ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

スポンサーサイト

Posted by ふざけおに on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWとガンダム

Posted by ふざけおに on   8 comments   0 trackback

EP3.jpg

SWEP3のマスコミ向け試写会が行われたそうです。
待ちに待ったSW最後の作品ですが、これで終わると思うと一時代の終焉を感じて寂しい気持ちになります。
私がHPを始めた年にEP2が公開になったのですが、あれからもう3年が経ったんですね。(もともと映画の感想はSWEP2から始まったんです。)
最後なんだし、この夏は思いっきり盛り上がりたいです!でも、今回ヘイデン来日しないのか・・・;
とにかくなるたけ白紙の状態で見たいし、ネタバレは絶対見たくないので、雑誌もネットも気をつけてる毎日です。
画像の小説は1号が買った本で1号が読んでますが、私は全く開いてません。だって、やっぱり映像で知りたいもん。全てを。
今回はダークサイドに転落するアナキン以上に、師であるオビワンの苦悩を思うと胸が痛みます。ああ。早く見たいです。先行上映行くつもりです。

そしてその前に、今月28日、Zガンダム第1部が劇場公開になります。富野氏の作品をスクリーンで見るのは、実に「逆襲のシャア」以来です。10何年ぶり。素直にうれしいです。
最近のアニメ特撮を見て、つくづく思う当時の富野作品の優れたところ。それも、年食ったからわかるんですけど。
各世代の価値観、ものの見方が、非常にリアルであることです。自分に近い年代のもののとらえ方はわかるものですが、異年代のとなると、そこに深い人間観察眼がないと描けないものだと思うんです。
私はファーストガンダムとイデオンが一番印象あるんですが、子供から老人まで、実に生き生きと描かれていたことを思い出します。
保守的で状況の変化に対応する余力がない無気力な老人、分別があるが自分の限界を知り次世代に期待を抱く壮年層、苦悩しながら生き延びる道を探す青年層、思春期の苦悩を抱える少年層、そして無邪気で純粋な小さい子供達。結局、過酷な状況の中にあっても、無邪気で純粋な幼い魂が、宇宙時代の人類の希望だと感じさせる話だったんですが、考えてみるとそれって、人間の生物としての普遍的な営みだと感じます。ああいう悲劇の中にあっても、常に次世代を慈しむ視点があったことを思い出しました。
決して若者の視点だけで描かれたアニメでないから、いくつになってもその年代その年代の人物の心情に共感できるんだと思います。また、当時あまりピンと来てなかった過ぎ去りし頃の自分、子供を持ってやっとわかった柔軟な幼児期児童期の特質をもちゃんと描かれていることを見いだし、改めて驚きを禁じ得ません。
優れた文学作品には、子供の頃、思春期、青年期、壮年期、老年期、5度に渡って読んだ時、それぞれ違う視点で発見する人間の心情、生き様があるものですが、それは富野作品にも共通する重厚さだと思っています。

SWもまた、EP1のあどけない善良なアナキンが成長して、思春期青年期の挫折や葛藤から、闇に転落していくのです。老人ヨーダと壮年期のオビワンは保守的なため、新しい感性の彼を導くことに失敗したかに思われます。けれど、そのアナキンの愛が生んだ次世代が、人類の希望となる話です。
SWもガンダムも、どこか通じるものがあると感じる今日この頃です。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

れもん says... "こんばんは^^"
>SWもガンダムも、どこか通じるものがあると感じる今日この頃です。

ガンダムは、SWに影響されて(マネ?)製作され
(サーベルや、シャアのヘルメット&仮面など)
そのあとのSWのメカは、ガンダムに影響され(マネ返し?)作られています^^;

ルーカス監督&富野監督は、だいぶ意識してるみたいですよ。
ちょっと、業界のタブー話みたいなんです^^;
2005.06.01 01:06 | URL | #EvmDRqhQ [edit]
れもん says... "追記です^^;"

わたしのいちばん好きな富野作品は、「イデオン」なんです。
暗くて、マイナーですけど

強いけど、心が通じないと言う事を聞いてくれないマシン(イデオン)が好きです。
デザインのかっこ悪いとこが、カッコいいです^^;
2005.06.01 01:12 | URL | #EvmDRqhQ [edit]
ふざけおに says... "れもんさんへ"
たくさんコメント頂きまして、うれしいです~
>ルーカス監督&富野監督は、だいぶ意識してるみたいですよ
ええ?!!逆は存じてましたが、ルーカス監督が、ガンダム見たことあるんですか??すごいびっくり、のけぞりましたわ。
業界のタブー話??教えて下さってありがとうございました。言われれば、SWのメカって、イデオンに出てくるウォーカーマシーンみたいなのに酷似してますよね。
私はSW、ガンダムとも、主人公が父性を越えて成熟していく姿が好きでした。

>イデオン
はいはい。私も、イデオンが一番好きでした。イデオンの映画見て、富野作品にはまりまして、生まれて初めて買ったセルビデオはイデオンでした。1万円くらいしたので、当時の学生の身分では、法外に高いものでしたが、今でも宝物です。メカもイデオンの方がずっと好きでしたが、富野氏が当時「イデオンは失敗作」とよ良く口にされたので、乙女心にえらい辛かったです;大まじめにこれを好きな私って変かなって、悩みましたよ(笑)。
めぐりあい宇宙、イデオン、ザブングル、この3作同時に作ってた頃の富野さんのパワーは凄かったし、バランス感覚も優れた傑作ばかりだと思います。
2005.06.02 14:45 | URL | #mQop/nM. [edit]
ふざけおに says... "れもんさんへ追記"
巨神様、私は比類なくかっこいいと思うんですけど(^^;
メカに詳しくなくてすみません(汗汗)。
2005.06.02 14:47 | URL | #- [edit]
れもん says... "ふざけおにさんへ"

>巨神様、私は比類なくかっこいいと思うんですけど(^^;

わたしもカッコイイと思ってるんです^^
当時、プラモデルではガンダムにくらべ「カッコ悪い」ということで
あまり売れなかったのです。

わたしたち、少数派ですね^^;


>業界のタブー話

中には、ガンダムだけ、SWだけのファンもいて
この話題になると「盗作」論争が起こるんですよね^^;
両監督同士は、意外とリスペクトし合ってます。

10年前、ハリウッド(たしかルーカスのSFXスタジオ)で
ガンダム実写版化の話があったんですが
折り合いがつかなかったので、実現されませんでした^^;
2005.06.03 04:17 | URL | #EvmDRqhQ [edit]
ふざけおに says... ">れもんさんへ"
ああ、反目しあうファンもいるんですか。なるほど~。
でも両監督同士がリスぺクトし合ってると思うと、私は素直にうれしいです。

>ガンダム実写
あれ?数年前、実写になったのではなかったでしょうか?ルーカスではなかったですけどね。
惜しいですねえ。ルーカスはSWばかり作ってられないと言って、レイダースの新作を作るらしいですが、富野監督もイデオン接触編から作り直してくれないですかねえ;;
噂によると、Z後の次回作はリーンの翼だとか。特攻隊の迫水の話も興味あります。
2005.06.03 22:10 | URL | #- [edit]
れもん says... "ふざけおにさんへ"

ボツっちゃったのは、ファースト・ガンダムの実写化だったんです^^;
それも、ルーカス関係で・・・・。

実写化されたのは、くやしまぎれのバンダイ製作の未来ストーリだったと思います。
2005.06.03 23:36 | URL | #EvmDRqhQ [edit]
ふざけおに says... "れもんさんへ"
へー@@、ルーカスがファーストガンダムを気に入ってくれたんですか?
それはすごいです。

>くやしまぎれ
だったんですか(笑)

2005.06.04 21:14 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/86-7da7d0e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。