ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

細坪基佳LIVE2014~横浜赤レンガ倉庫でラブソング

Posted by ふざけおに on   2 comments   0 trackback

雨の横浜、傘が一瞬にして壊れてしまい、野ざらしずぶ濡れ。
なんかすごく久しぶりに細坪様のライブを見る気がして(上野チケット当たらなかったし;;)、天気のせいか自分は雨の中にいてガラス越しにステージを見ているような、、、そんな気分でしたが、ガラス越しに見る当の細坪様、それはそれは爽やかな晴天の下で優しく微笑む貴公子のよう輝いていました。
白いシャツ白いズボン白い靴♪な清純派、それに黄色いカーディガンがフェミニンな出で立ちで、こぼれる笑顔が激Lovery~。あらま?今日は左手の薬指に指輪がきらり
ご自身の恋愛経験に満足しているという自信の表れでしょうか?でもそう仰った途端会場からはざわざわと疑念のどよめきが@@;。
私は俄かファンですが、長い間応援し続けて来た常連さん多いこの会場のファンには、細坪様の華麗なる女性遍歴がばれてる?(おい)
坪3
現在このアルバムのレコーディング中だそうです(^^)

さて以下ネタバレ。地方のお馴染みのツアーとはひと味違う、細坪ワールド全開のセットリストです。

1バス停まで  2僕のかわいいお嬢さん  3君によせて  4初夏
5僕らの歴史  6白い帆をあげて  7雨は優しいオルゴール
8僕のエレファント  9切ないユートピア  10BLUE
11ハラカラ  12水車  13もう一度  14夢のかけら
アンコール
15思い出風来法師  16夕暮れの街  17Endress Song
なかなかいつもは聴けない曲、特に6.7.8を聴けて、雨の中出かけた甲斐ありました。

○清涼三曲
私は二度目の赤レンガですが、僕のかわいいお嬢さん、君によせて、白い帆をあげて、の三曲は一昨年も聞いたので、横浜定番なのでしょうか。外は荒天でも、会場は本当に爽やかで清々しい浜風がそよいでいるかようで、初々しい心情がくすぐったくてでもとっても微笑ましいのです~(^^)

○雨は優しいオルゴール
ここのところ横浜では晴れ男だったが、雨の曲を用意して来て良かったと。しっとりとしたこの曲、生で聴けて良かったです。
若い頃のこのソフトな歌い方、まさに王子様のお声はやさしいオルゴール、オンリーワンの歌唱に思えますわ~。

○印象派三曲
ふきのとう時代の山や川といった自然や四季を織り込んだ写実的歌詞から、ソロになって抽象的あるいは官能的歌詞へと移行した「僕のエレファント」「切ないユートピア」「BLUE」。
想像するシチュエーションは、曲を聴いた人の数だけ違う曲と仰る細坪様。確かに。
特に「僕のエレファント」は交信してしている対象が何なのか不明なまま、その対象に対する強い情動にぐいぐい引き込まれていく感じが不思議です。
エレファントだから単純に象のぬいぐるみではないかとか、あるいは「象」という文字から「抽象」の「象」で「象徴」そのものだという解釈も伺いました。
私は映画のエレファントマンを連想し、彼にとってすごくいびつな存在に思え、抽象的な情景なのに、心を突き刺す痛みをリアルに感じ取れる秀逸な曲だと思います。
ちなみにパスタの上で踊る天使は鰹節かな??
一方BLUEは、だいたい聞く人聞く人想像してるシチュは、そんなに大差ないかもしれないですね演奏開始と共に照明が青くなり都留さんのヴァイオリンの前奏でうっとりムードに酔いしれ、細坪さんのお声が響くともうメロメロ~腐女子耽溺~に、なりかけたのですが、いかんせん、場内の照明が明るすぎて、前席数人白髪頭薄毛の男性の後頭部が目に入ってしまうし、(去年まで階段状の座席が、今年は危険だというので、フラットな段差のない客席なので前の人の頭が良く見えちゃうw)、でへへへへ~と締まり無い妄想恍惚顔が万が一ステージから見えたら、アタシャはずかしくて生きていけませんわ~ \(//∇//)\ (←誰も見てねーよ)ああん;お願いだから、こういう曲の時は会場暗くして~(泣)
細坪様、恒例問答「1,2曲と言ったら?」と仰ったので、元気よく「2曲!!」と答えたら、「外れ~」しっかりフェイクにひっかかったよ(^^;

○君が作るブラックヒストリー♪
坪1坪2
「水車」「もう一度」「夢のかけら」終盤3曲と合間のMCに細坪様の40周年、9月20日中野サンプラザでの自分の音楽人生の集大成と位置づけるコンサートへの熱い決意を感じました。水車を書いた頃の自分探しとは違い、今は歌うことで生かされていると悟ったという細坪様。ふきのとう後半は、大人のイメージに変えたくて必死だったと少し自嘲的に語るお姿に、もう過去には何のこだわりもないという突き抜けた心境を伺わせます。
それでも40周年のゲストはソロで知り合った友人限定で、ふきのとう時代の人(山木さん)は呼ばないと明言されました。
この豪華なフライヤー(ファン垂涎のツボ様プロフィールよん)見てもふきのとうという言葉をなるたけ入れないように扱いは小さく、死んだ夢を蘇らせたがる私のようなゾンビ礼賛者でない、解散後も変わらずに応援してくれたファンと共に迎えたいというご意向は伝わって参ります。
私は解散後も長く変わらず応援して来たファンでないし、「もう一度」も今年初めて手拍子に参加したくらいで、友達という程全然近しさを感じませんが、でももともと細坪さんの熱狂的なファンなので、そういう心づもりで参加する所存です。
細坪様は、40年中断しないで歌い続けられたことに自負がおありのようで、本当に素晴らしいことだと思いますし、ファンとしてはこの上なく有り難いことです。
その点NSPは、ふきのとうほど観客動員出来なかったし長く活動できず中断16年ありましたが、でも40周年には昨年記念CDDVDが発売され共にその音楽の良さを再確認しながら祝えた感があって幸せでした。山木さん細坪さんにとっては個々のデビュー40周年なのでニューアルバムが発売されるようですが、30周年のようにふきのとうのDVDの再販とか何も動きがないようで・・・、この先ふきのとうというグループのファンで良かったと思えることがあるのかどうか、ちょっと残念です

○赤いさようあせ
都留さんと久保田さん3人揃うと、必ず演奏されちゃう「思い出風来法師」。あらら~今日もやっぱりやっちゃうの~???
ここまでの話の流れとして変でしょ~。ゲストに呼びたくないような人の曲を、しかもシャッフルして茶化したようになんで歌うのか、ごめんなさい、ちょっと解せなくてノレないまま、追いてきぼり食らった感じしましたorz。
「ツボは山木さんの曲歌いたがらない」と中村さんが仰ってましたが、自分が歌いたくないような曲を友達に歌わせるってのも何だかなあ・・・・
どうせならみんなが大好きで思い入れの深い天野さんの曲をシャッフルして歌ったら、愛あるギャグとしてみんな楽しいのではないでしょうか
赤い糸とさようならとあせなら、久保田さんや都留さんもキーが合いそうで、プロのミュージシャンとして歌唱のクオリティも格段アップするような(汗汗)

○夕暮れの街
40周年は全曲細坪さんワールドだけで、コアなファンは全然オッケーです。今日も「初夏」が余計な位なのに、アンコール二曲目「夕暮れの街」ですか??あらら~@@;とっても綺麗な伸びやかな声で歌われてましたが・・・
でもこの曲は山木さんが自分の音楽の原点だと位置づけた曲ですから、山木さんに返してあげて~さすがにかわいそう~とか、なんか複雑な気分
もし山木さんの曲を歌うんだったら、9月21日伝承館にスリハンの2人と共に出かけてご挨拶くらいされてはいかがでしょうか。22年間全くあいさつもしない奴とか言われると、ファンも辛いんですよ~(泣)

○美中年
都留さん都留さん1


颯爽と登場する都留さんにUさんと顔見合わせて、「今日の都留さんは元気そうだね」とにっこり。去年秋田ですごい疲れてる感じだったので(^^;
とか思ったら、細坪さんと他の方のアルバム制作掛け持ってて、人生で1番忙しいと語る都留さん。
龍雲さんの「イレブン」も都留スタジオで作られたアルバムのようで、都留さんアレンジャーとして、ヴァイオリンアコーディオンリコーダーコーラスとバックメンバーさんとして、八面六臂の大活躍のようで、疲れてもいられないって感じなのでしょう。
でも何がすごいって、都留さん、メンバー紹介で、久保田さんの話に割り込む細坪さんの話に割り込んでたのにはびっくり@@;
細坪さんの話を遮るなんて、この世で都留さんしか出来なさそう
都留さんとAYAKOさんと久保田さんのコンサートではどんな演奏をされるのか、どんなお話をされるのか、今からとっても楽しみです

14060803.jpg14060804.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Comment

ひいちゃん says... ""
いつも楽しく拝見させていただいております。たぶん私はあなたより5~6歳年上の気持ちだけは若いおばあちゃんですが岩手県花巻文化会館だったか、若しくは岩手県民会館でのスリハンコンサートですっかり細坪さんのとりこになり、今度は、7月予定の盛岡おでってホールにてのコンサートに行く予定です。ブログ、これからも楽しみにしています。(陰のファンです。)
2014.06.10 23:04 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "ひいちゃんさんへ"
細坪さんの記事を読んで頂いてありがとうございます。今回はこんな感想でごめんなさいm(__)m。岩手の方でしょうか。私も岩手出身で、若い頃細坪さんのファンだったのですが、30年の空白後、スリハンライブで念願の細坪さんと再会できました。スリハンのおかげで、フォークに戻って来た方、結構いそうですよね。盛岡でお会いできるのを楽しみにしております。これからも拙文読んでやって下さい。
2014.06.10 23:47 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/783-2be855d5