ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

細坪さん小倉ライブ(&都留さん砂川ライブ)鑑賞日記

Posted by ふざけおに on   4 comments   0 trackback

去る25日、小倉のフォークビレッジのライブ、参加して参りました。
フォークビレッジ
会場いっぱいの聴衆の熱気、陽気な南国の人達の爆笑と歓声で噂には聞いておりましたが、本当に盛り上がってました。私は北国の人間なので、この熱い会場のムードが新鮮で気風の違いを実感し感激しきり。細坪さんも会場の反応に呼応するように、歌にトークに絶好調。沼田での余韻もあってか、40年に渡る音楽人生を振り返る熱い思いが伝わって参ります。。
特に、中盤から歌に入り込んでいってるのがわかって(表情が変わって来たねとNさんが指摘されてましたが)、本当に良い表情で一音一音、フレーズの隅々まで、丁寧に歌われていて、繊細なヴォーカルに魅了されまくりなのでした(´。✪ω✪。`)

以下ネタバレ
今回はメモ取ってないので、セットリスト控えてませんが、「僕のエレファント」の代わりに、「流れゆく川のほとりで」がエントリーされてたと思います。

○フレンドリー
フォークビレッジが客席とステージが近く、それが楽しみと仰る細坪様。
1曲目歌い出し、深い緑の風が~♪あ、2番から歌っちゃったよ。と場内爆笑、ご愛敬のずっこけスタート。
八幡製鉄所を炭鉱と言い間違えも、ツッコミを期待しての仕込みかしら?とつい勘ぐる私、隣のFさんさすが冷静沈着、ヾ(・・;)ォィォィのツッコミ冴えてましたわv。
終始、客席とのやりとりがとても楽しいライブでした。

○流れゆく川のほとりで
細坪様は、先日のイベントで沼田に帰った際、この曲に歌われている川は石狩川だと思っていたがその支流、雨竜川だと確信されたと仰ってました。その曲解説のせいか、こちらも若い頃聞いた時とは違ったイメージが浮かんで参ります。
若い頃の歌唱は鋭利で、俗世のしがらみを離れただ自分の心とだけ向き合ってるような、他者を寄せ付けない孤独な印象で聞いておりましたが、現在の重厚な歌唱は、出会いの喜びも別れの悲しみも全て切なさとして、限りある人生を愛おしく思う熱い心を感じます。
改めて、同じ曲を歌ってもその時その時の演奏者の心が生きているのがライブであり、現在の歌唱の持つ味わいはリアルタイムでしか味わえないかけがえないものに思えるのでした。

○Blue
今日もうっとり~アホ面で、でへへへへへへ~と恍惚状態で聞いてしまいました(*‘ω‘ *)ィャン
沼田ライブで、小中学生が途中で退席した理由が「飽きたから」と先生方が仰ったというMC。むむ?自称元教育者の直感として、本当の理由は教育上の配慮でないかと(おい)。さすがに小中学生のこの曲はやばそう。前日、リハでこの曲聴いた学校の先生、「先生、震えてる濡れた果実って何ですか?」とか質問されたら困るわって慌てたのでは。
とかいって、実はこの曲聴いて恥ずかしいと思うのは、汚れた大人だけです!(←それ自分だろ)。
純真な子供は変なこと考えませんw

○「君なしには生きていけない。」
ピアノに良く合うということで急な細坪さんの要請に応え、「流れゆく川のほとりで」「水車」「BLUE」、水の3曲をピアノ演奏された久保田さんに、何気にすごい告白をされた細坪さん@@;。な~んてお耽美な世界ざんしょ(いや、違うから)。背中向けたバックミラー演奏も息がぴったり~

○番外編砂川はーもに~ライブ
砂川

久保田さんというと、22日の砂川の都留さん、Ayakoさん、とのアコーステイックライブ、心洗われる弦のアンサンブルに酔いしれました。最初、ヴァイオリンにチェロなら、私の感覚ではここはピアノかコントラバスという固定観念があって、PA通したギターに戸惑いましたが、だんだんその構成の面白さがわかってきて、こういうのがクラシカルなポップス、ニューエイジミュージックなんだ~ってうっとり聴き入ってました。
久保田さんはいつもリードギターで主旋律弾いてるイメージだったのですが、今回は最後の曲で主旋律あった気がしますが、基本コード演奏で、これが結構気持ち入ってて格好良かったです。久保田さん、ご自分が主旋律を弾いてる時は淡々としてるのに、都留さんのヴァイオリンが主旋律だとその奏でる美しいメロディに心合わせるかのような表情豊かな熱い演奏を見せてくれましたよ。
Ayakoさんの奏でるチェロも本当に美しくて惚れ惚れ~vv。時々、鋭い視線で都留さんを越えて久保田さんを見てるのですが、久保田さんは全然気付いてなかったようなw
都留さんCD
CD癒やされますよ~•(*´ω`*)。
私が聞きたかった都留さん作曲の「ジェネシス」のインスト、ひょっとして原題「太古の太陽」だったのですね。
翌日ボストンクラブでは懇親会があって、皆さん盛り上がったようです。とすると、今回都留さんライブ参加した同行者の中で懇親会参加できなかったのは私だけ??щ(゚Д゚щ)・・・・・世の中そんなもんだorz

○人生のかほり
今日も水車、人生のかほりに心の高ぶりを感じました。Nさんは、水車「あなたの愛する男になろうとしていた」というところに、私は人生のかほりの最後のサビが、リキ入ってて鬼気迫るものを感じました。そして多くのファンは、望みの「あなたと生きる、生きることが私の望んだ私の道です」という歌詞を自分の思いとして感じながら聞いていたことでしょう(^^)。

○歩き疲れて立ち止まり振り向き振り向き来たけれど♪
大人になる意味や自分の人生を振り返るのは、自分だけだから振り返ろうと思うとしみじみ語る細坪様。若葉芽吹く春、緑輝く夏があってこそ、大輪咲かす実りの秋ですよね。
老いても素敵に輝く生き方を次世代に見せたいねと。はい。人生の少しだけ先行者のお言葉に、そういう生き方が自分もできたらいいなと思いました。
あれれ?でも?「振り返るな立ち止まるなって歌は歌わないようにしてる」って??
「振り返らず今は歩いて行くだけ、思い出もここに捨てて来た♪」
振り返らないって歌を歌うのも、青春を振り返ってることなんですよね( ^-^)_旦""

○ハラカラ
本当に嫌なことはあの世まで持ってって、来世で復讐しましょう、と冗談っぽく観客を唆す細坪様。案外根が深いんだとかーー;
来世での復讐までは関知しませんが(おい)、現世では表面だけでも問題は解決しといた方が・・・・そうすれば、来世で嫌な奴と出会わずに済むかもしれませんよ。
だいたい来世で復讐したら、また遺恨が残って来々世でも出会う羽目に・・・ガクブル((;゚Д゚))

○年上の威厳
昔は細坪さん、細坪さんと慕っていた松山千春さん。いつのまにか尊大な態度に変わったそうで、あんな風になるとは、その後二度と会ってないという細坪様。でも千春は、まさし、みゆき、天野は呼び捨てだけど、細坪さんには「さん」をつけるってだけ一目置かれてるんですよねw
 「年長者には敬意を払え」byツボ 「年上はめんどくさい」by千春

○歳時記
いつものセットリストとは違ったアンコール1曲目、移りゆく四季折々の情景と出会いと別れに彩られた人生の喜びを歌ったこの曲、沼田での大合唱の感動も蘇ってとても良かったです。しかし細坪様、この前まで良い曲だと思ってなかったんですかー?orz
本当は一緒に歌って差し上げたかったのですが、勇気が出なかったのと、つい聴き入ってしまいました。南国の人のおおらかさを見習って、いつか一緒に歌ってみたいものです。
お邪魔しない程度に(^^)ゞ

欲望のリミッター振り切ったような怒濤の日々、横浜~佐久・松本~沼田~小倉、北は北海道、南は九州、文字通り日本縦断で、細坪さんのライブやイベントおっかけ初体験でした。青春時代にはやりたくても出来なかったことをこの年になってやれた気分でとっても満足です。
細坪さんは、若い頃すごく近寄りがたいイメージ抱いてましたが、今回一生懸命ファンサービスをしてくれてる姿にシンパシィを感じました。それでもやっぱりファンの方も細坪さんも華やいでて、自分の身の程を知る日々でもありました。
友達誘って、ライブ行って、グッズ買って、ネット感想書いて、それで応援してるつもりもみんな自己満足。他のアーティストのライブを見るとその方の良さと同時に私は細坪さんの何が好きなのかがわかって感想書く肥やしになるのでついつい・・・・ホント、ここ2年でよくぞここまで駄文書いたなって感じ。
毎週ライブ行っては感想書くサイクルはちょっとハードですが、地味に地道に堅実に生きようと決意した若い日の気持ちを忘れず、ライブへ行かせてくれる家族への感謝を忘れず、またコンサート出かけようと思います。

ハーロック
松本零士氏は福岡県出身だそうで、街のあちこちにオブジェや電車に松本零士作品のキャラクターが登場して、オタク心が疼きましたわ

関連記事
スポンサーサイト

Comment

ひぃちゃん says... ""
ふざけおにさん、ほんっと 大好きです。あ、私は性別は女性なので安心してください。私は生れも育ちも東北遠野の住人です。一度も遠野を離れたことのない田舎者です。でも、うきうきしながら仕事の合間に(昼時間に)PC開いては喜んで見ている自分がいます。時には北海道、時には南の方へと~ (あ、私の最南端は昨年の一関でした(^^) )これからも楽しみにしています。
2014.07.02 11:13 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "ひぃちゃんさんへ"
遠野の方ですか??うれしいです。私、鈍くさい豚女で腐女子ですけど・・・好きになってもらえたらうれしいなあ・・・って、同郷じゃないですか!なんで若い頃、出会えなかったんでしょうね。学年違うからでしょうか。私、高校時代ふきのとうやNSPファンとあんまり会ったことないんですよね。
ブログ通してふき仲間が増えるのが頑張って感想書いてて1番うれしいことです。
私が実家に帰った時にでも、オフ会しましょう!是非語り合いたいものです。

> (あ、私の最南端は昨年の一関でした(^^) 
では、9月20日、私が東京までお連れしますよん(^^)ゞ
一緒におっかけしましょう!!
是非メール下さいませ。
2014.07.02 11:29 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.07.04 21:33 | | # [edit]
ふざけおに says... "Re: 改めまして ひいちゃん です。"
先ほどメールしました。来年は北上でスリハンらしいので、それもご一緒しましょうね。
2014.07.06 10:24 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/787-deb11703