ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

スポンサーサイト

Posted by ふざけおに on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木康博ソロライブ2015「この先の道」REVENGE in秋田

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

この先の道

マイミクのKさんのつぶやきで知った鈴木康博さんの一旦延期になった秋田ライブ。大間ジローさんがゲストとあってちょっと無理してでも行って良かったです。
鈴木さんの歌唱にぴったり合った流暢なギター、ギターも声帯と同じく本人の身体のような全く負荷のない自然な演奏、特に長い指一本一本の繊細なタッチが伝わってくるスリーフィンガーにうっとりでした。今やピックで弾く人多いですが、指でないとこの繊細で優雅な音色は出ないように思います。
鈴木さんのフォークシンガーとしての心がアコギの弦そのもののようで、優しく響いていました。
また元オフコースメンバーの大間さんとの合奏も懐かしく、胸にこみ上げるものがありました
3.jpg
会場の楽市というお店、とても美味しいところらしいです。この日はゆったり飲食しながらのライブ鑑賞だったので、車で来たので飲めないのが悔しい。 県外から鈴木さんマニアの方々もかけつけて、場内異様な盛り上がりでした。こんな風に私の青春期、一時代の頂点にあったオフコースのお二人を目前にこんな風に気軽にその音楽を楽しめるなんて
この日、鈴木さんの音楽が好きという思いを共有するってだけで、初対面の知らない同志も和気藹々、最初から最後までハイテンションで突っ走っるだけ、楽市の夜を越えて、一夜のYASSさんショーへ!!
2.jpg

以下ネタバレあります。

セットリスト(違ってたらごめんなさい)
1転がる石に苔は生えない 
2ロンド 3もう花はいらない 4Birthday 5夕山風
6Yours  7光りある日々 

8フォークソングバー  9スポーツっていいな  10コンピューター
11楽しく歌えば  12家へお帰り  13Lyra
14I realy Love You 15オレのこれから  16この先の道
アンコール
17青春  18一億の夜をこえて 19いくつもの星の下で
4.jpg

○OFFCOURSE ㊙ EPISODE VI 「 REVENGE OF YASS 」
7月に予定されていたライブ延期の理由は鈴木さんの喉の不調だったそうです。御年67才(細坪さんは69才と紹介してましたが^^;)。
とってもお元気に見えますが、長年歌っていればお疲れの時は声が出しにくくなることもあるでしょうから、ご無理はいけませんよね(。>ω<。)ノ。
もちろんこの日は不調を感じさせない勢いがありました。
やる方は前回の穴を埋めたい、見る方は鈴木さんの奮起を後押ししたい、双方向の心理が働いてたいたからでしょう。私も応援したい一心で駆けつけた甲斐がありましたよ
ところで、スターウォーズフリークの私としてはですね~、ダースベーダー誕生みたいな復讐を意味するダークなリベンジという語より(子ブッシュが9.11の時流行らせた言葉ですよね)、ここはRETURN OF  YASS、<帰還>の方がクリーンな鈴木さんにふさわしいかなって。
とかいいつつ、大間さんとのちょいダークなオフコース○禁エピソードも面白かったです。(´∀`σ)σ
出来れば今度、あんべさんの花巻温泉事件を解説して下さいw

○フォークソングバーで楽しく歌えば
「この先の道」というニューアルバムをひっさげてのライブ。なので2部は私にとっては新曲のオンパレードでした。
MCで印象あった「コンピュータ」理工系のエキスパートだった鈴木さん、コンピューターに興味失い音楽を選んだのに、今やコンピュータが音楽の最良のツールになってることを感慨深く思うようです。
谷山さん提供の2曲。ああ、谷山さんのイメージする鈴木さんに納得ww(^ω^ ≡ ^ω^)
とか新曲については、次回のライブまでに歌詞が理解できるようにしっかり鑑賞しようと思います。
にしても、あら?鈴木さん、ここに来て急に大衆化したような・・
鈴木さん自身「え?」と言われるでしょうと紹介した「楽しく歌えば」ってこれ、こうせつさんとか中村さんのライブに来たかしら?って錯覚するほど、みんなで歌いましょう状態Σ(゚□゚(゚□゚*)。
「(たたた~)たたた~」「(ののんの~)のののんの~」「(しぃっしっししっし~)しぃっしっしし~」た~の~し~ですかい?!
これはないなってww思わず鈴木さん、頭大丈夫ですか??Σ(゚д゚|||)おでこに手を当てたくなったりwwIQ高い人の考えることは凡人には理解不能だわ~
なーんて、鈴木さんにはオフコース!!ちゃんとした理由があるのです。
全国にフォークソングバーが増殖してて、ギター弾き語りに憧れた世代が青春を懐かしんでる世相にあって、自分の曲があまり歌われないことを憂慮してるそうです。
そりゃそうだわ。。鈴木さんのコードは難し過ぎ~○| ̄|_
新アルバムはフォーク酒場でギター片手のB層の目線に合わせてくれてうれしいですね(=∀=)
初聴きで輪唱出来たら、ちょっと褒められました。伊達にこうせつさんに鍛えられてませんのよ(^^)。但し日本語に限る!( ̄^ ̄)ゞ
この手の曲はあんべさん才能ありますよ~「とべとべとんだー!」
一度依頼してみては?
ちなみにあんべさん曰わく、鈴木さんから作詞依頼された曲は難しすぎて、詞をつけられなかったそうですorz...

○やれるものならやってみな
鈴木さんはオフコースのアレンジをした頃、素人が「弾けるものなら弾いてみな、ハモれるものならハモってみな」というプロの意地があったそうです。
そしたら陽水さんや拓郎さんNSPはよくコピーされるのに、オフコースはしてもらえないと今になって少し悔やしい気持ちになるんだとか
鈴木さんのファンって、ギター好きの男性ファンが多いので、その層に優しい音楽を発信してみたいのでしょうね。「罪と罰」の秀才ラスコーリニコフも最後は大衆の中に降りて来たもんね
でも難しいからこそ鈴木さんの曲に挑戦してみたいのもファン心理。会場においでになった方達に、大間さんも認めるオフコースマニアのカバーバンドの方がいらっしゃってて、「一億の夜」を勝手にハモってましたw
全然レベル違い、下手くそですが、私もヨンタナさんという鈴木ファンと一緒にやってます。去年鈴木さんのライブ後、「SAVE THE LOVE」をやってみたいという一念に取り憑かれたのよね~、ま、やっぱり私らには無理ぽorz...
よしここはソロ曲をカヴァーして、ちょっとマニア度高めたいなって頑張りました。
これ、耳コピコード合ってますか?


○さよなら
最近細坪さんのライブで毎回話題になる「さよなら」、このライブでも話題にw
大衆は女々しいものが好きなんですよ~。それに、女々しさはNSPのバースデーの比じゃないし。男は男らしく、女は泣いて待つだけみたいな演歌調の封建的男女感がないのが、オフコース、ふきのとう、NSPが好きな理由です。
って個人的には小田さんの「さよなら」は、別れに泣いてる彼女を冷静に観察する男の冷淡さを感じてあまり好きでないかも・・・「愛を止めないで」の方が好きです。この名アレンジは鈴木さんさすがですよね~。
それと「さよなら」聴くと、NSPファンだった私は胸にちくりと来るのよね(T_T)。
最初にこの曲ラジオで聴いた瞬間、大間さんと同じく「これはブレイクする」と確信したし、NSPの「さようなら」がこの曲に上書きされ影が薄くなるなって。叙情派フォークの時代からニューミュージックと言われる、より都会的なポップな時代到来を痛感したものです。
NSPが時代から取り残されていくような敗北を感じた瞬間でした・・・・。NSPファンになりそうだった岩手のティーンがみんなオフコースに( ノД`)。。。。あの特は悔しかったよねえ<天野さん

○Goodbye 青春
そのNSPの「Birthday」を歌ってるせいでしょうか。鈴木さん、フォークソングバーで良く歌われるアーティストとして「拓郎・陽水・NSP」と上げられました。天野さん、良かったねヽ(≧∀≦)ノ。
私の向かいの席の人が三度「ふきのとう」と叫んでて(私じゃないよ)、思わずその方に向かって「ふきのとう、いいですよね」というと、「とんぼちゃんもね!」と。そうだよね~とんぼちゃんは、秋田出身ですよ。それこそ松尾さんの先輩では??
ふきのとうやとんぼちゃんは元オフコースのお二人は話題にしたくないのかアウトオブ眼中のグループなのか(泣笑)
青春の輝かしい象徴だったオフコース、青春の全てを捧げたNSP、青春中退Off Courseなふきのとう、、、
アンコールで「さようなら~若者よ」と歌われた時、30年以上全く聴いてなかったのに、さっと脳内を流れる歌詞。青い時の心情。
さようなら、青春よ~、サヨナラ~、さよなら~♪
自分の中では不思議な縁を感じてます。

ABC.jpg
○ABC
大間さん、秋田という地で音楽活動を精力的にされてるのですね。現在、IYATAKA&大間ジロー絆ライブというプロジェクトで東日本大震災の復興支援活動をされてるそうです。あんべさんが仙台にいることを十数年知らなかったくらいですから、知りませんでした。今後は、大間さんの情報もちゃんとチェックしていおきたいです。
アンコール登場の時、鈴木さん、大間さんが泣いておられるのに私は気付いてまして、何かこみ上げるものがあったのでしょう。
このライブの感動は、実は大間さんが鈴木康博さんがいかにすごい音楽家であるか、大間さんは良く知っていて、師と仰ぐ敬愛っぷりが熱かったことにありました。
だからオフコースブレイクの立役者である鈴木さんがすごい音楽的才能のある人だってたくさんの人に再認知してもらいたい忸怩たる思いと、今の気負わず等身大の生き方を歌う姿の清々しさとがないまぜになって・・・
でも優しい笑顔で等身大の「今」を歌ってくれてると、私はそれを知ってるからいいって誇らしい気持ちになります。
そしてABCの3人も私にとって青春の1ページ。松尾さんの生声、聴きたいです。
そしたら秋田ライブと細坪さんのライブぶつかってました。淋しそうな目をされた大間さんが目に浮かびます。
息子が秋田県にお世話になっておりますので機会があったらなるたけ出かけますね。NSPファンの方から秋田は土地柄、コンサート行く習慣のない地域と聞いております。秋田がオフコース、チューリップを支えたメンバーを排出したことを思えば、もっともっとその頃の音楽で人びとの絆を強めたいですよね。(自殺率1位を争う岩手と秋田ですから)またあんべさんともやって下さいね。(ってこんなところ見てないからーー;)

以下余談
○3曲程と言ったら?
3曲ほどオフコースやりますと仰ったので、4曲でもどうぞというと、もちろん「2曲です!」、さすがオフコース(爆)。このネタでバカ受けしたの、場内私だけでしょうww

○ロンド
2曲目、いろんな思いがこみ上げて来て・・・不覚にも泣いてしまいました;;
Kさんが、ロンドのカヴァーは細坪さんが良いって書いてたことを思い出した途端次から次へと・・・、「セピア色のOld time song」や「ロンド」のように、私の母も私もこんな良い理想的母親ではなかったこと、この日息子が連れてってくれたお店で食べた比内地鶏親子丼が妙に懐かしい味だったこと・・・・生まれて来て良かった、産んで良かった、そうは思えなかったイタタな自分・・・人はいつも昨日と連続する明日を無意識に選択していること・・・
とか、ライブ感想から離れるので、やめておきますが、鬼の手にも珍しくハンカチ必要でした。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/866-5b4366c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。