ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

スポンサーサイト

Posted by ふざけおに on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治安田生命Presents 小田和正ツアー2014「 本日小田日和」in宮城~Part1

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

10968004_2110745592_24large.jpg
9月4日(木)、5日(金)セキスイハイムスーパーアリーナで1万人の大観衆とオダちまくった2DAYS。小田さん、アリーナを歌って踊って走って飛んで、客席に飛び込んで、客にマイクを向けて一緒に歌ってました。とっても67歳には思えない軽やかな動き。歌にアクションに本当に元気いっぱいでした。
演奏やMCを間違うと(小田さんも間違うんだーーー@@;)「アハハ~」と声たてて笑ってごまかす姿がかわいい~vv
小田さんてこんなに面白いフレンドリーな方だったんだーーー!!10代の頃、オフコースファンで小田さんの歌声はすごく好きでしたが、人を寄せ付けないような冷厳な石膏像に思えて、心の動きを掴みにくい人だと思い込んでましたが、私の見る目がなかったんですね。こういう人だって知ってたらもっと若い時にはまってのに~。
もう二日間小田さんの優しさ温かさ大きさ人間味に魅了されまくり。
私は一万人の観衆の一人で小田さんには見えてないはずだし、私はそんなに熱心な小田さんファンでもなかったのに、こんな私にも大きな「愛」を注いでくれてるって思えて、。もっともっと小田さんを好きになりたいと心から思えたし、到底返しきれるはずもない大きな愛を前に敬けんな気持ちがこみ上げてきました。やっぱり世代を超えて愛される大スターはカリスマ性が違う。
我を忘れて立って歌って拍手して歓声あげて熱狂して、エネルギー発散して、明日を生きる勇気をもらえました。

以下セットリストと、印象に残ったことの感想です。実は感想メモは即日書いて残してたんですが、それを1ヶ月経ってから書き起こしてるので、まとまり悪いかも(^^;(いえいつもですがーー;)

1 そんなことより幸せになろう  2 キラキラ  3 やさしい雨
4 Re 5 やさしい風が吹いたら  6 二人  7 この街
8 東京の空  9 たそがれ  10 たしかなこと 11 明日
12 その日が来るまで

13 愛になる 14 the flag  15 風と君を待つだけ 16 愛を止めないで
17 yesーNo  18 ラブ・ストーリーは突然に 19 mataーne 20 彼方
21 言葉にできない  22 今日もどこかで  23 やさしい雨

アンコール
24 もっと近くに 25 またたく星に願いを

ダブルアンコール
26 今のこと  27 yesーyesーyes  28 hello hello
29 (初日)いつもいつも  (二日目)生まれ来る子供たちのために

○アリーナライブ
田舎のおばちゃんなのでアリーナでのこういうライブは初めてです。小田さん、観客の熱狂を直に感じながらハンドマイクで歩きながら歌う時の表情が生き生きとしてて、すごく良かったです。歌うことが楽しくってしょうがないようで、すごいリキ入れた声が割れる硬質な高音は昔と変わりません。一転バラードでは、昔よりソフトに繊細に歌われるので、表現力に磨きがかかって個人的に断然昔よりいいなあって感じです。バックとのハーモニーもばっちりですが(松尾さんの声にそっくりな人いるよね)、小田さんがあえてここぞという歌詞を歌わないと、それまでもずっと会場一緒に歌ってたのが、大音量になって1万人が小田さんを囲んで主旋律を歌い、やがてバックと小田さんとの大合唱になってその響きが美しい!
これぞアリーナの小田さんの醍醐味ですね。
去年はホールの最後列でしたが、終始小田さんと対面してたので、こちらに向かって歌ってくれて、こちらの声援に反応してくれてる実感あって、ホールにはホールの良さがありました。
その点初日アリーナは全然こっちを向いてくれてる感じがしない席で、なかなか馴染めなかったです。小田さんの映像がこっちを見てる時、一瞬ときめくんですが、そのタイミングは小田さんがカメラ目線の時なので、その実際の動きと映像とのズレに脳がついていかないorz。
でも二日目はこのステージと映像のタイムラグに馴れてたし、ちょうど立ち止まって歌うマイク設置箇所の目線上の席だったので、わずかでも小田さんがこっち見てくれてそうで大興奮でした。
小田さん、声はどういうわけか今でも高い声が出るんだが(特異体質ですねw)、聴覚は少し落ちたとかで高い周波数が聞こえにくいんだとか。それ、わかります~。ってえええ?おばちゃんが大声で話すのは耳が悪いせいだとか(笑)
小田さん両耳にイヤホンをしているので、会場の声援どの方向から聞こえてるか掴めてるのか気になりましたね。
生ピに座った時は、両耳イヤホン外してたので、ピアノは生音聞きながら弾きたいんでしょうね。
ピアノ、アコギ、エレキ、ウクレレ、タンバリン、楽器を持ち替えって、アリーナを走り回って、観客との距離感を感じさせないアクティブなアリーナライブ、また行きたいです。もう、今すぐにでも、って、チケットが取れないorz
14100702.jpg

○小田日和
チケット申し込みと同時にニューアルバムも予約できるというシステムで、ライブの予習ばっちり。全曲コンサートで演奏され、お買い得感もばっちり。って、「mata-ne」以外は全曲何かのイメージソングになってるって、小田さんのニーズってどんだけーーーー@@;
小田さん、まず最初に仰ったこと、ツアータイトルは小田日和ですが、自分日和よりもみんな日和であるように頑張ります。とうれしいことを仰います。観客の喜びが、アーティストの喜びなのですね。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/810-701efbc8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。