ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

山木康世(ベリィラブリィvv)ライブライブラリィオールリクエストin浦和ドルチェ

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

どるちぇ
2月23日(日)さいたま浦和市のカフェドルチェで、山木さんのライブがありました。
観客参加型のオールリクエスト大会とあって客席とのやりとりですごく盛り上がりました。皆さん、本当に山木さんを好きで好きでたまらないオーラが会場内に漲ってて、濃厚なチーズケーキと濃厚なファンの笑顔と、窓から見える青空が春めいててとってもうれしく思えた幸せな時間でした。

自然光で見る山木さん、初めてかも。暗いステージで照明に照らされた姿しか見たことないので、ほんまものの太陽光で見る生山木さん、やっぱりかっこいいいいvv
マイクを通さない生声と生ギター音がまるで隣で特別な人が私のためにプライベートに歌ってくれてる感じで、心地良いんです。心地良すぎて、途中あちこち居眠りしてる人多発してましたが、それもまた熟年層が等身大で参加できる心身に優しいライブだからでしょう。
前日は細坪さんの宇都宮ライブ行けたし、ふきのとうがどんなに好きでも、若い頃には決して得られなかった贅沢な時間を満喫できて、人生万歳な気分でした。
ステージ

さて、オールリクエストという特別なメニューの本日、40周年記念の参考にしたい意図があったそうで、さてどんな曲が人気だったか私も興味津々だったのですが・・・
以下ネタバレ注意

1さすらい(漂泊) 2早く来い来いおらが春 3木蓮の花 4覚えているかい
5空を飛ぶ鳥 6タイムトラベル  7哀歌 8星は天から大地
9Uncleあるちゅうの唄  10汽車 11Border Line 12再会
13皇帝ペンギンオーロラの空へ 14K 15粉雪 16心に冷たい雨が降る
17万華鏡 18青春の蹉跌  19言問橋 20三浦半島波高し 21冬のワルツ
22月は輝いていた 23ふたりの夜 24ウスバカゲロウ 25ほととぎす
26嶺上開花 27ダムに沈んだ町 28静かに水の流れが岸を削ってゆく
29Goodnight Goodnight

○衝撃の事実その1 ~リクエスト曲編
どんな有名な曲が上位に来るのかと思ったら、実は、かぶったのは2曲だけという@@;開けて見たらすごいマニアックな選曲になってました。
1番人気は3票入った「皇帝ペンギンオーロラの空へ」って??私その曲、知らないし~(泣)
聴いたこと無い曲は、1,4,11,13,14,17,18、19,21,27?
多分10曲、お初なのでした。私、山木さんファンとしてははまだまだビギナーです(泣)。
オールリクエスト、終わってみれば、地味な曲が多かったね~と山木様。本当に詩がじーんと染みいって来る曲が多く、そこは外さないで欲しいというファンのメッセージを感じたと山木さん。というのも聞き手の悩みや迷い葛藤を僕が代弁してる・・・、小便してる、・・・寝小便してる・・・・はい、そう来ると思いましたよ(--;<山木さん。
うちの子どもらは、ロンドンの時計台「ビッグベン」で爆笑します。うちの子と同じ感性でうれしかったりw


①初耳曲
新曲の中では17の「万華鏡」、リクエストコメントも良かったせいか、非常に印象ありましたね。
家賃滞納中の我が恋は♪ってのが、恋愛をそういうことに喩えるんだって@@;
アングラフォークっぽい泥臭さに惹かれます。ちゃんと歌詞聴いてなかったのでなんで曲名が万華鏡なのか、ちょっとわからなかったです。9月発売のニューアルバムに収録予定だそうで、楽しみです。
もう1曲印象に残ったのは18の「青春の蹉跌」リクエストした方の記憶にあった曲で山木さんの方が忘れてたくらいの曲だそうです。発掘された名曲って感じで、鮮烈な感じを受けました。密かに解散を決めソロになる準備していた91年の曲だそうです。

②再会 
誰かが私の大好きな曲リクエストして下さったんですね。ありがとうございます。
94年に作られた曲だそうで、ひょっとしてCD化されてますか?是非欲しいです。

③ふたりの夜
ふきのとう時代の美しくも清らかで理想的なある意味現実離れしたラブソングと違い、どこか泥臭い怪しい淫靡な大人の恋のときめきがリアルで好きです。
でも山木さんたら、あなたという歌詞を○○○○という名字の替え歌にしたら、×××同士みたいだって仰った??きゃあああダメですよ~腐女子に餌をやらないで下さい。それでなくても草木一本生えないところから妄想しちゃうのに、激しく萌えちゃいました(←バカ過ぎ)

④リクエスト恐怖症
実はこのライブ、娘が前期で高校合格決めた段階で行けそうだわって思って小躍りした後、詳細読んで躊躇しました。予約入れたら、同時にリクエストしないといけないってのは、ライトなファンにはハードル高いですよ(泣)これ、行くなら当日券でこっそり後ろで聴いてるしか無いかなって。
別に山木さんに限らず、アーティストにリクエストするの、私はすごく苦手なんです。
細坪さんにも、30年も不義理して、あれ歌ってこれ歌ってっておこがましくて言えないから、歌ってくれる曲を何でも有り難く聴こうと思ってるので、ライブのアンケート欄のリクエスト曲欄はいつも空欄。 私の好み変わってるから、私が好きな曲が皆さんと一致しないだろうとか、ご本人が歌いたい曲でないかもしれないとか、あれこれ考えてしまうのでダメなんですね。
去年、NSPの中村さんが還暦コンサートの参考に歌って欲しい曲アンケートを大々的に募集してて、私は「五月雨」を歌って欲しいとぱっと思ったのですが、中村さんはその曲を歌いたくないと公言されてて、じゃあ何なら歌いたいんだろう?ってネッ友さんに相談したら、リクエストの少ないマイナーな曲を書くと喜ばれるみたいだよってアドバイス。
よし、じゃあ誰も書きそうにないこの曲を・・・・とか思って選んでるうちにはっと気づきました。 あれ?私が歌って欲しい曲をリクエストするはずだったのが、アーティストが喜ぶ曲をリクエストすることになっちゃってて。結局リクエストしませんでした。本人が歌いたい曲を歌ってくれれば、それで満足なのよねって思えて来て。
でも歌う側からすれば、選曲の参考として情報欲しいでしょうから、最近は時々アンケートに書いたりもしてます。でも私はマイノリティなので参考にならないだろうなとかorz
でもブログに好きな曲について書いたりして、それがどこかで届いてるかもって思える偶然の一致があった瞬間が奇跡のようにうれしかったりもします。
それに山木さんには一昨年、石巻のライブで涙が出るほど、私が聴きたい曲いっぱい歌って下さったので、もう十分満足してたってのもあります。
でも今回のライブで次回、リクエストする曲、決定しました!!

○衝撃の事実その2 ~ふきのとう歴史ミステリー、明かされた解散の真相。それは、問題作「足裏の唄」だった???!
当時、リードボーカルの相方が、「足裏の唄」は絶対歌わない、ハモりたくない、ギターも演奏したくないと、断固拒絶。理由は清純派アイドルのイメージが壊れるから?!。
ふきのとうで「足の裏の唄」をやろうと画策してたらしい山木さんを、呆れ顔=「足裏のような」顔で細坪さんは見てたそうです(なんて不遜な態度なのでしょう)。よっぽど酷い曲だったんですね~なんか人気落ち目のアイドルがイメチェン図って脱いだイロモノキワモノポルノ映画を想像したり(バカ)どういう曲なんだろうか?
そうか・・・足裏が原因で解散に至ったんですね@@;。(なんでそういう話になるかな。→自分。ほら耳です^^;)

ふきのとうでは出来なかった曲ということで、ソロになった当初山木さんは「足裏の唄」「リモコン」?とか異色の作品を歌ってたらしいです。ところが「これが私の支持してきた山木さんなの?」と、山木さんというと哀歌とかをイメージしてたファンがショックを受けて、だいぶお客さん減ったんだとか・・・それでも聴きに来る皆さんは「変態」ですねと山木さん。
おおおお、さすが山木さん私の本質を見抜いてますね。その通り変態な私なので、そんなすごい曲なら聴きたいなあ。相方もファンもひく衝撃の問題作を。むふふ、絶対今度リクエストしようっと。
山木さん、「哀歌とかが皆さんの僕の大事なイメージ壊してすみませんでしたね」といつになく殊勝なこと仰ってました。
山木さん、ソロになった当初は、どうふきのとうのファンにアプローチして行ったらいいのか、ずいぶん悩みながら、ここまでたどり着かれたのでしょう。
「今」の山木さんの音楽は一人の偉大なシンガーソングライターの、素朴な人生を感じさせてくれます。
ちなみに私は山木さんと言うと、「お前と生きる」が脳内BGMに流れます。
こうして山木さんの音楽と「再会」出来て、幸せです。

○衝撃の事実その3 ~アンクルアル中は暗殺された??
今明かされる衝撃の事実。このMCは本当に衝撃でした@@;
真相を知りたい方は是非、山木さんのライブにお出かけ下さい。
但し気を付けないと客1人消されたりしますので要注意です(笑)。

本
この本にサインして欲しかったのですが、時間がなくて終了と同時に会場を後にしてしまいました。皆さんや小林さんにあいさつもせず申し訳なかったです。
まあ、当日券求めて朝10時には会場に到着してた私。11時頃お店の人に尋ねたら、山木さんが車で今こっちに向かってるとか。きゃあああ、入り待ちしてると思われたらまずいわと思わず、速攻で逃げてしまった意気地なしなので、いつになるやらやれやれの自分(--;なのでした。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/763-ba28bc73