ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

スポンサーサイト

Posted by ふざけおに on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細坪基佳LIVE2015in小樽~キャバレー現代化するライブ~

Posted by ふざけおに on   13 comments   0 trackback

企画展
小樽近代文学館にて
先週からの夏風邪で体調不良の中、小樽行きを決めたのは、細坪さんのお父様のお従兄様にあたる楢喜八さんの原画展が小樽文学館で開催されているから。
夜想曲Ⅱの愛らしくもユーモラスでどこか哀愁漂うイラスト世界にすっかり引き込まれてしまいました。それも子供らがみんな学校の怪談を愛読してて、おどろおどろしくもキモかわいい挿絵を書いた方だと知り、這ってでも行くぞという気概でフェリーに乗り込んだ私、その甲斐あって、楢喜八さんの作品世界を堪能できました。
著名な筒井康隆、阿刀田高、かんべむさし、星新一ら新進気鋭の現代作家作品の挿絵は、鋭いものがありました。眉村卓は私の青春のバイブルでしたよ。
原画は水木しげるさんの世界を彷彿させられますが、学校の怪談等のホラー系だけでなく、現代社会の不条理をダークにかつユーモラスに描き出す鋭利なセンスは、傑作「青空」を世に出したソングライター細坪さんのダークファンタジー&ヰタセクスアリス系に通じるような異彩を放っていて、さすが血は争えないなあって。
10968004_2166977263_48large.jpg

10968004_2166977262_177large.jpg
魯迅の阿Q正伝舞台のポスター、愚鈍な大衆の悲哀がこの表情に描き出されてますよね~
また小樽の文学館の常設展、小林多喜二の蟹工船に圧倒されつつ、北海道と郷土岩手をつなぐ一握の砂、石川啄木も、NSPとふきのとうと同じように私の心にある青春の原風景であることに気付かされました。
心優しいきめ細やかな心遣いの北海道のツボ友ふき友の皆さんとの海を越えた出会いが嬉しくて、また小樽の運河と文学館に行きたいです。
10968004_2166977092_237large.jpg


さて以下細坪さんの小樽ゴールドストーンライブのネタバレ感想です。
小樽ライブ

セットリスト
1思い出通り雨  2初恋  3紫陽花  4赤い傘  5初夏
6サヨナラ  7ガス塔    
8旧友  9人生のかほり 10クロスロード
11あの日のように  12セクシー  
13やさしさとして想い出として  14夢のかけら
アンコール
15白い冬  16風来坊

○雨の小樽
レトロな街並み小樽に黄金の雨竜が舞い降りたのでしょうか。梅雨はないはずの北海道ですが、赤い傘、ガス燈、紫陽花の情景にえもいわれぬ程似つかわしい雨の日でした。
そう言われれば、名曲「ステーション」の元曲も雨の小樽・・・、誰かがどこかで泣いているような気がするのは、私が柄にもなく鬱気分でセンチなだけかもしれません。

この日の細坪さん、表情がとても美しく豊かで、初夏の主旋律を歌う久保田さんのハモリの音量も大きくて、いつになくハモリに迫力ありました。
終盤、あの日のように、セクシー、やさしさとして想い出として、バラード3曲は最高潮を感じさせ、うっとり無我の境地で歌の世界に揺られてました。

○気になるキャスター
前回の札幌ライブに続き、小樽でもおもてなしてくれるあけみさん。辛いこと悲しいこと微塵も表に出さない明るい笑顔と細やかな気遣いと手作りのスィーツと転ばぬ先の杖、備えあれば憂いなしの永遠のお嬢様です。今回はメンバー全員分の個性の合わせた扇子とペンライトを用意し、それぞれに渡されました。私だけ、ペンライトがライトセーバー並に長い。おにさんには私設応援団長をお願いしますvvと屈託ない笑顔。こんなでかい光もの与えられたら、スターウォーズフリークのアタシ、変身しちゃうわよお。みんなツレだと思われて恥ずかしくて後悔しても知らないよ~。そしたらみんなその恥に耐える覚悟で参戦とのこと。
その期待に応えるべくライトセーバーフリフリ茶色い声援頑張りました。
遠慮してかそんなに前の方の席でなかったので、多分細坪さんには聞こえてなかったでしょうけど、あけみさんも本当に一生懸命地元ライブを盛り上げようと鋭いツッコミ面白いリアクション入れてたんですよ~
あけみさん、2年置き3度目の小樽ライブ、今回が1番盛り上がったって言ってくれてうれしかったです。
新潟でご一緒した時はチェリーさんすごく大人しいかと思ったら、今回は大歓声上げてました。30代の彼女、細坪さんおっかけ最年少でしょう。
実はあけみさんもチェリーさんも「気になるパンプキン」で、週一回の生演奏歌う細坪さんを見てとんでもなく歌の上手いキャスターがいるんだーって驚いたんだとか。つまりふきのとう時代の細坪さんを知らないニューエイジファンなんですよ~。ふきのとう時代の化石ファンもソロ曲好きだし、新世代のソロファンもふきのとう曲好きだし、新旧・グループソロ・ファン垣根無く一緒に細坪さんの音楽を楽しめるライブは本当にうれしいです。

○キャバレー「現代」化するファン
この日、2度、ルックスも劣化したとやや自嘲気味に語る細坪様。あらま、美人ファンの視線が気になったからでしょうかね
けれど、外見の老化に反し心はあの頃より輝いていると優しく語られると、老いを素直に受け入れられそうで穏やかな気持ちになれます。
かつて小樽に「現代」という平均65才のホステスの名物キャバレーがあったとか。
我々ツボファンの平均年齢65才も間近ですね~、それもまた楽しからずや。細坪様が元気に唄われる限り、老いてなお共に、心のままにセクシー♪

○初夏
このツアーで、雨の曲歌い終わると次は「初夏」ですと語る細坪様。ずっと気になってるんですけど・・・・・細坪さん、「初夏」とは梅雨入りの前の5月のことを言うんです。梅雨は夏そのもので、明けたら「.真夏」です。
と、同行した北海道民6人に力説したら全員に否定されました。
5月は「春」でまだ寒いの!6,7月が初夏なんだと。細坪さんの感覚は極めて道民的に正しいと。
でもだとするなら、本州の梅雨の時期が初夏なので、本州「梅雨」=北海道「初夏」
梅雨が明けたら初夏ってのはやっぱりおかしいような・・・
北海道の歳時記は、大和朝廷の歳時記とは違う、その違いを確かめあえるから北国の叙情派フォークは風情があるんですよね。

○解決ふきのとう学歴ミステリー
細坪さん、北海道大学を試験会場とした京都の私立大を受験したんだそうです。北大を受けたわけでないのね。なるほど~。とんぼさんは京都産業大学と予想。私は立命館かなって・・・・ないか(^^;。

○中村サイン偽造事件
私の記憶が正しければ79年~81年の間のことです。
私、同じ話を天野さんから確かに聞きましたよ~。
天野さんの話だと、そのファンの子が、天野さん平賀さんからサインをもらった後、細坪さんに色紙を渡したので、細坪さんがクールに顔色ひとつ変えず受け取り「中村貴之」と平然とサインしたんだって話で、天野さんは細坪さんの咄嗟の行動にあんぐりしたって話だったようなw
細坪さん、咄嗟に他人のサインを思いつく器用な人なんだーって、驚いた記憶ありますもん。

○さようなら、サヨナラ、さよなら、白い冬
NSP、ふきのとう、オフコース、ちゃんとタイトル3つとも違うんです。3つのグループファンだった私はきちんと頭入ってるので、NSP以外は「う」抜きでないと違和感あります。
若い頃はNSPの「さようなら」に一番感情移入してました。サヨナラはとっとと別れたい捨てたい愛、さよならは、泣いてるのは彼女で自分ではないんだよね~。
でもなんでか今は一番世間の認知度低そうなそんな悲恋でもなさそうな「サヨナラ」に痛みを感じ、感情移入している自分が不思議です。

○ギタータコ
うたごえ喫茶時代のことを語る細坪様。山木さん藤田さんの横でタンバリン鳴らしてたのが、ギターを弾く必要に迫られ、それから必死に努力し、40年経った今もやすりで削るほどギタータコ作っても、上手くならないね~俺の努力が足りないわけじゃないんだとしみじみ。
そりゃあ世が世なら、細坪さんほど歌上手い人は、歌に専念して楽器弾かないよね、普通。
たまたまシンガーソングライターブームという時代にいてしまったからでしょう。
私は伴奏はプロにまかせて歌唱に専念してもいいと思うんですが・・・ギター持ってるとかっこいいってのもあるんで、たまにギター持つ程度にしては?
人間得意不得意はあって、得意な分野を役割分担した方がクオリティ高いものが出来るわけで・・・・。
おそらくこの世界で最も日本語の「い」音を美しく歌われてそうな細坪さんの横で、18年その発音を聴いていながら、「い」と「え」の中間音40年東北訛りのままの山木さんの発音聞いてると、人それぞれ能力に得意不得意があるんだなって改めて思うのでした。
あんべさんが東北訛りは「い」と「え」の中間音は特徴で、仙台で暮らすうちに治らなくなったと仰ってましたが、山木さんの場合札幌・東京・鹿児島で暮らしてるのに、周囲の違う発音に感化されることなかったんだから、ある意味すごい@@;。

○ペインロード
ここ3年おっかけしながら気付いてることなんですが・・・・
細坪さん、「クロスロード」歌う時、「グッドタイムミュージック」や「VISION OF DREAMS」を歌う時と表情違うんだよね。
スリハンであれだけ明るい表情で「めぐりあいはすべてを越えて」を歌う方なので、前向きな等身大のご自身の生き方を歌う「クロスロード」でも会場が盛り上がったら笑顔がこぼれるかと思ったら。。。。スタンディングでペンライト振って手拍子して、一生懸命笑顔を誘っても、歌い終わるまで決して険しい堅い表情を変えないんです。歌い終わったら、満面の笑みで「ありがとう」と顔くしゃくしゃにして答えてくれますが・・・
曲調に合わせてこれだけ表情豊かに歌われる方なので、おそらくクロスロードは細坪さんにとって、交差点で別れていく痛みのある曲なんだろうと想像しますが。。。
考えすぎでしょうか。

○Love&Peace
アンコールのMCで、隣国との緊張が高まる世相を憂えてか、争いのない世界を願うと仰ったら、会場の一人の女性が立ち上がって「イマジンを歌って欲しいんです」とリクエスト。続いて「イムジン河をお願いします」との場内の声。
細坪さん、「へえええそうなんだ」と人ごとみたいに感嘆されてました。恐らく大概リクエストというと、甘いラブソングかふきのとうの代表曲を想定しておられるので、思想色強いメッセージソングを所望されたことが意外だったんでしょう。
時代が求める音楽って多様だから、いろいろな切り口で歌って来た細坪さんの音楽は、広く世相を反映した大衆のニーズに答えることができるのかもしれません。
いつか、「明日への扉」「誰のために」「イマジン」「イムジン河」「Just Hold on Love」あたりのメッセージソング中心にラブソング抜きのマニアックライブも観てみたい気もします。
そう、音楽はLove&Peace。みんなが仲良く未来を生きたいものです。

年齢なんか気にしないで、夢をもとうよと。
細坪様は、あと2年カルビを食べ続けられるのが夢だと笑いをとっておいででしたが・・・今私はおっかけという夢を生きてるんですよね~。
本当のところ、ライブ始まるまで夏風邪で調子悪く、憂鬱な気分でしたが、ライブ終わった途端頭痛も腹痛も鼻水も止まり、嘘のように体が軽くなって元気になった私です。
身も心も軽くなったし、よしまた世界征服の野望に燃えるぞおおおお!!(←バカ)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

ひぃ says... ""
世界征服の野望に燃える お方 大好きですよ➚ それからワタシは毎回国語のお勉強です!?あぁ神様.細坪様~ワタシはいつその会場の世界感に浸れますか?(いや、臨場感あふれるその場の風景が...感情移入してその場に居た気分ではありますが...)
2015.07.26 09:35 | URL | #mQop/nM. [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.07.31 08:45 | | # [edit]
ふざけおに says... "ひぃちゃんさんへ"
> あぁ神様.細坪様~

有り難いご尊顔を拝しに、いえ、神様のように上手い歌を聴きに、またご一緒しましょう。
少しは落ち着かれましたか?
来月はきっと!
帰り運転お願いするかも。
2015.07.31 11:39 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "Mさんへ"
コメントありがとうございました。
どこかの会場でお会いしてるかもしれませんね。

私はデブで垢抜けない地味な痛いおばちゃんです。
ライブ中茶色い声で騒いでるのは私ですのでわかったらお声かけくださいね。

これからも是非コメント下さい。励みになります。
2015.07.31 11:44 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.07.31 22:16 | | # [edit]
ふざけおに says... "Re: ありがとうございます!"
コメントありがとうございます。

いろんなファンの方がいますが、みんな好きなものは同じですものね。
まあ、私のような変なファンはあんまりいないと思います。
おっかけも今だからできるって感じです。もう遅すぎたかもしれないですけどね。

これからも、宇宙人調査報告しますねw
またコメントくださいね。
2015.08.02 02:27 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.08.03 22:41 | | # [edit]
ふざけおに says... "Re: ふきのとう"

> ふきのとうのリーダーは山木さんですが、やっぱり「顔」というと細坪さんのような気がしますが…。
この部分についてだけ返信しておきます。
天野さんがNSPの顔なら、ふきのとうは山木さん細坪さん二人でふきのとうの「顔」と言うのが、正確なたとえでしょう。
アシュラ男爵状態ですよねw

ちなみにふきのとうがデビューしてから人気絶頂あった80年代前半までは、山木さんの方が人気あったのご存じですか?
ファンクラブの会報の人気投票ご覧になったことありますか?
山木さんはリーダーでしたから、解散するまでメディアの取材には山木さんが答えてましたし、もちろんグループのプロデュースをされていたのも山木さんです。
なのでNSPと天野さんと同じ「顔」というなら、どちらかといえば近い立場なのは山木さんでは?天野さんはヴォーカリストよりソングライターとして評価されてる方です。
スリハンにおいて、天野さんの作詞作曲を神格化するのであれば、ふきのとうにおいては作詞作曲した山木さんが評価されて当然だと思いますよ。ふきのとうの代表曲の著作権者は山木さんなのに、
まるで山木さんの存在がないような話を公然としたら、ふきのとうの曲みんな細坪さんが作詞作曲もしてると勘違いされかねなくて、著作者に訴えられるようなことはしない方が無難です。
山木さんと細坪さんの間に感謝は双方向にあって然るべくだというのはその通りですが、NSPの二人は細坪さん山木さん両方に感謝があって然るべくですよね。
アイドル歌手が唄ってこそ歌謡曲はヒットしますが、アイドル歌手は作詞作曲家大先生に感謝し、失礼のないよう大変気を遣ってるものです。
クラシック演奏会だって、演奏者は作曲家に大変な思い入れがあり曲を理解しようとするものです。
役者さんは、脚本家監督さんの意向に添って演じてるものです。
細坪さんの歌唱が素晴らしいから私は、ずっと細坪さんの大ファンですが、その私から見てもふきのとうの音楽は、山木さんが作り上げた脚本(曲)を細坪さんが演じた世界だと思ってます。


2015.08.04 01:32 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.08.04 05:57 | | # [edit]
ふざけおに says... "Re: ありがとうございました!"
> 早々に御丁寧な返信コメント頂き恐縮です!
いえいえ、こちらこそ、説明の機会を得て助かりました。きっとMさんのように思ってる方たくさん
いらっしゃると思うので。
やや過激な流れになっちゃってますが、本音トークもたまにはいいということで
http://fuzakeoni.bbs.fc2.com
こちらをご覧になって頂けるといいかもです。
是非こちらでご意見書き込みしてくださいね。
NSPファンもふきのとうファンもご本人達もみんな仲良くLOVE&PIACEで
余生を楽しみましょう!!

もちろんこちらにもまたコメントご意見お寄せくださいね。よろしくですv-17
一緒に宇宙人の謎に迫りましょう!(バカ)
2015.08.04 10:49 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "追記"

>私自身当時歌詞カード見て、「え~、山木さんが作ってるんだ~」って意外でしたから。
> あと全く余談ですが、初めてふきのとうの写真見た時は、山木さんをメインで歌ってる細坪さんだろうと勝手に思い込みました。

あはは、私の場合、平凡や明星の歌本を熱心に見て、知ってる曲口ずさんでいたので「風来坊」の作詞作曲山木さんの名前見て、
唄ってるのも山木さんだろうと。チューリップの財津さんとかオフコースの小田さんとかグレープのさださんとかと同じで、作詞作曲してる人が唄っててリーダーなんだろうって。
なので私の場合、確かテレビで見た時、細坪さんを山木さんだと勘違いしてました。
ルックスは山木さんがかっこよいから人気あったと思いますが、私の好みは断然、細坪さんでしたよ。だってめちゃくちゃかわいい~v-10

2015.08.04 10:59 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.08.04 20:16 | | # [edit]
ふざけおに says... "Re: 細坪さんについていきます"
>やっぱり歌ってる人が作詞作曲されてるイメージってありますよね?
それはイメージであって正しくないです。実際作詞作曲した方は別の人ですから。
それに私の場合、唄ってる人が作ってるイメージでなく、作った人が唄っているというイメージなので違うようなw
当時シンガーソングライターブームでしたので、あの時代は歌唱力より、既存の大衆作曲家でない人が曲を作ることにアーティストの価値があったので、作った人が「顔」だったのは、財津さんと姫野さんの関係でもわかりますよね。
ましてテレビに出ないアーティストは「顔」わかりませんからw天野さんがグループの顔として評価されたのは歌唱力ではなく、優れた作詞家でグループのリーダーだったからだと思います。

>細坪さんがずっと歌い続けて下さることを願い感謝しつつ、細坪さんが選んだ道を信じてついていくだけです♪細坪さんはご自身がワクワクされる道を歩んでいかれることでしょう…

そういうファンの方が細坪さんにとってうれしいファンだと思いますよ~。
細坪さんはもう一度武道館でやるのが夢だって仰ってました。「望み」を叶えてあげられるよう、
これからも一緒に宇宙人を応援しましょうね~。v-17
2015.08.05 00:55 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/857-ac08d816
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。