ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

ワームモンフレンズ

Posted by ふざけおに on   2 comments   0 trackback

今日のトランスフォーマー、今9話かな?やってるのを眺めながら、これ書いてますが、気のせいかデジモンアドベンチャーのパロに見えます(笑)。
画像はむしさんからずっと前に頂いたワームモンのぬいぐるみとプリキュアフレンズのポルンです。
うちの3号もですが、むしさんちのお子さんも今やってる中ではプリキュアとマジレンジャーが好きなんだそうです。女の子心をうまく掴んでますよね。もちろん「おじゃる丸」、「忍たま乱太郎」も飽きずに毎日見てますよ~。ってあたりも同じですね(^^)。
20050426125937.jpg

だいぶアップまで間があきましたが、昨日むしさ間にむしさん連載小説「デジモンアドベンチャー02 ~2003年の冒険~」第三部三章パート1~3まで掲載しました。
太一達現実世界で行方不明になっている賢(実はテイマーズの世界にいる)を救おうと、奔走する選ばれし子供達。
丈と光子郎は、改めて2002年の事件を振り返り、賢の身に起きたことを違う角度で検証してみるのでした~。
非常に濃密な内容になってますので、皆さん是非ご一読下さい。熱い思いが伝わって参りますよ☆

以下、私が読んだ感想です。未読の方はご注意下さい。******
むしさんの02への執念が凝縮したようなパートで圧倒されるものがありました。むしさんの中では、まだ02は完結してないんだなって思えますし、ある意味、作品への愛と憎しみがねじれた双蛇のごとく噴出してると思います。この創作エネルギーは凄いなと感じます。
今回は、暗黒の種を植えられた子供達と及川と、賢を同列に扱われたこと、オリジナルストーリーでも賢が自分の内面の問題に帰結してしまっていることへのむしさんの反証が込められていると思われます。そこにこだわりのある人にとっては興味深い内容になっていると思います。
私自身、賢が仲間を庇って種を被弾したその部分に、周囲の理解がないまま「贖罪」という形で終わったのが、今も不満として残っているんで共感する部分もありました。また、若干解釈の違いを感じる部分もありました。
にしても、丈や光子郎の友達の力になりたい、友達を理解してあげたいという強い思いは、熱く心に響きます。間接的ですが、伊織の苦悩が描かれている点もパパと及川の関係もあってつい感情移入して読んでました。
やっぱり私は賢が一番好きなんですよ。賢の痛みをみんなにわかってもらいたいです。
この先まだまだ話は続くでしょうが、むしさんの納得いくストーリーであの25年後へつながる結びが読める日が来るかと思うと楽しみです。

この作品に対する気持ちって、「愛」だよね(笑)
恋愛とは不思議なもので、人格的に素晴らしく非の打ち所のない人に惹かれるかというと、案外欠点や弱さのある人に魅力を感じて夢中になるものです。
なんでその人が好きなの?と周囲に言われても、好きな本人はその理由を客観的に説明できないのと良く似てます。
また恋愛は相手が満足するような対応をしてくれなかった時、そのエネルギーは転じて憎悪を伴います。自己愛が傷つくからなんですけどね。
作品を好きかどうか、はまるかどうかは恋愛にも似て、その作品の完成度が高いとか世間の評判がいいとか非の打ち所無く素晴らしい傑作だとか、そういうわけでないのかもしれません。
私は作品への思いを恋愛感情とするなら、それがもしうまく相思相愛にならなかった場合、私はいわば母性愛に昇華しようとしてるのかもしれません。自分のものにならなくて誰かのものになっても息子が良いならそれで良いと思おうとします。だから、たとえ欠点があっても、我が子ですからそれを非難されることを嫌うし、自分が不満のある部分をなんとか納得しようと合理化します。作品に自分を合わせようとするわけです。
でもむしさんの愛は、作品を自分の方に近づけるという行為で昇華されていくのかもしれませんね。
あ、もし気に障ったらすみません(汗)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

says... ""
このワームモンのめいぐるみ物凄く欲しいんですけど、どこに売ってますかー?
2013.12.20 00:02 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "Re: タイトルなし"
> このワームモンのめいぐるみ物凄く欲しいんですけど、どこに売ってますかー?

昔、知り合いの方にUFOキャッチャーでゲットしてものを頂いたので、非売品だと思います。
とってもかわいいんです。私も手放せないお宝です。
2014.01.28 00:03 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/79-36c57156