ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

スポンサーサイト

Posted by ふざけおに on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細坪基佳LIVE2014 ~涼やかなラブソング~IN郡山&盛岡

Posted by ふざけおに on   5 comments   0 trackback

蔵
心配された台風の影響もなく、猛暑の郡山と曇天の盛岡、湿度高い外気の暑苦しさに反比例するかのように、細坪様の歌はいつもよりさらりと抑え気味で清涼感溢れていました。細坪様のソフトな歌唱に合わせるかのように、照明もぎらぎら感控え目で涼しげ、丁寧な歌い終わりの微かな響きまで綺麗に心地良く耳に届いてきて、地元の贔屓目ながらチーム東北のスタッフ様の演出は、さりげないけれど趣き深いものがありました。細坪様もそのスタッフへの信頼感があるから、安心してその狙い通りに歌われているように感じられました。
フライや
今回は夏の東北でしたが、このフライヤーによると、次回、秋の斜陽館、そして冬の仙台秋田、きっと季節に合わせた細坪様の歌唱を素敵な演出で彩って下さることでしょう。
斜陽館

以下ネタバレありです。
セットリスト
1バス停まで 2初夏   3回転木場  4望み
5風来坊   6僕のエレファント  7Blue  8白い冬   
9愛のナイフ 10ハラカラ  11人生のかほり
12水車  13もう一度 14夢のかけら
アンコール
15歳時記 16Endless Song

○おっかけは雨ニモマケズ
2会場共完全に同じセットリストでした。が、この二会場の空調が劇的に違ってたのが何とも。
郡山はクラだけにクーラー利きが甘く灼熱地獄、盛岡穴(ホール)はクーラー利きすぎて極寒地獄、道産子のUさんフェリーで海を渡って来たものの郡山であまりの本土の蒸し暑さに辟易し、翌日は暑さ対策完璧にしたら今度は本土の冷房の厳しさに震え上がったという@@;
地元東北育ちの私も、さすがに盛岡の人工冷気には参りました。
一方ステージで歌う細坪様は盛岡では快適そうで涼しげ。(郡山は照明が当たる分会場より更に暑そうでお気の毒でした)しかし見てるこっちは寒くて体動かさないと死にそうでした
なので必然的にもう一度、夢のかけらは、体入れた手拍子になるので会場俄然ノリノリ。
アンコール、歳時記も大好きですが、どうかこの凍死寸前の盛り上がりに気付いて~ここは熱く「夢に逢えるまで」か「VISON OF DREAM」あたりでお願いと必死にテレパシー送りましたが、細坪様それはそれは涼しいお顔で「この盛り上がりですが、あえて静かな曲、2曲歌います」と・・・ ///orz/// そう言われれば、昔からクールなお方だったよ(死)。(いや、歳時記は名曲で大好きなんすけどね
ヒドリ(日照り)ノトキハナミダヲナガシ  サムサノナツハオロオロアルキ
梅雨にも負けず、夏の暑さにも冷房の寒さにも負けない丈夫なおっかけ、そういう者に私はなりたい


○心肺蘇生(し)隊
この暑さでオリジナルキー「道玄坂」や「春雷」はきっと細坪様、命がけに違いないわ。よし、ここは・・いつもより口紅を厚く塗ったアタシいつもより美爪に磨きかけるUさん
もしツボ様が倒れたら、アタシ人工呼吸担当、アナタマッサージ担当ね。と最前列かぶりつきで何かあったらダッシュで救命よ~万全の体勢で待機しつつ、 思わず妄想もわーーーーん ※妄想の中で私は松嶋菜々子になってます。
< 無事目覚めた王子様と目と目が合って感じ合って~、久保田さんのギターのロマンチックなBGMが流れて♪~ああん、アレをしちゃうアタシ。きゃああああああ~(悶絶)>
と、細坪様、何か不吉な予感を見事に察知されたのか、血管切れそうな山木曲は歌われませんでした(死)。

○濃厚ラブソング「Blue」
毎度、官能にとろけそうなこの曲。体の芯が疼くわ~(←キモイわ!)とか、うっとりと余韻に浸ろうと思うと、これがまた何故かこの曲を歌い終わるとギャグに逃げたくなる細坪様。きっと照れくさいんでしょうねw
「さっさとシャツを来て、腕時計見て、あ、時間だ、帰らなきゃみたいな・・わけありの関係」を細坪さんは想像すると仰ったので、そうなの?!、私の抱いてるイメージと少しだけ違うって、その拘りで瞬時にエロ脳がオタク脳に戻ちゃっいましたよ。さすがアタシ、色気より理屈
視線の先には腕時計」を気にしてるってことは、何か制約ある関係・不倫をイメージさせられますが、急いで帰ろうとはしていないような・・・
というのは続く歌詞が「バスルームで夢の続き」ですから。
だから、時間を気にして時計を見たものの、今手にしてる官能に身を委ね流されていく情景を想像します

○進化するMC
芸人領域の細坪様MCは素晴らしい。ハーブティオチで拍手がわき起こりました。
この噺、私が一昨年数回聞いたのとアレンジまた違ってましたね。常に進化するMCに拍手です。
しかーし!NSPの話は。。。。。
ごめんなさい、私この話昔から知ってます。同じ話を天野さんから高校生の時聞いたので・・・それともデジャブ??、私の記憶違い??
この話が本当に、細坪さんが「気になるパンプキン」のキャスターをやってた97年~98年の話なら
私が知ってるわけないし~(泣)
87年に平賀さん脱退してるので、97年にNSPは活動してないから北海道でコンサートなんかしてないのに、なんで平賀さんと天野さんが北海道に?
その当時天野さんにサインを求めるくらいならよっぽどコアなファンで、コアなファンが3人の顔を知らないなんて・・。あり得ないもーん(泣)
それに私、今でも天野さんの声でオチが蘇るもん。しくしく
「中村、お前もサインしろよって言ったら、細坪君、平然となかむらたかゆきってサインして、はいってその子に渡したんだよ」って。
その時私はまだ細坪さんを全然知らなかったので、クールな人なんだとか、サインを即興で思いつく器用な人なんだって思った位で、熱狂的に中村さんファンだった私は、この時の中村さんの動向が気になって。確か青森の喫茶店だったような。。。だから中村さんだけ宮古に帰ったのかなとか。
その後82年プチセブンの対談でも平賀さんちで麻雀する話になった時、やっぱり中村さんは呼ばれないんだ~。って。きっと元気君、生まれたばっかりだから、真弓さんと幸せな時間を過ごしてるんだろうな~と胸にちくりと来た恋に恋する芋乙女だった私。(・・・破局してたのね
あの記憶が全部嘘だったの~
平賀さん、真相を教えて~、細坪さんの話、設定に無理あるよね~時系列おかしいよね~(泣)

○ご当地ネタ雑談余談
久保田さんが各地にふるご当地ネタ。それぞれの会場で反応があって、面白いです。
「はっと鍋」はひっつみ、すいとんのことです。だから麺じゃないですよねw
市販のすいとん粉は団子粉ぽくてつるんと食感がいいんですが、生地が伸びないのでひっつめないんだよね。我が家は中力粉を練ってグルテン立たせて伸ばして作ってました。今、中力粉、店頭にないんですよね~
じゃじゃ麺。ごめんなさい<はなよさん。私も美味しいって思えなかったので、去年の一関スリハンオフ会での食事プランから外したのですが、二次会夜中みんなで食べに行った県外者は皆美味しかったと。ふうん。
と、偶然昨日ママ友さんにランチに誘われ、彼女の口から「あのさ、じゃじゃ麺って好き??」と聞かれてびっくり。ご主人と盛岡行った時タクシーに乗って「じゃじゃ麺の美味しい店知ってますか?」と聞いたら、「俺は好きでねが、知ってる」と言われ、実際食べたら全然美味しくなかった。先日ケンミンショーでやってじゃじゃ麺の正しい食べ方やってたから、仙台のぴょんぴょん舎でじゃじゃ麺に行列が出来てたそうです。正しい食べ方で食べたけど、微妙だったと。「でも3回食べないと美味しさわからないんだってね。、今日また行ってみようかしら、って岩手県民に意見聞こうと思って」
・・・・。確かに細坪さんに「3回食べて」と勧めてる人いましたねw
元県民の私の意見としては、無理して食べなくても(おい)
余談ですが、そのママ友さん、その日なんでかUFO見た話とかふって来て・・・2011年4月9日の最大級の余震で停電や倒壊被害があった時、市内で1番の高台に娘さんと避難した瞬間、上空に七色に光る大きな物体を見たそうです。UFOだったと真顔で。娘さんも見たそうで、同じ目撃情報が新聞にも載ったとか。千年前の貞観津波の時も上空に七色の光が見えたと記録にあるとか・・・・
実は私も子供の時UFO見たことあるし、霊感あったんだよなとか、この日は普段絶対しないようなオカルト話題で盛り上がったのでした。



○類友蛸壺
類は友を呼ぶ、同じツボにはまるタコの輪が全国に広がる中、同郷のQさんと初めましてでした。ふきのとうファンが同郷にいたとは@@;一関で暮らしてた時にさえ、NSPファンに会ったことないのですごく奇跡的に思えます。
Qさんもスリハンで細坪さんの健在を知って、ソロコンサート初参加だとか。
Qさんは人生のかほり、初めて聞いたのに、涙流れたそうです。この曲、じーーーんと来るよね~
私は水車に心揺さぶられるんですよ~。単調なくり返しをまさに回る水車のように静かに淡々と歌って、転調後のサビぐっと入れて歌われるので、すごい圧倒されたわ~
とか、今日のバス停まで歌い出しばっちりだったわ~。でも「愛のナイフ」最後のピーピピ細坪さんオクターブ下歌わなくなったよね。手抜きかしら?(おい)とか、
握手会の興奮もあって(Uさんは今日の細坪さんかわいい~かわいい~やだもう~食べちゃいたいからぁあ~とすっかり逝っちゃってます)、3人で盛岡冷麺食べながら、今日のライブ感想ふきのとうの音楽との出会いやら話が尽きません。
そこでなんとかツボ様への恋に落ちたというQさんを説得し、9月20日中野にお連れすることに決まりました。やったー!!
そう言えば、ふきのとうおっかけて解散コンサート以来20年離れていたというDさんも細坪さんの大阪ライブに参戦を決められて、こうして細坪様に恋する<元>乙女らがどんどん集ってる感じがうれしいおっかけライフです。

自分の人生を振り返る時だと語る細坪様。フォークというジャンルに身を置いたのは、その時代の流行の音楽だったからで、自分の選択ではなかった。違う時代にいたら違うジャンルの音楽をやっていただろう。と。タイガースが好きだったとかで、GSの時代なら間違いなくGSやってたねと。でもフォークで良かったよと言うその言葉に、イフの人生を思い描くこともあるように見てとれます。
私ももう少し細坪様の台頭が遅れていたら、稲垣潤一さんや徳永英明さんのようなヴォーカリストとして脚光を浴びたかもしれないと思うことがあります。細坪さんの非凡な才能を思うと、朴訥とした弾き語りフォーク全盛時代にあったのが良かったかどうか・・・・正直、惜しい気がします。
ただふきのとうで山木さんの曲歌ってなかったら、少なくとも私はここまで細坪さんにはまらなかったですね。グループの縛りなしに、最初から細坪基佳というシンガーソングライターだったら、おそらく私が最も感化された「木精」というアルバムが生まれたとは思えないので。
それに芸能界の最前線で活躍するような大スターだったら、華やかな世界は自分にはすごく縁遠く感じるので、夢中にはならなかったと思います。
なので、私にとっては、細坪様がフォークグループふきのとうにいてくれて幸せでした。(でも時々自分がふきのとうファンで良かったのかどうか、悲しくなることもありますけどね・・・

細坪様がこの世で1番大事なもの、大切なものは、「それは言わない」と照れたように(ププこの照れ具合は最愛の女性?奥様?お嬢様?お孫さんあたり?待てよ、あひゃひゃ、久保田さんだったり・・・←しないしない)。でもその後少なくとも、俺が1番好きなものは「輝いてる自分」と仰いました。おおお、なんてことでしょう。それはそれは奇遇ですね~。この会場に集う細坪様に恋する<元>乙女達も、それと同じものが1番好きなのです(^^)ゞ
サンプラザ

9月20日、恋する<元>乙女は万難排して、一番好きなものを見るために、中野サンプラザに結集しましょう!!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

茶色のジャケット says... "ブログ拝見しました"
初めまして。
ふきのとうファンの方と話がしたくて、コメントを送らせて頂きます。

私(♂)は、仙台での解散コンサートの後は、細坪さん山木さんの動向は全く気にしていませんでした。
でもここ数年は、細坪さん参加の盛岡でのコンサートには、出来るだけ足を運んでいます。(何故か地元一関のスリハンコンサートに行きそびれたりして…)
会場で隣り合わせた方と「ふきのとう」のことでお喋り出来るかな?と声をかけてみると、以外と「ふきのとう」に拘りがある方ではなかったりして…
山木さんの楽曲であったとしても、細坪さんが歌うから「ふきのとう」となります。細坪さんだって、まだまだ歌いたい「ふきのとう」時代の曲があるのでは?と思っています。
ふきのとう時代の細坪さんの作品なのに、ソロになってから歌っていない曲もあるのかとも。
印税のことなど、細かなところは判りませんが。

山木さんの独特なコーラルが重なっての「ふきのとう」と私は思っています。
でも繰り返すようですが、細坪さんが歌ってくれることで、充分納得出来る私です。
ちなみに「八月の空へ翔べ」あたりまでのNSPも大好きな私です d(^o^)
2014.07.15 19:49 | URL | #7uLS4I8I [edit]
ふざけおに says... "Re: ブログ拝見しました"
初めまして。茶色のジャケットさん。
コメント下さってありがとうございます。

> 私(♂)は、仙台での解散コンサートの後
男性の方なんですね。仙台の解散コンサートは私妊娠九ヶ月で、行けなかったので悔やんでて、今その時の無念をはらしてる状態です。細坪さんの生の声が聞きたいってずっと心の中で思ってました。

> でもここ数年は、細坪さん参加の盛岡でのコンサートには、出来るだけ足を運んでいます。
私は盛岡は二回目です。無料招待ライブは県内であちこちやってたらしいのですが、
ツアーとしては、10年くらい前に初めて来て2年続けて、その後数年空いて、スリハン以降ここ2年続けて
来てる感じで定例化しそうですよね。
仙台も盛岡もソロになって以来、どんどんお客さん増えてるようで、ふきのとうファンフォークファンが
戻って来てるのでしょうね(^^)。


> 細坪さんだって、まだまだ歌いたい「ふきのとう」時代の曲があるのでは?と思っています。
> ふきのとう時代の細坪さんの作品なのに、ソロになってから歌っていない曲もあるのかとも。
確かにふきのとうの名曲が演奏されなくなってるのは寂しい限りです。
今年になってますます山木曲歌わなくなりましたね。
よく言われる印税とかの問題ではないと思います。基本的に細坪さんも山木さんも
ふきのとうのメンバーだったので何を歌ってもいいことになってると思いますよ。
歌うか歌わないか、決めてるのはご本人達でしょう。
ご本人らからすれば、ソロ22年の音楽を聴いて欲しいのも当然ですよね。
あんまり積極的にふきのとうは歌いたくないけれど、聞きたいお客さんのために
二人ともふきのとうを歌ってるような感じでしょうか(ーー;
ソロ活動がメインだからそれでいいし、
ふきのとうは好きだけどソロ曲はピンと来ないわってというわけでも
私はないんですけど。。。
時には振り返ってふきのとうの音楽の良さを、
ファンもご本人らも笑顔で語り合ってもいいんじゃないのかなあと。


私が見た範囲では細坪さんは、「夕暮れの街」「やさおも」「通り雨」「道玄坂」「山ロー」「恋心」「初夏」「南風の頃」「パレード」歌われました。ライブ盤だと「ひとりの冬」も入ってましたね。
個人的には「メロディ」「緑輝く日々」「冬銀河」「星ペー」「冬の華」「運命河」「水色の木漏れ日」「風の船」あたりを細坪さんの声で聞きたいですが、今の状態では歌わないと思います。
山木さんはご自分の楽曲ならリクエストすれば何でも歌ってくれますが、さすがに「緑輝く日々」は歌わないかな・・・・orz

> でも繰り返すようですが、細坪さんが歌ってくれることで、充分納得出来る私です。
そうですね。細坪さんがボーカルでないと、ふきのとうじゃないですもん。
細坪さんがふきのとうのどの曲でも歌ってもいいよといってくれる雰囲気になればいいんですよね。
どっちかの追悼コンサートとかでなく、健在なうちに・・・・と私は思うんですけどね~。

それはともかく、40周年はお祝いしてあげたいです。
2014.07.16 15:04 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "Re: ブログ拝見しました"
あと、流星ワルツはよく歌われてましたね。e-257
2014.07.16 15:18 | URL | #- [edit]
茶色のジャケット says... "盛岡の"
プラザおでってに会場が移る前。岩手県公会堂(記憶があやふやですが…)でのコンサートで、流星ワルツを歌っていましたね。
歌う前に「風来坊の次にリリースした曲はな~に?」と、少しおちゃらけて客席に質問していましたっけ。

五月雨を拝聴しました。
いい声ですねッ (◎-◎)!!
2014.07.17 23:16 | URL | #7uLS4I8I [edit]
ふざけおに says... "Re: 盛岡の"
「ステーション」も歌われたの、聞いた事あります。
これも傑作ですよね~。

> 岩手県公会堂(記憶があやふやですが…)
確か去年盛岡ソロは8年ぶりと言ってた気がします。八年前でしょうか。

> 五月雨を拝聴しました。
> いい声ですねッ (◎-◎)!!
男声と間違えられます(泣)
2014.07.20 01:38 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/790-1690e996
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。