不良ヨン様がまたかっこい良いのです。
と、ヨン様が好きな私ですが、ヨン様話題なら立ち読みで終わるところを響鬼役の細川茂樹さんやプロデューサーさんのインタビューが載ってると思わず買ってしまうという、、、(汗笑)5Pに渡る特集でした。
「お母さん方も、“響鬼だって勉強しないと倒せなかったんだから勉強しようよ”っていいやすくなるじゃないですか。そういう大人がいいにくいことを僕が言ってあげるのも、ヒーローとしてのお手伝いかなと思います」
さすが、ヒビキさん。思春期初期の少年にだけでなく、子育て中のママもフォローしてくれます。優しいわ~vv弟子入りしたいです(いらん!)
そうか!その手があったか!始終母親が勉強しろと言っても説得力ないが、響鬼さんの地道な努力を例に挙げればいいんだわ。よし!試しに2号に、「ヒビキさんだって勉強してるのよ!見習ってあんたも勉強しなさい!」と言ったら、「わお!やりたいやりたい!俺もマカモウの弱点をすごく勉強したい!!」・・・・(ーー;)
実際にうちの3号はヒビキさんの影響を受けてて、一緒に公園を散歩してると、一人さっと走り出し「アタシ鍛えてるの。鍛えて鍛えて、強くなるの。」と。なんて頼もしいvvけど、将来一体どういう鬼になるんだろうか、、とか、想像すると笑えますが、鍛えることは良いことですよね。
こういう女性誌に載ってて特に違和感ない細川茂樹さんは、見てて気恥ずかしさがないので安心して見てられます。
ヒーローライブスペシャル2005、今年もあるそうで、(知らなかったよ涙)大人なヒビキさんに癒されたい気分。プリキュアショーもあるし!今年も是非行きたいです。

プロデューサーさんのインタビューもまた気概を感じました。
「正しさとは何か。という基準は人それぞれだと思いますけど、“ココから先は絶対ダメ!”っていう線があると思うんですよ。でもそれが最近曖昧になってる気がして。
それと子供が夢を持っていないと言われますけど、それは大人が夢を持って生きていないからだと思うんです。だから胸を張って夢を持って生きている大人がいるんだぞってのを見せてあげたいなと。(中略)
少し古いかもしれませんが、正義のヒーローは子供達のお手本であって欲しいと思っている~」
ホント、とっても共感できます。
小学校高学年、中学生の子供達と親が一緒に楽しめるTVドラマってなかなかない気がする昨今ですが(アニメはありますけど)、商業主義の世の中とはいえ、こういうのは放送の良心としてあって欲しい番組だと思います。
妖怪の怖さ不気味さがインパクトあるし、けれど社会不安をあえて煽る感じはなく、異世代との交流が描かれたり、成熟した大人が登場するのが良いですね。
「常識ハズレ」という見出しですが、ライダーの外見や変身はともかく、人間社会の温かい側面にスポットが当たってる仮面ライダーはむしろ常識的だと思うんです(笑)

ところで<歴代仮面ライダーにはあの人も>というコーナーでは、藤岡弘、村上明弘を筆頭に、オダギリジョー、葛山信吾、賀集利樹、要潤、須賀貴匡、松田悟志、半田健人、原田篤、椿隆之、森本亮治と紹介されてましたが、、、
なんで出番が少なかったデルタがエントリーされてるのか、一瞬考えましたが、、あはは、確かに555において悪さしなかったライダーって巧と三原くらいだもんね。でも啓太郎より重要人物だったんだろうか?とか。それぞれみんな印象ありますね。
20050426125910.jpg

さて、響鬼の劇場版はどうなてるんでしょうか。時代劇らしいですが、、実際の歴史に絡めるのでしょうか?なんか血しぶき飛んで人がいっぱい死にそう。TVより過激になりそうな、、、(^^;気の良いヒビキさんのイメージ壊さない、どんよりしない楽しめる映画だといいですけどね。
個人的にはブレイドからゲストが出るかどうかがとっても気になるところです。

今週の響鬼13の巻、マジレン11話、ガッシュ104話の感想は以下に。

※仮面ライダー響鬼13話「乱れる運命」感想ネタバレ注意!

○敵は洋風
いかにも怪しげな蔦の絡まる古い洋館。魔法使いでも住んでそう、、、。
そこから現れる黒服の男。いかにもなんか怖いぞ~て感じ。気のせいか杖がサックスフォーンみたい。金管楽器と思われます。
その男からまた栗のイガ型薬を飲まされてしまった童子君は凶暴になってしまい、仲間(?)を共食い。かわいがって育てたマカモウちゃんまで食ってしまう。。。。巨大なヤマビコさんも食われちまったよ~でもイブキさんやアキラちゃんには食指が動かないようなんで、この際泳がして、仲間みんな食ってマカモウ減らしてくれるのを待つのも良いかなとか。と、思ったら、あらら、イブキさんが駆除にかかります。しかし、仲間を食った敵の力は強い。イブキさん、このままでは食われてしまうぞ。危機一髪?どうするアキラちゃん?
マジレンといい、響鬼といい、この間一髪の引きは、見てる側は辛いぞ。気になって次週を見ないうちは落ち着かない(笑)
イブキさんを救出に走るヒビキさん。急いで!走れ!仮面ランナー響鬼。車やバイクはいざという時故障したりするから、やっぱり頼れるのは己の鍛え上げた肉体だけだ!そうだ、走れーー!そして美青年を怪童子の魔の手から守るんだあーーーー!(落ち着け→自分!微妙に視点がズレてるぞ)

○紅白の血
そして、童子も危機一髪。マカモウと鬼の体液を一緒に飲んだら、食い合わせ悪くて、腹の中で桃色化学反応起こしそう(^^;。そんな時には、明日夢ママの正露丸が効くかも。
どうでもいいけど、ヤマビコさん死んでしまったの?ヤマビコって、山でお返事してくれる妖怪ってわけじゃないんだよね?
金曜日の「おじゃる丸」もヤマビコの反乱話だったんで、山でうかつに「やっほー!」とか「おーい!」とか叫ぶのが怖くなったり(バカ)「ごんすー」と叫びましょう(おじゃる見てない人には意味不明ネタ^^;)
ところで「おーい」って叫んだお兄さん、どっかで見たような、、スーツアクターの高岩さんに似てません?クレジットがなかったんで違うんでしょうね。すみません。

○一難去ってまた一難♪
ヒビキさんと明日夢君の直接会話ツーショットは久しぶり。アキラのサポートをしてくれって頼まれる明日夢君。ヒビキさんに頼りにされるなんて、こんなうれしいことはないって感じの明日夢なのですが。。。運悪くその日は腹痛。万引き事件からやっと立ち直って、はれてヒビキさんの前で良いところ見せられそうだったのに。。。。虫垂炎で緊急手術とは@@;良いことってそうそう長続きしない、山あり谷ありの繰り返しが人生だ(笑)。がんばれ明日夢。おばさんは応援している。
「こういう幼い感じの素直でおとなしい男子って、必ず高1のクラスに何人かいるんだよな」、高校教師20年の現役談。ホント、妙に親近感を感じる少年ですね。

今週、敵の怖さに迫力ありましたよ~。バトルにすごい緊迫感あってエキサイテイングでした。
次週、ヒナカちゃんがキューピット?!いいぞいいぞ。カスミさんのピンチヒッターのヒナカちゃんが大ヒットをかましそうな予感。弟子入りを今か今かと楽しみにしてた私としては、もう俄然ワクワクしちゃいますvvv
ところで、あれ?白衣の緑さんが居候?あ、そうか。「たちばな」の地下が彼女職場なんですね。
そして弾鬼さんの素顔は?イケメンなのでしょうか?興味津々。

※魔法戦隊マジレンジャー11話感想
長女というと、てんとう虫の歌の月見さん、キャッツアイの瞳さん、飛雄馬や高峰竜司の姉さんとか、人一倍すごいしっかりしてるイメージなんですが。。。。
しかし、ピンクの芳香ちゃんは例外のようで。兄弟で一番、無邪気で楽天的甘えっ子です。。
さぞかしママさん、下の子に比べのんびり育てたんでしょうね~とか親の育て方を想像してしまいましたよ(笑)
その芳香ちゃんがそれと知らずにナイとメアのライブに出かけ、吸血鬼になってしまいます。
それに最初に気づいたのは、この兄弟にしてたった一人の知性派、翼君。いつもドジ踏んでばっかりの芳香ちゃんは、翼にみんなには内緒にして欲しいと懇願します。
しぶしぶ応じる翼君ですが、なんとか芳香を戻そうとナイとメアのライブに原因を突き止めるため潜入したのでした。
ライブに来た人たちみんな催眠状態になり、吸血瞑獣に血を吸われていることに気づきません。彼らはこのまま日に当たると灰になってしまうんだとか。
自分の愚かしさに落ち込む芳香ですが、みんなを救おうとする翼の正義の心に突き動かされ勇気倍増。新たな呪文を獲得したようです。
兄弟みんなで力を合わせて吸血瞑獣を倒し、吸血鬼になってしまった人たちは無事、元に戻り、めでたしめでたし。、、、と安堵したのもつかの間、芳香がなんと本格的に吸血鬼に変身してしまい、兄弟に襲いかかります。うわああ、どうなるの???
って感じで、次週に引くのでした。
今週は翼君がやけにかっこいいのと、ナイとメアが小悪魔的に美麗なのが印象的でしたね。
悪の華は美しいvvv

※金色のガッシュベル!104話「ライバルはアイドル~(以下省略)」感想
近所に引っ越してくるサンビームさんの引越祝いに出かけた清麿達。(清麿ママさんはサンビームさんを知ってるんだっけ?)
そこで鈴芽と恵が鉢合わせ。アイドル恵にライバル心燃やす鈴芽なのですが、、、何をやっても妄想通りにはいかない現実は厳しいのでした(笑)
嘘発見器ギャグも笑いましたが、まさかの料理まで「超激まずオチ」とはあまりにいいとこなし(^^;
3号は大声で笑い転げて見てました。
けなげな鈴芽ちゃんが報われる日が来るといいですね。
鈴芽の気持ちを知っていてかちょっと意地悪な恵も、実は清麿が好きなので、ちょっと対抗意識があったのかも知れませんね。
鈴芽の妄想と現実のあまりの落差が笑えたし、鈴芽の純情に弱り果てる清麿がおかしかったので、今週のハナマルです。
(そういや、鈴芽ちゃんの声優さん秋谷智子さんは、綺麗でとってもしっかりした感じの人でした)

うちの地方ではガッシュの後、ムシキングをやってます。ちらっとだけ見ましたが、幻想的な感じがしましたね。カブトムシにクワガタは、子供達は大好きなんだよねえ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

ドロンパ37 says... ""
さすがです。週間女性をも買ってしまうその意気込み。ライダー主婦のカガミですよ。
ワシも買いたいが……そうだ、買わせよう。
2005.04.26 19:24 | URL | #- [edit]
月夜乃光 says... ""
おにさん、こんにちは。
響鬼、毎週観ています。
「(お兄さんでなく)おじさんでいいよ」(>でしたっけ?)は良かったなぁ。
久々にほっとできるライダーで、五代君より癒し系だって思います(笑)。
道標となる様な大人の「背中」があるって、子どもにとってとても安心だと思うのです。
>正義のヒーローは子供達のお手本であって欲しいと思っている

是非、貫いて欲しいと思います。
そろそろこういう視点に戻る頃だと思いますので。

原田篤さんは戦隊シリーズ「ゴーゴー5」(他に書き直すと555とも書けますね 笑)に出演されていたせいでしょうか、(>ひとでんさん、ファンでしたよね ^^)馴染みがある役者さんです。
ゴーグリーンでした!
2005.04.27 16:28 | URL | #YAj0RVgU [edit]
おに says... ""
>ドロンパ37様
ライダー主婦の鏡なんて、そんな褒めてもらってうれしいです(褒め言葉なのか?)
単にミーハーなだけですけどね。響鬼の雰囲気が好きですが、でも映画はどうもスタッフが違うらしく不安ですぅ;;;
「週刊女性」は、こう最新号になってしまったので、お貸ししますよ。送りたい荷物あるので同梱しますね。ああ色々ここにも、そっちのブログにも書きたいことあるんですが、なかなか時間が取れないんです。
まあ、あまりハイペースになると、ネット依存になってしまうんで、このペースが良いのかもしれないですね。
2005.04.27 21:30 | URL | #- [edit]
おに says... ""
>月夜乃光様
お久しぶりです(^^)。
響鬼見てらっしゃるんですね。ブレイドはちょっとイマイチ合わなかったようですが、今度のライダーは気に入られたようで良かったです(笑)。

>「(お兄さんでなく)おじさんでいいよ」
名言ですよね、良いシーンでした。

>道標となる様な大人の「背中」があるって、子どもにとってとても安心だと思うのです。
同感です。頼りがいのある大人が描かれた作品が少ないのが気になってた頃だったので、そういう意味で響鬼はツボですね。(いやブレイドも個人的にめちゃくちゃ好きでイケメン萌えでしたが。笑)

>そろそろこういう視点に戻る頃だと思いますので。
正義のヒーローは子供達のお手本という路線に戻すって言い方がぴったりくる番組ですよね。

>原田篤さんは戦隊シリーズ「ゴーゴー5」
元々戦隊シリーズですごい人気のあった方のようですが、「ゴーゴー5」というシリーズだったんですか。それにグリーンだったんですか@@
やっぱり緑って人気キャラなんですね。
人気があるから名前があがったんでしょうね。

そちらにもまた遊びに参りますね(^^)
2005.04.27 21:47 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/76-0f002ad0
仮面ライダー響鬼=ヘビー・メタル
元バンド仲間のSさんもハマってるらしい ここ数年の仮面ライダー新シリーズ。 今年は、いっそハマってそうです。(そういう自分もですが)なにせ、「楽器」を武器にするんですから。 ストーリーの方は、仮面ライダー=鬼(良い鬼)が鬼退治ならぬ