ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

南こうせつコンサートツアー2015~うちのお父さん~in石巻

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

15040101.jpg
おいちゃんのライブ、去年ひめ風を2回見ましたが、ソロは初めてです。
知ってる曲少なかったのですが、こうせつさんの卑屈も尊大も芝居っけもない等身大の誠実な人柄と、緩急自在の伸びやかな歌声に、心洗われた時間でした。

それにふきのとうスリハンファン仲間の友人ご夫妻と一緒でしたので、こうせつさんのライブと言えば、ベースの河合徹三さんの演奏が見られるのでなんかすごい得した気分になります。
エレキベース、アコースティックベース、アコースティック風エレキベース。3種類のベースを軽やかに弾きこなしながら、時にパーカッションを鳴らし、ハモリもさすが~元ふきのとうのバックだわーーー!芸達者!!とか、なんか違うところでふき友さんと盛りあがってたりww


タイトルわかった曲で今思い出せるのは

「妹」「神田川」「加茂の流れに」「うちのお父さん」「からたちの小径」「夢一夜」「あの人の手紙」「夏の少女」「満天の星」くらいかな・・・・ごめんなさい。

恒例の「うちのお父さん」をみんなで一緒に歌うコーナーとっても盛りあがりました。
あと、NHKの連続テレビ小説でこのところ各シリーズ必ず1回は、ある曲がラジオから流れているシーンが挿入されていることに気付いたというこうせつさん。「NHKの人もこれを知らないんだよ」と。恐らく制作サイドが意図したわけでなく偶然なんでしょうね。
その曲は「○○○の唄」
なるほど~、敗戦の焦土から立ち上がろうとする一時代を象徴する曲一緒に歌えて、感激でした。
「夢一夜」改めて上手いなあ~って、こうせつさんこの曲歌ってると「理性が壊れそう」だそうですが、どこか違う世界に行ってるような、何かに取り憑かれたような唄い方で迫力ありました。

圧巻は、アンコール最後の「満天の星」オールスタンディング。
それまでも何曲か最前列のファンの方が立ったので、私達も何度か立ったのですが、当然少数派でした。だって田舎、被災地に高齢者がほとんどですから、無理なく気を遣わずそれぞれがマイペースで楽しんでいいんだよって言ってくれるのがこうせつさんです。
なのに、最後の曲は、聴衆が心に溜めていたエネギーを発散せずにはいられないかのように自然にオールスタンディングで、おじいちゃんもおばちゃんもおじさんもおばさんもみんながお星様きらきらとアクションしてましたーーー
80過ぎてそうな白髪の老婆達もうれしそうにリズムに乗って体を動かし拍手したり踊ったりするんですよ~
その光景は、感動ものでした。
こうせつさんは、いくつになってもオヤジというより頼れるお兄さんって感じで声も動きもお若いですし、歌唱も表現力あって素晴らしいです。歌も素晴らしいですが、更に、裏も表もない何の飾り気もなく優しく語りかけてくれた話術に、老若男女みんなが等身大の姿を安心してさらけ出してる、心を開いてるって感じでした。
決して上から目線ではないけれど有り難い説法を聞いたような。。。高説を聞いた気分でした。

ということで、おあとがよろしいようで
この日被災地石巻で本当にたくさんの地元の中高年老人達と、フォークファンの友人と和やかな時間を過ごせて、とっても幸せでしたよ~。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/841-ece8156b