ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

カラオケ記念日~ DAMに「旧友」 JOYに「風の船」

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

<「この踊りがいいね」と君が言ったから12月1日は真田記念日>
去年の12月1日は山木さんの前で真田十勇士踊りを初めて披露した日ですが、今年の12月1日は、3号のテスト最終日ということで、1号と3人で赤点の恐怖を忘れるカラオケ大会でした

情報によると、DAMに細坪さんのソロ曲初の「旧友」が入ったとか。どれどれ??
おおう!!本当だ!!入ってる。映像も良い感じです。
10968004_2123495419_124large.jpg


頑張りましたが・・・・ごめんなさい。93点止まりでした。思ったより体力いる曲です

そしてJOYの新曲はあの名曲「風の船~海よりも深く~」
10968004_2123513187_245large.jpg


ほほほ、どや?1回目で97点台でした!!我ながら調子良いわ~。
山木さんのソロ曲「真田十勇士」あたりもカラオケに入るとうれしいですね

今日は、ずいぶんエントリーが少ないな~マイナー曲ばっかりだからかしらと思ったら、そうか12月1日、月始めだからなんですね。
途中でそれに気付いて、中盤から全て1位狙いでした。

皆さんもこれからどんどん挑戦して、私を抜いちゃって下さいね

全国順位 点数 曲 名 歌手名

LIVE DAM
1位 87.630 点 待っても待っても N・S・P
1位 90.231 点 歌は世につれ N・S・P
1位 87.744 点 面影橋 N・S・P
1位 91.890 点 輝く朝に~ABRAXAS~ ふきのとう
1位 92.664 点 ひとりの冬なら来るな ふきのとう
1位 93.478 点 LOVE SONG ふきのとう
1位 93.092 点 旧友~old friend~ 細坪基佳

JOYSOUND F1
1位 97.404点 君と歩いてみたくて N・S・P
1位 95.282点 愛の唄 オフコース
1位 96.546点 流星ワルツ ふきのとう
1位 96.347点 流れゆく河のほとりで ふきのとう
1位 95.447点 弥生つめたい風 N・S・P
1位 95.917点 高き空・遠き夢 ふきのとう
1位 96.164点 いくつもの星の下で オフコース
1位 94.647点 一億の夜を越えて オフコース
1位 93.669点 愛を止めないで 小田和正
1位 94.052点 愛を止めないで《生演奏》 オフコース
1位 93.638点 風と君を待つだけ 小田和正
1位 94.499点 彼方 小田和正
1位 95.086点 SAVE THE LOVE オフコース
1位 93.899点 イーハトーヴの風 あんべ光俊
1位 94.079点 今日も どこかで 小田和正
1位 93.441点 今日も どこかで《ガイドボーカル入り》 小田和正
1位 93.373点 愛のロジック ~論理~ N・S・P
1位 97.288点 風の船(海よりも深く…) ふきのとう

以上DAM7曲JOY18曲、今日歌った25曲全て1位というなんとも奇跡のような日でした。
最高点はやっぱり十八番の「君と歩いてみたくて」。愛だわ~(←バカ)


私の好きな歌曲作家、山木さん、天野さん、あんべさん、小田さん、細坪さん、鈴木さんの歌詞、それぞれ特徴あるなって、みんなそれぞれ良いなあって改めて感じながら歌ってました。

今1番、歌詞の主題が自分の心境と合ってるのは小田さんのソロ曲、「風と君を待つだけ」「彼方」「今日もどこかで」あたりでしょうか。歌ってるとライブの感動が蘇って来てうるうる。
それにしても改めて小田さん、「これあれどのその」指示語多いなあ~@@;
メロディの尺に合わせて語の調子を整えてて独特のリズム感が生まれるんでしょうね。ただ指示語の分、歌詞は薄くなるでしょうね。
山木さんは指示語は少ないような・・・・、だから短い歌詞でも内容は濃いんだよね。

あんべさんは昔の痛みある歌詞から、ずいぶん突き抜けた歌詞書くようになったよね・・・・
イーハトーブの国の人は~♪と夜の街はさびしすぎて~♪のメロディ被ってるのはご愛敬。
あんべさんの歌詞昔から好きなんだけど、昔から思う。語とメロディのマッチングが微妙で歌詞の意味が聞き取れないことがあるんだよね。
例えばイーハトーブの「魚達のぼる川」なのか「魚 立ちのぼる川」なのか曲聴いただけではわからないんですが、歌詞を見ると前者なんです。ちょっと語感的に難ありですが、素晴らしい曲なのでたいした問題じゃないですよね。
その点、やっぱり山木さんは、200曲以上聴いてるはずですが、歌詞の語感とメロディのズレはまずないように思います。
前に漱石の夢十夜を例にあげたことがありますが、山木さんにとっては日本語はもともとメロディを持っていてそれを自然につなげて曲を作られてるから、誰の歌詞であってもオータムマンという奇抜な造語でも、語に違和感ない歌曲に仕上がるんでしょうね

やっぱり山木さんは、歌曲作りの天才だと私は思うわけなのでした。(ちゃんちゃん
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/823-4ea53db1