ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

あんべ光俊NewAlubum発売記念トビウオXmasCONCERTin仙台Rensa

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

10968004_2126740308_238large.jpg

12月20日、仙台Rensaであんべ光俊さんのクリスマスコンサートがありました。
周囲の方がノリのいい常連さんだったので、初対面の方と発光スティック持って、登場をスタンディングで迎えるわ、奇声発するわ、立つわ、歌うわ、踊るわ、ツッコムわの大盛り上がり。しまった、。応援うちわ作ってくれば良かったわ~このノリならミーハーな私も浮かないとかw。
この会場のムードは、まるで地元イーグルスかベガルタか89Sの観戦のように女性も男性も一緒になって、アーティスト応援を楽しむ同志の連帯感が独特で最高でした。

今回もキーボード、ギター、ベース、ドラム、そして後半コーラスの女性がバックについてて、極力レコード(CD)を再現してる耳慣れたアレンジに安定感あって心地良かったです。
歌詞やMCが聞き取りにくい気がしましたが、スタッフ最小限だったとかで仲間と手作りでやってる感じがほのぼの。
時に曲と曲の合間がしーんとなってその「間」にハラハラしたりしましたが、被災地の真っただ中にあって、元気な応援ソングあれば、沈鬱な曲あり、笑いいっぱいの曲あり、美しい郷土を歌う曲あり、ラブソングあり、、悲しみも喜びも笑いも涙も、一人のシンガーソングライターがそれをワンステージでこなすには荷が重かったでしょう。でも背伸びしたりはぐらかしたり大げさに脚色したりすることなく、等身大のままで正面から誠実に向き合ってくれてる感じに好感が持てます。純朴な東北人らしいです。



新曲トビウオは初めて聴くユニークな曲でしたが、ばっちりノリノリで踊れましたよ。
椅子びっしり並べられた会場が狭くて、隣の人とぶつかりながらですが一生懸命みんな体操してました。
終わった後、会場みんな息が上がってて「はあはあぜいぜい」、いやーお疲れ様なのでした。
あんべさんも汗だくだく・・・・、この日はいろんな曲で間奏の度にダンスのステップ踏んでて、今日はどういう風の吹きまわしって感じで、立ちっぱなしで歌って踊ってシャウトして、小田さん顔負けの運動量じゃん・・・・
そしたら、ほおお~、どうもお腹を引っ込めるなんて大それた野望にトビウオしてるようで・・・・
<昔は俺だってやせてたんだ。>
10968004_2127261615_37large.jpg

果たして「本当にダイエットできるの?」と客席に突っ込まれてましたww
小田さんは激しく動きますが、自分が歌わない休憩ポイントがあってそこは観客に歌わせたりして、調整してるんですよ~。あんべさんも頑張ってでもあまり無理されないでくださいね。
とびうお

○ニューアルバム
セットリストはあんべさん自身がいつもFBで公開されるので、私はメモも取らずライブに集中してました。家帰ってさっそくニューアルバム聞いたら、全12曲歌われてましたね。この中で初めて聴いたのは、「トビウオ」「恋」「朝の月」「Kizuna伝心」の4曲です。
中でも「トビウオ」がすごいインパクトありました。「恋」はむむむ?という感じでちょっと無理があるような(おい)
ゆっくり聴いてまた感想書きたいと思います。
ニューアルバム以外で歌われたのは、確か「夜のしずく」「仙台で愛ましょう」「一億の夜を越えて」「君が好き」「イーハトーブの風」「星の旅」だったと思います。まだあったかな・・・??
夜のしずくはみんなでライト振り、一億の夜はスタンディング。打ち合わせしてなくてもみんな自然にやっちゃってました。


○「力は無限大」、「青い大地に夢は始まる」、「イーハトーブの風」
仙台に引っ越してから15年というあんべさん。ここ数年間で発表されたシングル3曲のイントロで会場はどよめきます。あんべさんは本当に幸せなアーティストだなって思いました。だって昔のヒット曲でなくて、現在のシングルを聴衆がよく知っているんですもの。
私には、若い頃、「遠野物語」や「星の旅」を歌ってた時よりずっと輝いて見えました。
仙台を拠点に東北の地域おこし、社会福祉活動に貢献してきたから、素朴な人柄と心を打つ音楽が地域の人に浸透しているのでしょう。
3曲とも郷土愛に満ちた、心洗われる良い曲です。

○「遠野物語」「イーハトーブの風」「仙台で愛ましょう」
物販されてた素敵な奥様義妹様に「私、遠野出身なんです」とついカミングアウトしてしまった私。そのせいでしょうか・・・
この日聴いた「遠野物語」、いつもと違って聞こえて胸がいっぱいでした。あんべさんも感極まって歌われるのでついほろり・・・
実は私、この曲にあまり心動かしたことないのです。初めて聴いた中学の頃はこの曲を素直な気持ちで聴いてて好きでしたが、その後高校に通学した3年間があまり良い時代でなかったので遠野が好きになれず、この曲が絵空事のように思えてました。
つい最近まで、「ふるさとは遠きにありて思うものそして悲しくうたふもの 」という犀星の詩、「やはらかに柳あをめる北上の岸辺目に見ゆ泣けとごとくに」という啄木の詩の若者の挫折感ゆえの故郷への否定的心情に共感してたのですが・・・・
震災後「イーハトーブの風」を聴いて、花巻から釜石までの釜石線の風景、遠野から釜石につながる笛吹峠・・・、美しい故郷を思い出しました。
あんべさんは岩手県と那覇市と、そして釜石市遠野市花巻市=釜石線沿線の観光大使だそうですが、私の両親は花巻で生まれ育ち結婚後、遠野釜石に父が勤務し、私も家庭を持つまで花巻で働いてたので、奇遇ながらその3市は私の故郷そのものなのです。
思い出せば若い頃あんべさんのライブを最後に見たのは大学2年の時、仙台だったと思います。。
あれから30年。あんべさんと仙台で逢ってあんべさんの突き抜けた現在の音楽がうれしくて・・・こんな晴れやかで幸せそうなあんべさんのステージを見ると、なんだかとっても同郷人として誇らしいです。
同時に故郷の美しさを懐かしく思えるところまでたどり着いた自分の歩んだ歳月を愛おしく思えます。
10968004_2127261612_13large.jpg

○若き日の陰影
以下余談です。
恥ずかしいですが、「遠野物語」にリアリティ感じなかったのにこの日急に、なんだかタクシーに乗ったあんべさんと遠野市民会館の前で話したことが急に歌詞に重なって思い出されて、うるうる・・・、。
高2の頃、ミュージックギルドのあんべさん担当者から、あんべさんを応援するプロジェクトチームを結成したいという話があって、私も友人に誘われた気がします。当時IBCトップ40葉書採用率1位だったので、いつの間にか私が中心人物みたいになってて、ザベストテンに「星の旅」のリクエストカードを書くように葉書渡されていっぱい書きました。結局10位止まりで力及ばずテレビ出演は叶わなかったのですが・・・。
それともう一つあんべさんの遠野コンサートを口コミで集客するように頼まれたのです。
あんべさんがプロデビューしたのは大学卒業後、同郷同年齢のNSPと5年遅れてたし、既にご結婚されててちょっと遅いデビューという印象でしたが、地元出身ということで応援してあげたいという純粋な気持ちでした。
だから、あんべさんの遠野のコンサートを満席にしたら、次はNSPを呼んでやると担当の方に言われた時、すごく嫌な気持ちがしたものです。私が熱心なNSPファンだと知ってそういうこと仰ったんだと思いますが、あんべさんを応援するのは別にNSPを呼んで欲しいという気持ちからでは全然ないし、間の山村に住んでいる私にとって遠野も花巻も釜石も違いがないのに・・・。
その時大量のコンサートの割引券を渡されたので、同級生や後輩に渡して来てくれるように頼みました。ポスターいろんなお店に頼んで貼ってもらったり、、
ところがコンサート当日、あんべさんが「遠野中の若者がどこかに出かけたんじゃないか」って位がらがら~。900人のホールに実質50人位だったような・・・。

帰りにタクシーの窓から握手してくれたあんべさんに、親友が申し訳なくて泣きじゃくってて、私もすごい責任感じて、言葉もなかったですね~。その時のあんべさん、むしろ気の毒そうに私達を慰めてくれて・・・でも去って行く姿がどこか痛々しくて・・・・
その後、花巻のコンサートで一生懸命盛り上げようと頑張る私にあんべさんが「そんなに気を遣わなくていいんだよ」って言ってくれたの、今でもよく覚えてます。
10968004_2127261604_137large.jpg

ちなみにその遠野コンサートの際、隣の高校の熱心なあんべさんファンが割引券を彼女の学校の生徒に全然巻いてないことを知り、理由を聞いたら真顔で「私はあんべさんのコンサートにみんなに当日券で入って欲しかったの。その方がお金が儲かってあんべさんのためだと思ったの」
当日券で入る見通りしがないから割引券を回してくれって話でしょうが・・・ってこの人の天然ぶりに何を言っても無駄だなって。
それはともかく人間不信になった事件があって・・・
いつも吹奏楽部のチケット買ってあげてたので、代わりにあんべさんのコンサート来てねと言って、いいよと言ってくれた子達・・・・その子達はいつも定期コンサートしてるので遠野市民会館の構造を熟知して、受付通らずに会場に入れる抜け道を知ってたんです~。なので吹奏楽部員はチケット買わずに不正に入場し、コンサートを見てたんです。10数人いたと思います。私はまじめだったので腹が立ってその件を葉書に書いて、トップ40に送り、しっかり読まれてしまいました。その後校内でちょっとぎくしゃくしましたね~。多分それが「遠野」を嫌いになった理由をひとつだったと思います。学校も荒れてたしね。
ちなみに私の母はとても非常識な人だったので、ミュージックギルドの担当者からの電話を取った際激怒し、2度と電話しないように言い渡したようでそれきり連絡来なくなりました。やがてこの時一緒に行動した親友の家にも電話し、私と友人関係をやめるように相手の親に怒鳴り込んだという・・・母も故郷も、私は大嫌いでした。
でもそれももう遙か昔、懐かしい思い出です。

そうそう当時、私はあんべさんのラジオに、ラジオドラマを書いて送ったことがあります。内容は全然覚えてないのですが、漱石の「こころ」に影響された主人公自殺オチの暗い幼稚な話でした。採用されなかったなあ・・・
あんべさんの番組にオフコースがゲストで出演したことあって、鈴木さんだけ手術でいなくて、小田さんはあまり話さなくて、松尾さんと大間さんがよく話した記憶あります。清水さんは・・・ごめんなさい、印象ないんだよね

つくづく人生は陰影が深いほど、光は輝かしく感じられると思えて来ます。
あんべさん、私が若い頃見た時よりずっと輝いていて幸せそうです。
仙台の地にあって誰からも愛される名曲が生まれファンでない人にも愛され、こうして東北を励ましていること、私が仙台の地であんべさんのコンサート再見できたこと、市井の小市民ですが、どこか運命的なものを感じるのでした。
そんな心情にぴったり来る新曲を次のライブでまた聞ける日を楽しみにしております。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/827-330b914f