ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

細坪基佳 LIVE2014IN新潟&福島石川 ~30年ぶりのSHAKE HAND~

Posted by ふざけおに on   7 comments   0 trackback

チケット
新潟に向かう途中、ステージ衣装を忘れたことに気付き、一旦東京に戻ったので前夜遅かったという細坪様。「わざわざ家に戻ってまで身につけた衣装がこれです」と、笑いを取ろうとされましたが、会場からは「素敵~」の歓声。同感です。
いつもより派手さを押さえたような淡い水色の細い縦縞の入ったシャツに白系のパンツだったので、遠目には30年前に見た頃のようにシンプルで爽やかな印象でした。でも翌日近くで見たら、シャツの襟と袖口切り替えがヒョウ柄でワイルド、大きく開けた胸元のじゃらじゃら音がしそうな銀のチェーンがセクシーvvv、、いつまでも私が知ってる純朴な青年のままではないよ、と突き放されてる感じも・・・。もちろん私の思い込み、気のせいですが。

ここ二日の細坪様は、落ち着いた深みのあるトークが多く、ギャグも漫談芸域に近いクオリティ、6日前のスリーハンサムズの爆笑ドタバタ親父劇場がなんだか遠い日のことのように思えるほど・・・いえ、スリハンはあれはあれでラフで面白いし、NSPのファーストライブ収録した電力ホールに似つかわしいのですが、
新潟市音楽文化会館は、きれいな音楽専用ホールでステージに輝くグランドピアノに自ずと心の品格UP↑ホールにふさわしい演奏で、高貴なお育ち久保田さんのピアノ伴奏はとうとうと流れる美しい川のせせらぎのようにしっとりと味わいがありました。

ハンドタオル

石川のホテル松多屋も結婚式場ということで心もフォーマルな装いになります。
それとこの日は、席がすごく近かったので細坪様の歌唱に迫力ありました。まるで激しく舞台を走り回るロックヴォーカリストのように、汗を飛び散らせ躍動的に歌われる細坪様にハラハラして、頭の中で「もういいよぉお、そんな無理して歌わんでも~;」という鳥取のNさんの悲痛な声が聞こえてきました。・・・、Nさん休養宣言された山本潤子さんのファンでもあって心痛めておいでなので、細坪さんにはその分お声を大事にしていただかないと・・・・;歌は無理なさらず、煙草とおしゃべりと親父ギャグ(おい)は控えめになさって(願)
とはいえ目の前でこの胸を焦がす熱情を、直に間近に感じられる喜びは、遠い日に諦めた夢を今まさに手にしてるようにかけがえない瞬間に思えました。
若い頃満席の大ホールの真ん中あたりで会場の誰よりも長く万感の思いを込めて拍手し続けた私を、ステージから決して見えはしなかったでしょうが、この距離ならひょっとして称賛の拍手に気付いてくれてるかもしれないと思えたことも、とても幸せなことでした。
布バッグ

場内の反応というと、新潟では、往年の親衛隊らしき皆さんのリアクションが面白かったです。地方ならではの盛り上がりが新鮮でした。
そして、石川では私とUさん二人で1万人の親衛隊状態??・・・やっちまったよぉ^^:
Tシャツ

以下ネタバレありです

石川 セットリスト
1LOVE SONG  2風来坊 3回転木場  4望み  
5もう春なんだなあ  6北窓をあけて  7白い冬  8雨降り道玄坂
9愛のナイフ  10風が違う  11旧友  12クロスロード
13 夢に逢えるまで  14もう一度  15春雷  
アンコール 16萎れた花を捨てて  17やさしさとして想い出として

新潟ではメモってないので演奏順はわかりませんが、確か1と4と8と16がなくて、ひとりの君へ、初夏、水車、流れゆく川のほとりで  だったと思います。

○望み
多分、生で聴くのは初めて感激でした。。
恋人だったり友達だったりライバルだったり愛したり憎んだり・・・
「この曲は細坪さんが私のため<だけ>に歌ってくれてるとしか思えない」と隣で嗚咽するUさん。呼応するようにますます歌に気持ちが入って行く細坪様。なんかちょっと入り込めない空間でした。こういう時泣ける人がちょっとうらやましい気がします。
少女時代、細坪さんのご結婚を知りショックを受けたこともあったようですが、今は細坪様の音楽と共に余生を生きて行きたいというUさんの心境にとても合った曲なのでしょう。

○水車
キタ━━━━━━(๑→ܫ←)━━━━━━ッ !!
待ってましたーーーー!!この曲は私のため<だけ>に歌ってくれてるに違いない(←ナイナイ)
この曲、車で流れると家族が一斉にツッコミ入れるんです。
「ポケットの重さ分の切符を買えば~♪」
まずパパがこう切り出す。
「これはなかなか謎だなと。ポケットの重さ分とはさて何を指すのか。
ポケットの重さって洋服のポケット生地の重さじゃないだろうからな。」
私が単純に「ポケットの重さ分のコインでしょ」って言った後に息子がそれはおかしいと指摘。
「それを言うならポケットいっぱいのコイン分だろう。でもコインの総額じゃなく重さって??」と。
「当時500円玉ないから、100円玉5グラムとして100枚でも500グラムの切符??確かにすごい枚数になるか@@;」
「ポケットの重さ分の切符って言ってるんだから、ポケットいっぱいに入る分の切符でしょ」と娘。
「昔の切符というのは今みたいに自販機で買うんじゃ無かったんだよ。窓口で目的地別に売ってて、その切符ではたいした遠くへ行けなかったんだよね」
「ポケット一杯分の一万円札分じゃないのか?」と息子。
「万札じゃ夢がないなあ。ポケットいっぱい分の表面積がある金塊だろう。いっぱいあるポケットの数分の金塊とかな」とパパ。
「夢があるってことを優先するなら、やっぱり魔法のポケットでしょ、ビスケット増えるみたいにポケットを叩くと切符が出てくるんだよ。きっと。」と末娘
「もひとつ叩くと切符が一枚♪ポケットを叩くと切符が増える♪ってか?それじゃ無限だろ。ポケットの重さ分という限定があるんだぞ」
あーだこーだとろくに歌も聞かず勝手に盛り上がるうちの家族に限定すると、とっても夢があるとは思えないわorz
「ポケットの重さ分の切符」って、ポケットいっぱいの重いコイン分の切符だよね?ね?

○風が違う
曲のイメージ、天野さんのイメージ通りに、とっても優しく歌われます。
二日間とも天野さんの話、いっぱい聞けました。そして二日間とも天野さんのギターの出番。多分。少なくとも新潟では、天野さんのギターだったと、握手会後、メチャさんが細坪さんと話をしたそうです。いいなあ。気軽に話せて。
「みんなにとってはすごいスターなんだろうけど、俺にとっては天野はただの友達だよ~」
いいなあ。私は生まれ変わったら、天野さんになりたいなあ・・・
もっとも細坪さんは生まれ変わったら、格闘家になりたいそうで、ちょっとがっかり。歌声聴かせてくれないと、天野さんと出会いようがないですものね~。
いや、待てよ、思わず妄想もわーーーーん。天野さんとタッグを組む細坪さんVS平賀さんと中村さん・・・・なんか天坪組、気のせいかものすご~く弱そう(おい)。
「仕事や結婚で離れていったファンがいつかまた自分達の曲を聴いて思いだしてくれたら、その日の風はいつも違って温かいよね」なんて話されるとNSPを離れていた私には胸がちくちく痛む話です。ふきのとうはチケット取るの大変で、私なんか行ってもうれしそうでなかったような・・・(おい)。
「みんながコンサート来てくれてたらNSPもふきのとうも解散しなかったのに・・・」
しくしく;ごめんね、天野さん;(NSPは解散してないけど)orz
ってええええ?ふきのとうも??確かメンバーがけんかして、もとい、それぞれがグループで出来なかった音楽をやりたくて解散したんじゃ??それをファンのせいにしちゃうわけぇ??とかw
風が違う気がして戻って来たら、冷たい風が吹いてました^^;byふきのとうファン

○初夏
観光客で賑わう初夏の札幌、大通公園が目に浮かびます。華やぐ世界に居場所ない若者の孤独感がモラトリアムの原風景のようで、生涯忘れえない一曲です。
盛岡でワンコーラスだけ歌ってくれたのやスリハンの演奏は聴いたことありますが、細坪さんボーカルでフル生で聴いたのは初めて、ライブ盤でも聴いたことないのでレア感ありました。聞けて良かったです。
そしたら、意外にもコーラスないと息漏れした裏声が出しにくそうなのがわかって、ひやっとしました。細坪さん、普段無駄なく息を全て発声に変えるので、漏れた声を出すのが案外難しいのかもしれないですね~@@;これがNSPの得意技なんだよね~。

○握手会
マイミクさんや新潟の元親衛隊の皆さんの励ましあって、無事、ルビコンを渡っちゃいましたーーーー。
初日はドキドキで頭真っ白で全然記憶もないですが、二日目は私もだいぶ馴れてました。
ところが二日目細坪様、すご~く一生懸命歌われたせいか、営業用スマイルに疲労の色がありありで、お気の毒;;なんだか申し訳ないです~;
かと思いきゃ、お色気美人にはデレデレ~世の殿方ってこういうものなんだよね~ーー;
「こらこら、手を離しなさい」といいつつ、キョンキョン声のUさんの手を離さなかったのはお殿様の方だったようで(^^;
もう勝手にしてくれ~って感じでした。
いいもん、いいもん、アタシは竹内さんと握手したもーーーんvv冷たい白い手がとっても感触良かったですよ。<竹内さん
関連記事
スポンサーサイト

Comment

でいりーおいちゃん says... ""
はじめまして! でいりーおいちゃんと申します。

私もふきのとう時代からの、細坪さんのファンです。

ちょっとした調べ物を検索していたら
数日前、こちらのブログにたどり着き、
少しずつ過去ブログから順番に、楽しく拝見させていただいてます。

4月26日は、こちら浜松で
細坪さんのライブに行ってきます。

今からワクワクドキドキです。
ふざけおにさんのブログ更新を、これからも楽しみにしています。

突然のコメント、失礼しました! ではでは~
2014.04.16 11:43 | URL | #t32Nk3hg [edit]
ふざけおに says... "でいりーおいちゃんさんへ"
初めまして。コメントありがとうございます。

浜松の細坪さんのライブ行かれるんですね。
私は大学3年を最後にずっと空白があって一昨年からまた出かけ始めた出戻りです。

長い間ご無沙汰してたので、その分今いっぱい応援してあげたいなって思ってここ3年頑張っておっかけてます。

でいりーおいちゃんさんは、ずっとライブ行かれてたのでしょうか。
浜松のライブの様子、教えて下さるとうれしいです。

ふきのとう時代もお好きでしたか?
よろしければ、こちらにデビュー40周年のメッセージお願いします。
https://yosetti.com/mainyosegakis/invite?id=1401713&sc=TISgd&__from=mixi
2014.04.16 19:43 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "寄せ書きリンクこっちです。"
https://yosetti.com/mainyosegakis/invite?id=1401713&sc=TISgd
こっちにメッセージ下さると幸いです。
2014.04.16 19:46 | URL | #- [edit]
でいりーおいちゃん says... ""
ふきのとう、そしてNSPは、
デビュー曲を聴いて以来、ずっと好きで
レコード(途中からCD)を、いつも発売日に予約して購入していました。

ふきのとうが解散してからは、浜松での細坪さんのライブには欠かさず通っています。
もちろん、スリハンも、中村さんのライブにも、できるかぎり行ってます^^

ブログには詳しいコンレポこそ書いていませんが、
時折、思い出話しや印象に残っていることなど、メモ的に残しています。

インターネットが普及してからは
ミクシィを始め、様々なブログや掲示板で
N友さん、ふき友さんと交流させていただいていますから、
たぶん、ふざけおにさんと共通するお友達が、いらっしゃるかもしれませんね。

ブログのコンレポをはじめとする数々の記事、
とても興味深く、そして、とっても楽しく拝見させていただいております。

曲に対しての感想や、歌詞の個人的見解など、
うんうん! ほんとにそうですよね! と、うなずきながら拝読しています。

これからも更新を楽しみにしています。。。 はい^^

PS,ブログの中の、「風の轍」のボーカルは、ふざけおにさんですか?
素晴らしい歌声ですね! 
歌詞の発音の解説も、目から鱗で、とってもいい勉強になりました!

ではでは、失礼しました。(^-^)v
2014.04.17 11:01 | URL | #t32Nk3hg [edit]
ふざけおに says... "でいりーおいちゃん さんへ"
こんばんは。
そちらにブログ、拝見致しました。
以前、立ち寄ったことのあるサイトでした。
ミクシーでもきっとどこかですれ違っているかもですね。

> ふきのとう、そしてNSPは、
> デビュー曲を聴いて以来、ずっと好きで
> レコード(途中からCD)を、いつも発売日に予約して購入していました。

ああ、そうなんですか。息の長いファンなのですね~。
私はNSPは中高6年間、ふきのとうは高大6年間ですね。
30年ぶりの出戻りです。
私は岩手出身ですが、静岡もNSPとゆかりの深い土地ですよね。

> ブログのコンレポをはじめとする数々の記事、
> とても興味深く、そして、とっても楽しく拝見させていただいております。
だいたいが腐女子の妄想なんですけどねw
懲りずにまた読んでやって下さい。


> PS,ブログの中の、「風の轍」のボーカルは、ふざけおにさんですか?
> 素晴らしい歌声ですね! 

ありがとうございます。50の手習いです。カラオケはアニソン好きで10年くらい
こっそりボックスで歌ってたんですけど・・・、
弾き語りで人前に歌うのを去年から始めて、楽しさと難しさ、壁にぶち当たりながらもやってます。
でいりーさんはもうベテランなのでしょうね。
いろいろ教えて下さいね。

これかたもよろしくお願いします。
2014.04.18 22:37 | URL | #- [edit]
says... ""
ずっと山木さんところで踊っててくださいな
2014.04.28 22:07 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "Re: タイトルなし"
> ずっと山木さんところで踊っててくださいな

細坪さんのコンサートが私のメインですw
でも踊りません。恥ずかしいですぅ
2014.04.29 12:51 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/770-f882ab73