ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

明治安田生命Present 小田和正コンサートツアー2016”君住む街へ”in盛岡初日

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

10968004_2219437211_244large.jpg
○良席
10968004_2219235300_104large.jpg
前夜、届いたチケットと案内見て事前チェックしていろいろびっくり。
まず5000人の会場でメインステージ最前列って、うわあああああこのアタシでいいの~?!プレス会員でもないのに、うれしいわ~これは弾けないとってのと、無料駐車場が事前申し込みでもう完売してるってこと、ついでに仙台も6月1200円、7月1500円で早い者勝ちだってこと@@;情報に疎いライトな層はついていけない・・・
チケット届いてたってだけで安心していられなかったんですね~
さて、メインステージ最前列だもんって浮かれてわくわく身分証明書持ってたのに、入場の際係員が私の前の人までちゃんと「ありがとうございます」と言ってたのに、私の時は座席番号見て怖い顔で無言。あの正規のルートで入手したんですけど・・・・どうせなら確認してちょうだいよ~orz...
10968004_2219437271_112large.jpg

○あの日あの時
そしてライブ中は、さだまさしさんの言う最前列の使命を果たすべく頑張りましたよ~
絶叫しすぎて声枯れましたーー;
ところが小田さん、なんでか最前列中央ブロックには絶対手を振らないし、すごく愛想悪いのよ・・・orz...
そもそもあんまりメインステージにいないし、アリーナ走り回ってる時は、どこに行ってるかさっぱりわからない席で、モニターにも映ってない時は姿は見えねど歌声だけが聞こえる状態。
でもまあ、それが公平というものでしょう(^-^)/
いずれアリーナメインステージ最前列という最高の経験をさせて頂いて感謝です。
高校生の頃ミュージックギルドに親の目を逃れて、村の駅の公衆電話から一生懸命電話かけてやっと繋がった時、あの言葉に出来ない感激、岩手県民会館大ホール5列目ど真ん中で見たあの日の「Over」、、、、ひまわりの映像が出た時心は、あの日あの時に還ってました。
10968004_2219437219_54small.jpg

○僕の贈りもの
この日の小田さん、私は絶好調だと感じました。息切れもないし、足取りも軽やか、疲れを感じさせない安定した素晴らしい歌唱でした。危なげないので、あらら、一緒に唄ってあげないとって焦る場面がなく、唄わされ率は低かったです。
Yes/No、いつかどこかで、みたいな定番はファンはわかってて勝手に唄うのですが、わざわざ知ってる人は唄って下さいと紹介されたのは「僕の贈りもの」
実質、私にとってはオフコースのデビュー曲に思えます。NSPの「さようなら」に比べてなんで感情の薄い他人事の曲なんだろうって。本人の痛みじゃないんだよなとかwそんな思いも今や懐かしいですね~w
一方で鈴木さんが「群衆の中」でを唄ってくれて、オフコースファンは幸せですね。

○初KAZUMASA
前回盛岡はコンサートファイナルだったので、私は遠慮して申し込まなかったのですが・・・今回は平日遅くということで、県外者は少なく、初めて小田さんを見る方がチケットを入手できたようで、初めて生小田さんを見るという方、たくさんいたようです。
これだけの人気アーティストでありながら、初小田体験のお客さんを大事に思う小田さんの心意気が伝わって来て、元岩手県民、地方出身の私は我が事のようにうれしかったです。。
また去年2月代々木で「みんなが喜ぶなら 僕の残りの人生をそれに捧げることを僕は厭わない」と仰いましたが、本当にオフコースファンに優しく寄り添うようなプログラムで、オフコース時代のアレンジを極力再現されてました。
小田さん、ありがとうございます!

○セトリ
嬉しかったのは、「心はなれて」、と、アンコール最後のNext。もう、アタシのためだけに小田さん、唄ってくれてるとしか思えないです(←ないから!)
最近、教え子のためにカヴァーしてたので余計・・・・



一方で、最新ベストアルバムからもセトリからも外れた「彼方」なんで~~??

一番好きなソロ曲なのにぃしょっくぅ~
でも、「君と風を待つだけ」をやってくれたし、夢を捨てなくていいんだよって曲群に励まされました。
「夏の終わり」も大好きでした。だからいつか「思いのままに」もアカペラで聞きたいです。

○それでも・・・
物足りないと感じたのは、エレキギターですね~。目の前で稲葉さんのプレイじっくり見れてラッキーだったんですが、どうしてもオフコースの曲の鈴木さんが脳内で演奏してて・・・・淡々としてるので脳内アドレナリンが足りない感じしてしまいました。ヴィオリンの金原さんくらい、生き生きと演奏に入り込んでくれるといいなとかwごめんなさい。
それでも、小田さんのオフコースセルフカバーはうれしいですよ。もちろん。
そしてもう一つ物足りないのは、ご当地紀行。もっと巨漢のギルド社長さんと小田さん、遊んで~~。仙台楽しみにしてます。
(ちなみに仙台は当選通知が他の人よりなんでか数日遅かったので振り込みも遅かったので、席は期待できないかも。でも盛岡良かったからいいんだもん)

○三兎を追う者は小田も追う
お隣さんは、大槌町の方で、スリーハンサムズのライブや中村さんのソロにも行かれるご同輩でした。津波でオフコースや小田さんのCDが流されたって話も辛かったですが、弟さんがNSPレコードをコンプリしてて、金色盤も持ってたとかでみんな流されたって本当に悔しいって涙ぐんで仰ってました。私も含め、三陸の被災地にとってNSPは特別な存在なんだなって改めて思いました。
小田さんは自分を初めてみる岩手県民を本当に大事にされてました。地方出身者のスリーハンサムズの皆さんも、岩手を出ることがなかなか出来ない地方出身者の思いを大事にしてくれると良いですね~(^∇^)ノ
10968004_2219437214_14large.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/902-f8467bd6