ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

コッキーポップコンサート 2016 in 北海道 ~えぞオン 35th メモリアル~

Posted by ふざけおに on   7 comments   0 trackback

去る8月4日、札幌市民ホールにて、スリーハンサムズ北海道初上陸を応援して来ました。
大好きな北海道のネッ友さん達のお祭り気分を一緒に味わいたくて、
地方出身者は、アーティストの地元入りはすごくうれしいってわかりますもの。
地元で一生懸命応援してもNSPは活動拠点である東京にしか目が向いてない気がして、寂しい思いしてて、その点ふきのとうは北海道を大事にしててうらやましいと思ったものでした。様々な思いも今はみんな懐かしい。
水鏡に映るかつてのカントリーガールの感傷は、今はどこまでも青く爽やかな北海道の八月の空へ翔び立ち、もっともっと幼く無邪気だったあの頃へ帰っていました。
北海道の皆さんありがとうございました!

とはいえ、当日の雰囲気は、どっちかというとスリハン的にはアウェイだったような・・・。
もっとスリハン初上陸歓迎ムードかと思ったのですが、たくさんのアーティストの演奏をそれぞれじっくり聴いてる感じで、私自身も、毎晩コッキーポップで聴いていてお気に入りだった、鈴木一平さんや谷山浩子さん、ふきのとうと交流あった佐々木幸男さんらの生演奏を聴く機会に恵まれて、海を渡って来た甲斐があるというものです。
以下、印象に残った点をいくつか


○水鏡
この曲のイントロ聴くと最近では、ネッ友のRさんが目に浮かんでしまいます。これはもう往年のギター少年達に愛好されるスタンダードナンバーですよね。たくさんのプロシンガーさんにもカヴァーされてるそうです。生で聴けて幸せでした。
時流もよく聴いてました。北海道から発信された土の香りがする音楽に味わいがあります。
しかし、一平さんの人と成りは本日初めて知りました。
司会を任されるだけのことはあって、お話も上手で、鬱曲歌う人ほどよくしゃべるという、三浦和人さんを筆頭とする「ことの法則」あてはまってます。(例外は龍雲さん。2の線ですよねw)
幸男さんと山木さんと三の木仲間の同級生なんですね。若いですね~。聴衆に少しでも楽しんで頂きたいというエンタメ魂は三人の中で抜きん出ておられます。
その分、煩悩完全解脱仙人の幸男さんとのかけあいがあまりに落差がありすぎて爆笑でした。

○カントリーガール
やっと会えたーーーーー!谷山浩子さん、大好きvvvv
子育て中、ずっと自分の中で封印してた青春の音楽(特にラブソングは子供が小さい時は離れてました)ジャンルでしたが、唯一、病気で何ヶ月も絶飲食の娘を抱いて病棟の廊下をあやしながら、たくさんの童謡と一緒に「おはようございますの帽子屋さん」と「猫の森には帰れない」を歌ってあげたこと、思い出します。娘はすごく印象があったらしく、よく「猫の歌唄って」とせがみました。
大島弓子の「綿の国星」からヒントを得たというこのメルヘンチックな曲(いつまでもメルヘンやファンタジーにはいられないんだよという現実回帰志向なんですけどね)、少女漫画の世界が自分の居場所に思えてた私にはすごく身近でリアリティのある10代の日常でした。
一目で万年少女の谷山さんに感動感激。同時にまだ私の中にあの頃のメルへチックな少女がいてもいいんだって、オッケーサインをもらった気分でした。
声も唄い方も変わらない~♪永遠の少女ですが、実は現実の痛みも毒も、清濁合わせ持った人なんですよね。
「帽子屋さん」で※ポプコン目指した時、自分は天才だと思えてたそうです。はい、天才は簡単には大衆や旧体制に理解されないものですからね。それでも天才的感覚のぶっとび方がある意味健全で「個性」という枠、女性にとって最も好感を表す「かわいいいいvvv」の感覚でで理解されやすい方だと思えます。
幸男さんのギターとコーラスで歌ってくれたカントリーガール、純真な少女が気障な男に捨てられるシーンでまさかの「泣き」が入りました。ああ、谷山さんは私のためのこの曲を歌ってくれて、私のために泣いてくれたと思い込んでうるうる~。
いえ、谷山さんにとって、それくらい思い入れのある曲なのでしょう。賛否両論ある4番に救いを持たせたかったのも思い入れがあるからなのでしょう。(この日は最初のバージョン通りで4番は唄われませんでした)
うれしいです。私、若い頃この曲の主人公が自分に思えて何度涙したことか。身の程知らずの恋の苦悩を、この少女に投影してたからこそ、この曲の疑似体験のおかげで、化粧の上手いおしゃれな娘に簡単に乗り換えるような安い男を好きにならずにすみました。
10代の頃、私に恋愛の機微を教えてくれた少し先輩の青春のラブソング達は、紫式部が愛の普遍性を中宮彰子にレクチャーした「源氏物語」だったのかもしれません。その中ででも「カントリーガール」は私の恋愛バイブルだったと思い至るのでした。

○セプテンバーバレンタイン
ごめんなさい。NSPが自分の生きる日常そのものだった田舎の堤防夕暮れ時な高校生には、泥臭さのないこの洗練された大人のサウンドは大学進学率が3割以下で集団就職列車が走る地方は1割にも満たなかった時代の富裕層カレッジフォーク。大学生なんて全く存在しない村にいる私には、垢抜けた曲タイトルが洋楽と同じに思えて全然ピンと来ませんでした。ただふきのとうの2人と親しいというのと、コッキーポップで話題になるので名前だけは存じてました。
そんな私が幸男さんに、激しく尊敬を抱いたのはふきのとうエヴァーラストのパンフレットに寄せられたコメント。その洞察力に感服致しました。
俗世を超越したようなラジオの語りに、凡人にはなかなか到達できない悟りの境地を感じる方で、すっかり好きになってしまいました。

○あなた
ピアノ上手い!!!!!歌上手い!!!!
そして16才でこの曲を世に出した方は日本の音楽史に名を残す天才作曲家以外の何物でも無いです。
現在小樽を拠点に活動されてるそうですが、セーラームーンのインストCDや映画のサントラを担当されてるそうで、現代音楽シーンを先導するアーティストとしてエクセレント!の一言でした。
彼女はベース音が好きで、駆け出しの頃ジョイントしたNSPの平賀さんにサポートの白羽の矢が立ったんだそうです。
しかし、怪奇現象が起きて、楽譜が飛ぶという珍事。
私はクリップ洗濯ばさみの類いが必要と思いましたが、何故かスタッフが持って来たのは黒のガムテープ。なんでーー??案の定、また楽譜が飛んで、平賀さん演奏の手を止める羽目に@@;
でも私ずっとどうなるかと心配し手元注視してましたが、平賀さん、酷く動揺し手が震えてましたが、ちゃんと次のコードを先読みして遅れることなく正確に最初の音をピアノに合わせて弾いてました。単純なベース音とはいえ、一度も試し弾きみたいに不協和音を出さなかったのはさすが、プロの鏡です。小坂の演奏をサポートはすれども決して演奏の足を引っ張らなかった。さすが、我が郷土の誇り!!偉かったーーーーー!!!!
個人的な思いですが、NSPのサウンドは平賀さんのベースと中村さんのコーラスが売りです。他の人気バンドで聴くこと無い味わいでした。もちろん、天野さんの歌詞と歌唱が無二の世界で、NSPの音楽は一見誰もが出来そうで、でも決して誰にも再現できない音楽だったんです。

○見上げてごらん夜の星を
スリーハンサムズは「あせ」「夕暮れ時はさびしそう」(1・2番平賀3中村振り付け付き)「白い冬」細坪さんが唄われ、1500人の観衆を前にふさわしい堂々の演奏でした。正直、府中と比べ、ライブハウスでギター1本の弾き語りなら良いけれど、1500人の大ホールの演奏としてはやや不足を感じる演奏もあった中で、スリハンはホールに遜色ない演奏でした。
さすが守護霊天野さんの守護を感じたのですが・・・
ところが最後の最後に、平賀さんに続き細坪さんに異変が@@;
とんぼさん達は平賀さんが細坪さんのマイクのケーブルを踏んでいたから細坪さんのマイクが落ちたと見えたらしいですが、私が見た感じ細坪さんが手元のマイクを構えていた時の感じではケーブルの距離はぎりぎり足りていて、唄おうと構えようとしたとき細坪さんがジャッグルしたように見えたのです。細坪さんは、その後しきりに平賀がケーブル踏んだとリアクションしてましたのでそうかもしれませんが・・・
霊感少女の私は何か嫌な霊気を感じたり(汗)得体の知れない怨霊がいませんでしたか?くわばらくわばら。
って、スリハンにアウェイ感が漂ってたのは、他の方のバックメンバーが、山木さんのサポートさんだったからかも。知ってる方ばかりでしたw
その中でもドラムスの若い女性の方、かっこ良かったです。
私と府中ポプコンエイジ一緒に見た友人の率直な感想ですが、ドラムいれたフルバンドでもそれを突き抜けてちゃんと歌詞が聞こえて来るボーカリストってなかなかいないなって。
渡辺真知子さんはやっぱり凄かったです。もちろん細坪さんも凄い方です。

○才谷屋
ライブ終演後のアフターは、元ふきのとうスタッフだった小元兵太さんのライブ。
ギターも歌も上手いし、優しい表情が人柄を表してました。ふきのとうのカヴァーはもちろん、オリジナルもさすが山木さんの秘蔵っ子ですよ。
札幌に来て、やっとふきのとうを見つけた気分でした。
10968004_2223312727_129large.jpg

○※ポプコン
余談ですが、ポプコンによって中央の歌謡界が発信する歌謡曲とは違う、その時代その土地に生きた音楽を世に排出し、本人が曲を作り本人の思いを唄うシンガーソングライター
ムーブメントが作られた時代は日本の大衆音楽史を大きく変えたと思えます。
私はNSPファンだったので、その目線から語るなら、転換期は八神純子さんあたりからでした。八神さんはヤマハのボーカル教室から誕生したシンガーで、結局既存の音楽教育を受け、売れ筋の音楽をアマチュアの舞台に参戦させることになったのでした。
これをスポーツ界の卓球に喩えると中総体に、中学入学のクラブ活動で初めて卓球をした子が出場していたアマチュアの大会に、幼児からスポ少でお金をかけてレッスンを積んできた愛ちゃんのような子が同じ土俵で戦うことになってしまってるのと同じになってる状態です。違いはスポーツと違い、音楽は勝敗とは違う感性と共感の世界なんですが、コマーシャリズムに左右され流行が作られる時代になった時、「田舎」「暗い」「ダサい」というキーワードを連想するコンテンツは、リストラされていく傾向にあったように思われます。
クラシックを含め既存の音楽教育を受けてない完全なアマチュアの作る音楽こそが実は最も当時のティーン世代の日常を投影してたのに、結局だんだん売るための既存の表面的良さをもてはやされる時代になった段階で、ポプコンの意義が失われたように感じます。
偉そうに自論申してすみません。

それはともかく今年6回目の生スリハン、一生懸命地方で応援し、これが今年最後だと思いますが、「八月の空へ翔べ」、今年もやってくれませんでしたorz.......
次回はスリハン単独で、八月の空へ翔べで、喩えアウェイでも錦を飾りましょう!!!

関連記事
スポンサーサイト

Comment

FUJITSUBO says... "谷山さんについてのささやかな情報"
 いつも楽しいコンサートレビューありがとうございます。北海道まデポプコンエイジ「追っかけ」されていたのですね!谷山浩子さんもお好きだったこと初めてお伺いいたしました。「カントリーガール」私も好きです。最初のバージョンと歌詞追加バージョンと2つあるんですよね。それだけ谷山さんの思い入れが強いのでしょうか。私は個人的には「窓」が大好きです。
 谷山さんがらみで取るに足らないような情報を二つほど。
 谷山さんの楽譜が復刊されました。ドレミ出版からギター譜です。山崎ハコさんとか大瀧詠一さんとか渋めの復刊をしてくれるドレミさんですが谷山さんの復刊は「復刊ドットコム」からのリクエストが大きかったようです。部数はそうおおくはないだろうから谷山さんがお好きな方はこの機会を逃さずお早めに。
 もう一つはローカルネタです。私の住んでるとこの近くに「読めない 書けない どこにある」がキャッチフレーズの匝瑳市(そうさし)があります。ここに八日市場特別支援学校があるのですが何とその校歌の作詞作曲は谷山浩子さん。お母様が匝瑳市のご出身というご縁で作られたとか。「タマで弾き語り」というアルバムに収録されていますが。この学校のHPをたずねると曲が流れてきます。谷山さんファンはこちらもチェックしてください!
2016.08.17 19:29 | URL | #i8DT77H. [edit]
FUJITSUBO says... "追記 & 訂正"
八日市場特別支援学校のHP 変わっていて
今は生徒さんの歌声がながれます。
前はピアノ曲でひとりでに流れていたのですが。
「校歌」→「聴いてみる」で聴くことができます。
失礼しました。
2016.08.17 19:34 | URL | #i8DT77H. [edit]
ふざけおに says... ""
緑の河さん、ありがとうございます。北海道でスリーハンサムズが歓迎される事、心から祈念してます。Nファンだってふきファンだって、思うことあるでしょうけど、でも二つのグループの夢が具現化したのがスリハンなんですよね。
2016.08.17 20:53 | URL | #mQop/nM. [edit]
緑の河 says... ""
私は見られなかったのですが一緒に行った友人が~一部のNSPのファンの方々がうちわを持って応援しているのを発見!!暖っかくてジーンとしたって言っていましたよ。もしかしたら東北来道チームの方々でしたか?
2016.08.18 07:45 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "Re: 谷山さんについてのささやかな情報"
FUJITSUBOさん、いつもコメントありがとうございます。はい、沖縄~北海道追っかけ人生邁進してます。少しは自重しようとは思うのですが、ついつい。

谷山さん、好きですよ。少女漫画好きな人はたいがい好きですよね。主人は学祭で見たことあるそうです。

>私は個人的には「窓」が大好きです。
2曲目に唄われました。こういう鬱な曲もいいんですよね~。

>  谷山さんの楽譜が復刊されました。ドレミ出版からギター譜です。
私も昨日島村楽器で見つけましたよ~。どんどん楽譜集復刻して欲しいです。まだNSPを見てないんですよ。

> 「読めない 書けない どこにある」がキャッチフレーズの匝瑳市(そうさし)
確かに@@;千葉県ですか??


細坪さんの木精あと10日です。
93%なので、あと7枚!!
なんとか実現したいですね~公式BBSにもう一度コマーシャルお願いします。
https://www.sonymusicshop.jp/m/sear/groupLis.php?site=S&ima=2931&cd=O101
2016.08.18 14:51 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "Re: 追記 & 訂正"
FUJITSBOさん、情報ありがとうございます。
歌つきで流れるなんてすごいですね。

2016.08.18 14:52 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "緑の河さんへ"
> 一部のNSPのファンの方々がうちわを持って応援

はい、私と私の友人達です。全部で7枚だったと思いますが、私の声がけでふきのとう子さんという宮城の方が作られたものです。品川40周年でも仙台でも山形でもふりふりしましたw
喜んで頂けて何よりです。御友人によろしく。次は声かけてやって下さいませ。

スリハンはバンドだから、弾けてナンボですよね。スリハン単独上陸の時は、弾けますよ~w
2016.08.18 14:56 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/906-234db9bc