ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

鈴木康博ソロライブ2015「フォークソング・バー」シリーズin海風2Days

Posted by ふざけおに on   2 comments   0 trackback

康1
去年の11月からちょうど1年ぶりの鈴木さんの仙台海風ライブ2Daysでした。
初日は目に鮮やかな赤、二日目はオレンジ格子のシャツに、Gパン、スニーカーで登場。
ギターストラップ の舞妓さんの絵柄がアクセントになってました。
前回秋田楽座ではハイテンションマックスでしたが、今回はあまり突っ走らない、ニューアルバム「この先の道」全12曲網羅された新曲をじっくり聴かせてくれて、ギター好きの中高年にとても優しいライブでした。
こんな風に全国のフォークソングバーでギター1本で唄えるような、この年代の心情を繁栄した曲、ギターを生涯携える人生は送れなかったけれど、人生終盤はギターと共に余暇を楽しみたい元ギター小僧達に夢をくれる音楽もあることがとてもうれしく思えます。
yass2.jpgyass1.jpg

今回の新譜、うれしい自筆のコード付きです。さあ、全国のお父さん達、この複雑コードにチャレンジしましょう!

以下ネタバレ

セットリスト
1,I Realy Love You.  2,誇れる日  3,Lyra  
4,光ある日々 5,転がる石に苔は生えない 6,うちへお帰り
7,Birthday (天野滋) 8,魅せられて(ジュディ・オング)
9,楽しく唄えば  10,フォークソングバー
11,スポーツっていいな  12,コンピューター
13,空模様  14,この国のレベル 15,俺のこれから 
16,夜はふたりで   17,ランナウェイ
18、この先の道
アンコール
19,燃ゆる心ある限り 20,海辺に佇んで
21,一億の夜を越えて

前日は、8と16と17が無くて、ロンド、もう花はいらない(あと1曲あったかな??)
がエントリーされてたと思います。
康4

○フォークソングバー
アルバム収録曲でツアータイトルにもなってる「フォークソング・バー」。
フォーク酒場を名乗ってるところはたくさんありますが、バーと名乗ってるお店は海風と宮崎のフラワーだけのような・・・・その中でも二日連続でライブするのは海風だけ??
そうか!きっとこの曲とこのツアーは「海風」のためにあるんだわ。そうよそうよ!!(←勝手に思い込む人。→決して、騒々しいミーハーおばちゃん=私のためのライブではありませんorz....)
マイミクのKご夫妻わざわざ横須賀からおいでになられましたが、サイン会でギターの話をあれこれ、高齢のお父様に野球ボールにサインをもらって大変喜ばれてました。
今日初めていらした方のために頑張りますと鈴木さん。
是非フォークソングバーでギター弾いてるお父さん達に足を運んでもらいたいですね。
康2

○魅せられて
この日、まさかの「魅せられて」を唄われるとは@@;歌謡番組にジュディオングさんに呼ばれてお互いの曲をカヴァーする番組に出た時にこの曲を唄ったそうです。これってすごいレアなんじゃ・・

○燃ゆる心ある限り
この曲鈴木さんのソロ曲で初めてカヴァーした曲です。今のところ一押しだったので二日間アンコール1曲目に唄ってくれて感激でした。
男60バーションしか聞いたことなかったのですが、元歌詞は「男40」だったそうです。ちょうど企業戦士達が最前線から離脱し、再スタートを切る「男60」が詩的にかっこいいなあって個人的には思ってますが、3年後には歌詞が70になっちゃうんだそうです。ああああ。ちょっと拍子抜けですが、この際80、90、100まで聞かせて下さいね。
この曲の次は、「夕山風」が好き、その次は「時計台の下で」なんですがどちらも選外でした。
あと定番「いくつもの星の下で」は選外なのがちょっと寂しかったですが、「一億の夜を越えて」は、二日間ともオーラスだったので満足です。いつか仙台の地であんべさんとやってくれたらうれしいですね。
康5
いくつもの星の下で、楽譜は準備されてたんですね(^^)


○4号線の朝焼けは~海を越えて来る~♪
という、高橋研さんの青春ソングと逆パターンで横浜から仙台までウッドベース積んで通った定番の遠距離音楽活動ネタ。私は仙台に学生時代いただけなのに、なんだか自分のことのように懐かしい気持ちがするのが不思議。今はもう立て替えられて新しくなってるようですが、東北大の歴史を感じる川内の汚ないサークル棟が脳裏に蘇ってきました。小田さんのいるグリー部の部室に出入りしてたそうですが、鈴木さん自体は混声合唱とか嫌いだそうで、ママさんコーラスやってた私はなんかごめんなさい。。。orz..

○哀しい歌
天野さんの「Birthday」のような哀しい曲は書けない、哀しい曲を歌って哀しい気持ちにさせたら来てくれた人になんか悪いような気がするんだよねと言いつつ、天野さんのような哀しい歌も唄わないと、という鈴木さん。
鈴木さん、叶わぬ悲恋に絶望的な気持ちになったことなんかなさそうですもんね。
初めて、鈴木さんのソロライブを見た時の感想、思い出しました。
http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/blog-entry-746.html
秋空
15日、ライブ向かう前の秋の空、なんか「いいことあるさ」って言ってるみたい。
康6
関連記事
スポンサーサイト

Comment

ポメリー says... ""
いつも楽しく拝見してます。お陰で遠くて、絶対行けないところのライブもわかり有難うございます。
2015.12.13 11:53 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "Re: タイトルなし"
こちらこそ、一緒に行ってくれる人がいると遠くでも出かけようと思うものです。今後ともよろしくです。
2015.12.21 11:57 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/874-45759113