ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

細坪基佳 LIVE2015 ~新しい旅の始まりに…~札幌

Posted by ふざけおに on   4 comments   0 trackback

 
12月23日札幌道新ホール、追っ掛けました。最初は行くつもりなかったのですが、
同郷岩手花巻出身のNSPの平賀さんが、ふきのとうの本拠地北海道札幌で細坪さんのサポート参加されると知り、、これは元岩手県民としてアウェイ決戦というより<逆故郷に錦>、応援にいかにゃなるまいと一念発起。
ギター2本とエレキベースの編成は新鮮で、NSPの曲もあって楽しめました。
それと去年も感じましたが、細坪さんの音楽人生の始まりだった札幌に集う人々の視線は細坪さんを旧知の人のように温かく誇らしいのです。それはきっと私がNSPやあんべさんを見てる時誇らしい気持ちになるのと同じかなと想像してみたり・・・
NSPとふきのとうを共通項にして、東北と北海道に強い絆が出来たようなそんな気がした札幌ライブでした。
NSPは東北新幹線のテーマ曲「めぐり逢いはすべてを越えて」(<あおば>でしたが)を唄ったように、スリーハンサムズが、北海道新幹線開通と同時に主題歌を歌ってくれたら・・・・
いずれスリーハンサムズが北海道上陸実現する日は近そうです。
天然キャラの中村さんが日程忘れなければ(おい)

以下ネタバレ

セットリスト
1おくりもの  2回転木馬
3白い冬 4あせ
5サヨナラ (夕暮れの街 ) 6さようなら
7イマジン
8追想   9恋心
10旧友  12夢のかけら
12あの日のように
13やさしさとして想い出として 14風来坊

15もの憂げな10月 16雨は似合わない
17クロスロード



○ミスターベースマンを探して
ベースが加わると音の厚みが違いますね。
NSPのアコギとエレキベースのサウンドにどっぷり浸かってた私なので、この構成は体が馴染んでます。
平賀さんが向かって右側で演奏するのを見るのは、コットンクラブ以来でしょうか。
確か追想からあの日のようには、珍しく座って演奏されてたと思います。
とか、この日の私は平賀さんのベースばかりに神経が向いてました。・・・・って、書きたいところですが、これがベースが入ると、アコギもボーカルもシンプルに引き立つので、久保田さんのギター、細坪さんのボーカルの魅力を底上げしてくれる感じが良いです。
アップテンポ曲は期待通り!キレが良いです。特にイマジンは、平賀さんのベース入ったらNSPの初期曲と勘違いしそうな程若々しい勢いを感じました。

予想外に良かったのが、バラード。
細坪さんの歌唱がベースの振動に乗って、ずーんと体の奥の奥まで深く入りこんで来ます。。
あの日のように、細坪さんの歌唱も素晴らしかったですが、ベースのリードはばっちりの相乗効果。サヨナラのベースも良かったです。
定番のやさおものギターとベースのイントロのユニゾンは震えが来るほどいい♪
風来坊のベースの旋律が懐かしい。
とか、ふきのとう曲もアコギ2本以上~フルバンド未満のこの味わいは、くせになりそうな。


NSPの「さようなら」はベースがないとさようならじゃないって中村さんのライブで物足りなさを感じてましたが、やっぱりベース入ってなんぼだわー。
更にリードギター上手すぎて、こんなのNSPじゃないよ~^^;後奏のリードギターのアドリブは綺麗過ぎ~vv 久保田さんのギターが唄ってるように表情豊かに聞こえて、うっとりでした。
平賀さん、いっそ来年は細坪さんのサポートメンバーになって~(^∇^)ノ、
実際来年、平賀さんはスリハンだけでなく、ポプコンエイジでもフルステージベースを務めるんだとか、ステージ感覚を持続させるためリハビリの意味もあるのか、スリハンのプロモーションとか、他にも何か意図するものがあるそうですけどね。
私の勝手な判定だと、ファンというより親戚の知り合いとか同郷の先輩?って感じなので・・上から目線ですみませんが、、、、
ベースはばっちり、トークはおつりが来る程上手いし、但しサポートメンバーとして、居眠りはまずいかも
「あの日のように」の前の細坪さんの長~い映画トーク中、目がとろーーーん上瞼が落ちそうになってるのを私はしっかり見逃しませんでした(笑)
その点、久保田さんはどんな時もお目目ばっちりですから。何百回聞いたMCも初めて聞いたように驚いてみせて、常々敬服しております。(さようならの前に大きな目とパントマイムでステージ袖にメッセージ送ってるの、しっかり見てました)
この点、天使君はまだまだサポートとして修行が足りないなとか。メインの中村さんよりミュージシャンとして地位が高そうだ・・・(´・_・`)

ちょっとハラハラ聞いてたコーラスも、悪くなかったです(o‘∀‘o)*:◦♪。
特に「追想」の最後のサビ、アカペラ部分、ハモリばっちりで感動的唄い終わりでした。
細坪さんのご両親の御霊に届いたことでしょう

どの曲も平賀さんのコーラスとベース、良く聞こえてました。
風来坊、3番入る時、細坪さんが間奏にしゃべって出遅れたので、とても焦っておられました。
「白い冬」のリテイクでもひどく動揺されてましたが、ホームグランドでふきのとうの代表曲に失敗があってはいけないというすごいプレッシャーかかってるんだなって。なんかいじらしかったです。

ボーカルは、NSPの曲は平賀さんは素晴らしいです。「あせ」なんか表情生き生きと唄われ、伝わってくる思いは誰も追従できない世界です。
一方「もの憂げな10月」はベース弾きながらの挑戦で平賀さんのステージにかける本気具合がわかりましたが、低音パートにしては響きが軽くNSP独特の漏れてる感じが山木さんの声質と違ってるのと、唄うのがいっぱいいっぱいで表情に余裕がなく歌詞の内容からして、ちょっと違うかなって。。。(^^;。ごめんなさい。
私はコアなふきのとうファンなので、NSPの二人にはNSPを唄って欲しいなって、天野さんはいないのだから、みんなで交替してカバーして当然ですが、他は餅は餅屋がいいなとどうしても思ってしまいます。あしからず

けれど道新ホールでは、平賀さんが1番声援送られてました。アンコール後退場する時、「ギターの久保田さん、ベースの平賀さん」と細坪さんが再紹介された時、場内わき上がる平賀さんコール、続いて久保田さん声援で、細坪さん、「俺には声援ないのかよ?」って感じで、「司会の細坪でした」って、爆笑でした。実際はみんな細坪さんファンばっかりだからみんな牽制するんだよね(。-_-。)。
ここは気を利かして、平賀さんが「そしてギターとボーカルの細坪基佳でしたーー!」って紹介してあげてね~。(いつの間にかグループになってるしww)

○本日の王子様
クリスマスだし、どんな衣装で登場するのかワクテカ、平賀さんとトナカイとサンタクロースの扮装かしらと予想したら・・・・うぬ?細坪さんのネクタイ赤かったのと、平賀さんのシャツが朱色だったのが少しだけクリスマスっぽかったですが、インパクトあったのは、平賀さんの帽子と、細坪さんの黒いエナメルっぽいぴかぴかの靴に短めの黒の股引?(//>ω<)みたいなパンツでお尻のポケットに英字が書いてあるカジュアルなパンツ、上半身は普通でしたが下半身は田舎では見ない奇抜な取り合わせにちょっとあんぐり。、Kさんなら詳しいんでしょうけど、、、、さすがファッションの最先端を行く王子様。

○心霊現象~この世で1番怖いものは一体なんだろう♪
平賀さん登場でひとしきり紹介した後、「今日は平賀さんが来てるので、NSPの曲をというところですが、ふきのとうのデビュー曲をやります」、と「白い冬」を演奏始めたら合わなくて、やり直しという怪現象。
「さようなら」を唄う前天野さんのことからかうような話したら、気配がしたのか思わず周囲を見回す細坪さん。
この日の「さようなら」はテンポが早かった上に、最後の「さようならさようならさようなら」が1回足りないまま「ウーウーウー」の裏声になってて、きっと天野さんのいたずらですね。
天野さん、北海道の皆さんにスリーハンサムズなんて変なグループ名になったいきさつを最初に言わないこと、気にしてたかしら?
「雨は似合わない」をアンコールで急遽唄う気になったのは、天野さんが唆したのか天野ファンが怖いからか(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
しかしそれとは別に怖い何かが出てませんか?、「白い冬」「風来坊」「もの憂げ」で平賀さん、背後に何かすごいどす黒い恐怖を感じてたような氷付いた顔してましたよ~ぞおおおおお~・・・
出てる霊は一人じゃないかも??六条御息所みたいな・・・(おい)

○クロスロード
去年の札幌ライブと比べてもクリスマス色を押さえてた気がします。がふきのとう時代、毎年札幌で年末にクリスマスコンサートをやってたようですがその延長上ではなく、交差点でクロスした延長上にいるという区別を意識してるようにも思えました。
細坪さんは、自分の意志ではないところで誰かと出会い影響し合ってここまで唄い続けて来たが、これからもそのように生きたい。ただ、若い頃との違いとしては、
「これからは楽しいことだけでいい。苦しいこと、辛いこと、孤独はやめよう」と。
そうですよね。ここまで来たら人生楽しいことが1番です。
でも怨霊が出たら怖いので、一回お祓いしちゃうとすっきりするかもヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3、

○末摘花&押しかけ女房
細坪さんが地元に来てくれると、源氏の君、よくぞこんな田舎の寂れた屋敷を訪ねて下さったって感じで大歓迎!!っ、「末摘花」(不美人の女御)な気分ですが、おっかけは今から突撃しますーーーって押しかけ女房になった気分ですってつぶやいてたのですが・・・・
この日、1番のインパクトあるトークはピンポイントの久保田さんのMCでした(^∇^)。
「道新ホールは30周年以来、11年ぶりです。こんなにたくさんの<奥さん>に来てもらってうれしいです。」
お客さんを奥さんと言い違えたのは、絶対うけ狙いでしょ!
たった一言で圧倒的存在感のこの日の久保田邦夫さんでしたーーー!!\(^o^)/
関連記事
スポンサーサイト

Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.12.27 09:03 | | # [edit]
ふざけおに says... "Re: 憧れの北海道♪"

> 「♪あの日のように♪」
細坪さん、感極まって泣きそうになったのを咳で誤魔化した??
ソールドアウトの新潟でも同じフレーズで泣きそうでしたもん。

> 「源氏物語♪」
> 遠すぎる存在の光の君(細坪さん)より、横笛ならぬギター名手・柏木(久保田さん)の奥様もイイよね~♪
柏木の奥様??落ち葉の宮???なんかエピソードありましたっけか?
柏木は、源氏の正妻、女三ノ宮と密通しちゃって、薫が生まれたんですよね。

> 平賀さんブログによると、頭の2曲は細坪さんが本番直前いきなりピアノに変更したんだとか!?
> 源氏物語の記述を拝見し、おもわず柏木を追い詰める源氏を想像してしまいました…
> (^_^;)
いえいえ、この2曲演奏されてる時は平賀さんは登場してないです。
細坪さんは本当に平賀さんを丁重に対応されてましたよ。
スリハンの時は、同じグループだから対等ですが、今回はちゃんと大切なサポートさんで気を遣われてました。


> 平賀さんのとこに寄せられたコメントに、「坪さんファンは恐い」っていう記述発見しまして…、やっぱりそうなのね…と。
そういうもんでしょうね。
細坪さんが「天野ファンを相当怖がってる」と、平賀さんが言ってるというのはよく聞きますからお互い様ということで。


> …って、え~!平賀さん!MC中に居眠り未遂とは!案外ですね~!!
お疲れだったんでしょう。本当にお疲れ様です。
2015.12.27 19:47 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.12.27 21:45 | | # [edit]
ふざけおに says... "Re: 妄想炸裂~"
なるほど~、あはは~、久保田さんも結構人気あるからw
お客さん、みんな久保田さんの奥さんだったら、細坪さんも心穏やかでないですよね(爆笑)
2015.12.29 11:02 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/878-e7334201