ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

★あんべ光俊WINTER SPECIAL LIVE ~ページェントで愛ましょう~

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

10968004_2191180583_40large.jpg

あんべ光俊さんの仙台クリスマスライブ行ってきました。場内、びっしり150人くらいでしょうか、男性の姿もかなりありました。
最前列の親衛隊?の皆様全員が、トナカイのカチューシャをされペンライトふりふり。
去年もそうでしたが、熱心な常連さんがいつも盛り上げアイテム持って来てくれて初対面の人まで巻き込んでの応援で、会場の一体感がうれしい仙台ライブです。あんべさんが好きな人は即みんな友達って感じが良いですよ~。
でも私、今年は出遅れたので、後方支援に回ることに・・・。あああん、私もあのトナカイの水玉角欲しかった~(バカ)
あんべさん、熱い声援にちょっと照れてらっしゃいましたが、熱い視線に見守られて、最近の曲も昔の曲も力いっぱい唄ってくれました。
彼はシンガーソングライターだからMCは凡人でも、言いたいことは歌で主張!!ですよねw
偉ぶったところがないので、とっても身近な人に感じられます。でも楽曲は素晴らしい。詩情豊かな岩手が生んだ天才です。だから近所のお兄さんにみたいに思っちゃ、恐れ多いですよね。
また今回、サポートに参加された桜田マコトさん。青森在住のシンガーソングライターで、大間ジローさんともユニットを組んでらっしゃるとか。シンセやピアノ、音色を変えての伴奏。いろんなことが出来るんだなあってとっても興味深く拝見しました。
伴奏もコーラスもあんべさんの音楽の世界に過不足なく忠実で、すごく安心して演奏を楽しめました。
tonakai.jpg

以下、セットリストです。
http://www.livefans.jp/events/572768 LIVE FANより
★あんべ光俊WINTER SPECIAL LIVE ~ページェントで愛ましょう~
2015.12.19(土) 仙台・テラスエル
01恋
02ハッピーアニバーサリー
03君が好き
04夜のしずく
05仙台で愛ましょう 
06少年の樹
07予定~宮城・岩手・福島に帰ったら~
08雪の帰り道
09いちゃりばちょうでぇ-おばあの唄
10短歌「かるかやと」「お母さん」「生きてあれば」
11青い大地に夢は始まる
12一億の夜を越えて
13君の街では雪は降っているかい
14冷たい夜に抱きしめて
15力は無限大
16kizuna伝心
17ロングラン
18遠野物語
E1星の旅 E2ファイティングロード(リクエスト) E3トビウオ
F1世界の窓へXmas F2ありがとさよならまた会う日まで

○予定、岩手に帰ったら
おだつもっこになりたいというあんべさん。この夜はあんべさんもファンも十分おだづもっこだったようなw
岩手に帰らなくても帰ってもいつも応援してるというフレーズ聞く度じーんと来ます。
私は岩手に25年、宮城に26年で、今年で宮城住まいが長くなりました。
女子高生時代、遠野でお目にかかったあんべさんと30年ぶりに仙台で再会して、やっと故郷の美しさがわかった気がしました。

○仙台で逢いましょう♪
あんべさんは仙台に来て16年になるそうです。仙台近郊に来て、私は10年目にして、初めてじっくり見た仙台光のページェント、とっても綺麗でした。
遠野物語から来年で40年だそうです。仙台で作った平成の曲もたくさんあって、新しい曲もたくさんの人に親しまれて・・・・あんべさん、幸せなアーティストだなって思います。
「仙台に来て本当に良かった」とあんべさん。光のページェントよりも輝いてみえました。

○ロングラン
あんべさんというと「雪の日のひとりごと」や「そして誰もいなくなった」の行き場なくした沈鬱さが好きで、ラブソングというとイメージ的に都会の片隅で心と体が分断されたような男女のどろどろが自分の心情とは遠い感じがしてました。
でもいつのまにかなんて健康的な輝かしい愛を唄われるようになったんでしょう。
「君の涙が乾くまで、急がない、いつまでも~♪」
後方の席でしたが、きっとあんべさん、この歌私のために唄ってくれたんだわ、と、妄想爆裂でした。
まあ、昔からシナリオセンス抜群のロマンチストでしたよね。

○夜のしずく
「少しは人の心は綺麗になったのか。父よ母よ、やがては僕も問われよう。」
10代の頃、自分がダメなのは、社会や境遇のせいだと社会や親を恨んでました。大人はずるくて汚くて、自分の不幸の元凶に思えてた青い時代。でもこの曲を聴いて、自分は結婚して子供を産んだりしないにしても、いつか今の自分のように次世代にこの社会を作った責任を問われる日が来るということを予感し、こんな私でも身が引き締まる思いがしたものです。

○一億の後で
すごいノリノリで一億の夜を越えてのあと、暗い曲になったので、ちょっと違和感ありました。地を這う気分を唄ってたのも、紛れなくあんべさんなんですよね。

遠野物語、こんな風にみんなで楽しく歌える日が来るなて・・ 第2章、あまり好きになれないと思ったのが、なんか最近とても心惹かれてます。
星の旅、星の数ほどリクエストカード書いたっけ・・・
こんな風にあんべさんと再会できるなんて・・・
トビウオ、唄って踊れて、本当に楽しい曲ですね・・・
とか色々思うこと尽きぬまま夢心地。また皆さんと仙台でお逢いしたいです。
P1100250.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/877-b88f9647