ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

とっておきの音楽祭DEちょっくらあんべさん

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

15061001.jpg

みんなちがって みんないい
障害者も健常者も一緒に街に繰り出して、音楽を楽しもうという
仙台発祥のとっておきの音楽祭。今年は15年目だそうです。

仙台三越前にあんべさんが出演するというので、ライブ友のFさんと出かけました。
市内メインストリート、公園、あちこちで、いろんな人達が演奏してて、
たくさんの障害を持つ方々が、楽しそうに堂々と健常者に混じってアーケード街を歩く姿が微笑ましい光景でした。
まさにバリアフリー、こんな風に気軽に街に出てみんなでふれあうこの日、この街は誰もがみんなが幸せになる権利をちゃんと市民が守ってくれてるって実感出来ます。
仙台っていい街ですね~

「仙台で逢いましょう」をあんべさんと集まった皆さんと一緒に歌いました

仙台で会いましょう
同郷のあんべさんとまた仙台で再会出来て、感激~
「青い大地に夢は始まる」「人の力は無限大」「トビウオ」をみんなで楽しく唄いました。

写真撮ってもらった時、ちょっと目配せしてくれた気がして、あら?と思ったのですが、同行したFさんも「なんか君のことわかってるよって感じだったよね」って。
きゃあああああああああああんべさん、私のこと覚えててくれてるかなあ~

あんべ5
あんべさんのファイナルステージ、「オハイエ」を障害のある人もそうでない人も一緒に歌って踊ってるのがすごくうれしくて。

その後、相方のヨンタナ君と海風行きました。
先日ヨンタナ君何を思ったか、「遠野物語」をやりたいと言い出して、エレキでイントロ弾いてくれたんですよ~。
ちょっと感激でした。
うん、今ならやりたい。実は私、この曲聞くと若い頃を思い出して、ちくりと来るので唄いたくなかったんだよね。
笛吹峠って継子虐めの陰鬱な話なのになあ、おとぎ話みたいなメルヘンチックな話じゃないし~とかw
でもなんか飛行船の「遠野物語」のメルヘンがこの頃いいなあってまた思えるようになってきました。
母が他界し、あんべさんと仙台で再会してからかな。
すごく故郷が良いところい思えて来て・・・伴奏だけならやってみたい~。

そしたら、奇遇なことに、福岡のMumin Cllubも練習中だそうです。
リッキーさんも東京で

上手い!!!
https://www.facebook.com/anmitzuman/videos/vb.484636954885536/1116699038345988/?type=2&theater
そして盛岡の路上で若者が。「遠野物語」
時を越えて、全国で愛されてるんですね。


私は「イーハトーブの風」を唄ってます。

「本当のさいわいとは、何だろう・・・」
唄っていると太古から吹くイーハトーブの風に、カンパネルラの問いが優しく聞こえてきそうです。
宮沢賢治、グスコーブドリも銀河鉄道も悲劇ですが、美しい世界です。

この日、海風では、オフコース、八神純子、甲斐バンドを演奏しました。
さださんの「風に立つライオン」にもちょこっと挑戦。
来年はとっておきの音楽祭に出てみたいけど、まだまだとっても人前で演奏できるレベルじゃないんだよね。
ガンバル

またまた偶然にも、私がお店に入る前からこの日の海風のBGMはふきのとうが流れてて。
なんかとっても新鮮に聞こえました。知らない異国の音楽を聴いてるようで・・・・
懐かしいとかないんだよね。
この歌唄ってる人達は、遠い人達だなって、、、というか、この世にもあの世にもどこにも存在してない人に思えて・・・・
たまにしか見ないあんべさんや永遠に見ることのない天野さんはいつも側にいる感じなのにね。
同郷のせいか、近くにいた思い出があるからか・・・。

MMユニットの相方さんが「赤い傘」を唄いたいって。どれどれ、楽譜見てみますか。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/853-6e9a7645