ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

あんべ光俊 歌ものがたり~恋歌~in鎌倉欧林洞

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

13438826_536008199930992_3969401371713556041_n.jpg
紫陽花の鎌倉欧林洞。
10968004_2219103187_249large.jpg
2回目になります。前回は4年前の細坪さんでしたが、欧林洞はすごい人気会場のようで、私なんかが席取ったら申し訳ない気がしてその後は遠慮してます。鎌倉にはNSPの中村さんのお姉様のお店があるそうで、
10968004_2219103185_14large.jpg今回行って来ましたよ~中村シスターズとお話出来ました
私は「さくら草」と「都忘れ」の沈鬱さが好きで中村ファンになっちゃったので作詞の知子お姉様にもお会いしたく行ってみたいとは思うのですが、中村さんの鎌倉ライブの日はきっと熱心なNファンが殺到するだろうからやっぱり遠慮・・・・orz...。
(ダークに産まれた者はダークに帰れ~じゃないけど地方に生まれた者は地方にいろって感じーー;)
しかし今回思い切って、仙台在住のあんべさんを追って、わざわざ東京より更に南に追っ掛けちゃう~vv。そしたら、ソールドアウトの看板@@;
10968004_2219103192_220large.jpg
あらら~。いや、きっとアタシが最後の1枚でソールドアウトだ!そうに違いない!と思えるどうだ!?この余裕、この強気
前回は北鎌倉から歩いたのですが、今回は鎌倉駅から欧林洞まで遠回りして国道歩いたので帽子忘れて汗だくだく、日焼けした二の腕がひりひり
あんべさんが最初に「今日は皆さんの化粧ののりがいいですね」と言われ、「しまった!最前列に座るんじゃなかったーーーー」ってな調子で、気さくにやりとり出来て、感動と笑いが交錯するアットホームなライブでした。
10968004_2219103191_231large.jpg



以下ネタバレです。

セットリスト (他サイト参照)
01ファイディングロード 02人の森を旅する道
03冷たい夜に抱きしめて 04 熊本で愛ましょう
05kizuna 伝心 

06 朝の月 リーディング『じいちゃんのケーキ』 オープニング
07遠野物語 リーディング『じいちゃんのケーキ』 挿入歌
08 明日へのオルゴール リーディング『じいちゃんのケーキ』 エンディング

休憩
09あなたへの愛 (沢田研二) 10 500マイル (PPM)
11わかって下さい (因幡晃) 12夢一夜 (南こうせつ)
13君といつまでも (加山雄三)
14 君が好き 15力は無限大 16Born to be Wild
17夏がゆくよ 18星の旅
アンコール
19トビウオ

○奇声
最前列中央右端1席空いてたーーーーー!!わーい!!ぼっちの特権だーーーーーー!
t02200222_0253025511633286623.jpg
この会場、最前列だとこんなにアーティストと近いんですね~@@;ファイティングロードのジャケットみたいな決めポーズをちょうど私の目の前でやってくれて、思わず「きゃああああああ~」。私だけでなく、、場内一斉に、黄色にしてはちょっと奇しい声(^^;わき上がります。あんべさん、サービス精神で、というか反応を面白がって何回もやってくれました!!あんべさん、芸達者!!こんな面白い人だったんですねww

○万年青年
あんべさん、肌が若いわ~。声も変わってないし、歌上手くなったわ~\(//∇//)\(偉そうですみません)。
ソロデビューした頃は、荒いストロークでしょっちゅう弦切りながら激しくシャウトしてるイメージでしたが、今は余裕ある優しい歌い方で深い情趣あって良い感じです
去年「トビウオ」体操で痩せる!と、岡田のママさん達に誓ってましたが、確かに少しスリムになられましたね。水泳で鍛えてらっしゃるみたいで、動きも軽やか、年齢を感じさせないわ~(o‘∀‘o)*:◦♪

○ユニゾン
さすがコアなファンが多いせいかずっとオクターブ上のユニゾンを唄ってる方がいて、気軽に口ずさめる雰囲気が良い感じのライブです。その点私はまだまだ。一緒に歌っていいよって言ってくれた時はなんとか唄いますが・・・。タイトルも分からない曲もあって、歌詞も覚えてないし、CDコンプリしてない??Box2聞いてなかったかな?
会場のお客さんが一緒に唄ってる感じというと小田さんの場合完全に同じキーなんだけど(小田さんの時は歌詞がスクリーンに流れるので歌いやすい)、あんべさんの場合女声はオクターブ上なのでとっても綺麗に揃ったコーラスで響いてました。ってか、結構響くものですね~@@;。
細坪さんの場合、細部まで気を配って丁寧に唄われるので、じっくり聴きたい人が多いでしょうから、あまり調子に乗って歌わないように気をつけようとは思ってはいるんですがorz...。(←人の振りみて我が振り直せ

○音域
オクターブというとあんべさん、因幡さんの「わかって下さい」、オクターブ上を唄い出してしまったとか
うん、私もよくある!同じ「ミ」でもどの「ミ」だかわかんなくなることある!(一点「ホ」か何もない「ホ」か)あんべさん、相変わらず高い声出るみたいですが、余裕持って男声キーで唄ってるんですね。声軽いのに、低音もしっかり出るからすごい音域広そう

○カヴァー
欧林洞ライブの目玉はリーディングとリクエストによる他のアーティストのカヴァーコーナーのようです。私はまだまだ歴浅いのでご本人の歌聴きたいんですけど、常連さんからはスペシャルメニューを楽しみにされてたようでとっても盛り上がってました
沢田研二と加山雄三が好きだとか。あれ?誰かも同じこと言ってた気が・・・。沢田研二のボーカルに影響されたってのは細坪さんか、(あんべさんはジュリーがファンとけんかしたライブに行ってたそうですよo(≧ω≦)o。)
加山さんが好きなのは・・・あ、おいちゃんかな?おいちゃんというと「夢一夜」だけが選曲理由が明かされませんでした、上手かったけどなんで「夢一夜」?
カヴァーというと、2000年のフォークディズ第6章で、あんべさんと鈴木さんと細坪さんが共演してた映像観たら、「夢のかけら」がやたらあんべさんに合ってたのが印象深いです。殺伐としたロック調が合ってるなってw。一方「歌のある星にうまれて」は細坪さんのダイナミズムに合ってましたね~(^^)。
947600b04ab14b12dddb6e1e8ba9023d.jpg

○青空の???
今年10月の40周年記念ライブでは、あんべさんが河原で女性を抱きかかえてる写真を始め、いろいろなお宝資料が展示されるそうです。
その中には、天野滋さんとの共作青空のなんとかという曲(ご本人がタイトル失念^^;)、共演音源、テープ発見されたそうで、公開されるかも。だそうです。うわああああ~\(^o^)/良いなあ~。その音源、噂には聞いてましたが、やっぱりあったんですね。
てっきり、作詞が天野さんで作曲があんべさんだろうと決めつけてましたが・・・
作詞があんべさん??へえええ~そうか。天野さんの方がメロディメーカーですか。そうかあ~意外ぃ~いや、当然だ。うん、納得!

○じいちゃんのケーキ
会場での説明はなかったですが、恐らく実話に基づいたフィクションであんべさんの書いた短編小説と思われます。「風に立つライオン」のオチを惹起させる、「善意の連鎖」を主題とした感動ストーリーですが、生まれ育った街を被災直後に見たあんべさんだからこそ思い、願いが深く伝わって来て、心に迫る素晴らしい朗読でした。
目を潤ませるあんべさんに、場内すすり泣きの声、、、、
気持ち切り替えるのに、休憩が必要でした。
個人的に少しだけ違和感あったのは、一応私も被災地にいたので・・・
3月12日の出来事とすると、、、フィクションならともかく、実話だとするとなんかあれ?なんでそんな余裕あったのかなってリアリティないような気がしちゃって、・・・当日に死亡連絡が入るほど情報あったのかなとか、だって夜半まで津波まだ引いてないような。。。翌日までは余震が酷いのでたいがいの人は避難所か車にいたような。。。
翌日の明るいうちは、情報収拾、親族全員の安否確認、余裕あれば家の片付けしてたような。翌日は暗くなったら戒厳令の夜のように誰も出歩ける状態でなかったような・・・
釜石は違ったのかも知れませんね。ごめんなさい。

でもすごく寒い日だったので、ケーキを作るのには適した日だったとは思います。

○人の森を旅する道
「生きてるだけただそれだけで幸せなんて昨日噛みしめたのに
また今日はわけのわからない苛立ちが染めている」
「何を恐れている望んでいるんだこの俺は愚か者」

本当に。私は愚か者だと気づかされますわ(。-_-。)
この曲と、最後の「ロングラン」は心に染みいります。きっとあんべさん私のためだけに唄ってくれたんだわ~\(//∇//)\とうるうる(←ないから!)
「Born to be Wild」 懐かしいわ~!でも若い頃よりずっとこの曲を好きになってます。
「熊本で会いましょう」「朝の月」にじーん。
初めて聞いた03、08、17もすごく良い曲だなあって思いました。

○本人の前で
ROOMという三人のグループのうち二人で、熊本チャリティライブに出演したこと、あんべさん覚えててくれてて、「サンライズサンセット」「一億の夜を越えて」を唄ってくれて感激したと言ってくれました!!うわ、こっちこそ大感激♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪。
というのも私がライブ行くアーティストは、アーティスト本人の前でそのアーティストの曲を演奏された話題になると皆異口同音例外なく、「よく、本人の前でやるよな」って呆れたように苦笑されるので。
私、あんべさんが会場で司会するって全然予想してなくて出場申し込んだ後、それ知って焦りました。
やばいなあ~本人の前で唄うなんて、恥知らずな輩だと思われるだろうな~って
でも当日あんべさんとってもうれしそうで、「言ってくれれば一緒にやったのに、今度一緒にやろう」って仰って下さって、うれしいやら下手くそなのにもう恐れ多いやら。。。
でも実現出来たら最高にうれしいです。
また機会があったらもっともっと上手に演奏出来るように頑張って、耳コピと練習しなきゃ・・・・・・
12321396_664570373682783_4868337934186878823_n.jpg12928255_664570403682780_809859452536914144_n.jpg
○ポップスの精神医学
鎌倉までのバスの中やっとこの本読み終わりました。
「遠野物語」について書かれた井原裕先生の文章が一番好みが近く共感出来ましたが、他の方は好みが違う分、すごく面白かったです。
精神科医は患者の持つ病理を自分のどこかにもあるとに気づいてしまう人種なんでしょうね・・・・この本の感想も後日アップしたいなあ・・・
ここのところ、ハードなライブ参戦で感想書くのに四苦八苦してるのに、出来るのか?<自分

わかって下さい。人間だもの。byみつとし
あんべ2anbe.jpg
なかなかハードですが、山形は行けそうです。多分(^∇^)ノ
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/901-5428ac3e