ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

仮面ライダー剣DVD10巻映像特典感想

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

仮面ライダー剣DVD10巻は、37~40話が収録されています。

37話はブレイドKフォームの影響で暴走したジョーカーを元に戻そうと、剣崎が奔走し、ついに新たな進化形態ワイルドカリスが誕生したのでした。38話では今度は剣崎が広瀬の陰謀でジョーカーになりかけ暴走したところを、始が止めます。剣崎と始、それぞれジョーカーのリスクを負いながら、共に人類のために新フォームで戦い続ける決意をしたのです。
31話からここまで、人間とジョーカーが戦う運命を乗り越えて、強い信頼関係が築かれていくブレイドらしい熱い展開続きでした。
39話、40話は、アンデッド解放の張本人、広瀬義人と娘である栞の悲しい親子の再会です。目の前のいる怪物は父なのか、父ではないのか?思い悩む栞。実は広瀬氏の正体は・・・・。
放送当時は雰囲気が寒々しくて(天候のせい?)どんよりした感じあまり好きではなかったんですが、今見返すと、不老不死を望む人間の愚かしさ悲しさを象徴的に描き、愛で結んだ良い話だと思います。
残る問題は、ボード理事長の野望打破と、スパイダーに支配されている睦月の救済、そして全アンデッド封印の先に何が待っているのか、、バトルファイトとは何なのか、悲劇の予感たっぷりに怒濤の終盤へと、この先向かうわけです。

さて、お楽しみの10巻特典インタビューは、椿隆之+江川有未+竹財輝之助の3人の対談でした。以下ネタバレありです。
1年間を振り返っての対談でしたので、撮影は全て終わった後なのでしょう。椿さんは10巻本編に比べ、ずいぶん痩せて一回り小柄になった感じがしますが(^^;、大役を終えほっとしたのか、剣崎的に惚れて欲しかった栞さんが目の前にいるからなのか、口なめらかでテンション高いです。
一方、2巻の対談の明るさから、どんどんどんよりムードが増していく竹財さんが対照的(笑)。
竹財さんは家主である虎太郎の活躍の場が少なかったことや、ボケ役を橘さんに持って行かれたのが不満なようで(笑)色々役柄に不満がありそうでしたが、1年間の思い出を振り返ると、つい涙ぐんでしまうようです。感受性が強い方なんですよね。
もう一人感受性が強そうなのは、天野浩成氏のようで。
富士急(遊園地?)のお化け屋敷で、腰抜かしてたとか(爆)目に見えるようでした。天野さんと竹財君の親交の深さが言葉の端々でわかります。
「江川さんにとってブレイドという作品はどういうものだったか?」という質問を言うのに既にかんでる椿さん(おいおい)
この質問が出たところで、ああいよいよ、白井牧場の愉快な3人はもう思い出になってるんだーって、夢から覚めたような気持ちになりました。まだ懐かしいという気持ちになれないほど、3人一緒にいるのが当たり前の雰囲気がすごく良い和気藹々のインタビューでした。
最後に椿さんは、人間が悪いことをしたのがショックだったと天王路に悩まされていたことを告白してました。それを語る目に、本気の悔しさがにじんでるのが印象的でした。
11巻、12巻で何を語ってくれるのか、楽しみです。
また今週末21日には、ミッシングエースのDC版が発売になるので、そっちも楽しみですね。
++++++++++++++++++++++++++++++

どうでもいいけど、牛乳の思い出
椿さんのNGのせいで竹財さんが牛乳飲む本数が増えて辛かったという話を聞く度、兄の中学1年の時の事件を思い出します。
風邪が大流行して、欠席がクラスの半分近く出た日、大量に給食が余ったんだそうです。そこで、兄と兄の友達が牛乳飲む競争したんだそうです。
兄が8本飲んだところで、相手は7本。苦しそうな顔をしてたので、兄はまだ飲めるのに、相手がかわいそうでやめたんだそうですが・・・。
次の日、その子が腹痛で学校を休んだのです@@;。「俺は何ともなかったのになあ」とちょっとバツが悪そうでした(^^;。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/87-407fc204