ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

細坪基佳 LIVE2016~Tsubo's Style~in 郡山富や蔵

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

10968004_2225302763_174large.jpg

2013年、被災後再建した富や蔵の最初のライブこけら落しが細坪さんだったと記憶しております。
私も震災後、それまでの人生観が変わって、故郷で過ごした青春の思い出探しのようにふきのとうやNSPの音楽を夢中で追いかけ始めて、この会場は4回目。再建後、毎年欠かさず富や蔵のライブ行ってることになります。
縦長でフラットな会場なので、整理番号の割に後ろになってしまってステージから遠い感じするし、座席がフラットな上柱の陰になって見えにくい場所があったりしますが、蔵特有の土壁の香りや薄暗さが落ち着くし、音響がシャープですごく良いので、すごく気に入ってる会場です。
それに個人的に福島・郡山に対する特別な思い入れもあります。
終演後、熊本支援募金箱にほんの気持ちだけいれて、寄り添う気持ちはお互い忘れないよって。

同行したHさんは、細坪さんのため、郡山在住のお兄様を一生懸命誘って1枚チケット売り上げに貢献。偉いわ~!!ネット販売終了間際ぎりぎりに購入したその整理券番号が182番。
ええ~?いやーいくらなんでもあの会場に180人はないよ(°_°)。きっとプレイガイドごとに番号振られて、中の数字50番くらい飛んでるんだよ~と、カラカラ笑う私。
しかし、炎天下番号順に並んでみたら、あれ??ほとんど番号飛んでない@@;
げげ?最初は100人くらいの会場だったのに、この灼熱地獄にどんだけ詰め込気なの?<なべさん
と、思ったら思いのほか、ゆったりした座席配置。へえ~。こんな広い会場だったっけ~。
まるでハリーポッターの魔法のテントみたいじゃん。
登場するなり細坪さん、ちょうどその日の雨上がりの夏空のような晴れやかな顔で、「実はステージを柱2本分、後に下げたんですよ((^∀^*))」。
そうか、謎が解けました。年々お客さん増えてく感じしてましたが、今年は更に増えたようです。
細坪さん、勢いがありますね~。「年寄りには演歌よりフォークっすね」、と若造に言われて細坪さんは腹立てたそうですが、良い傾向じゃありませんか
去年のスリハン郡山市民文化センター中ホールはすごい熱気だったし、フォーク世代の青春探しは私に限ったことではなさそうです。
10968004_2225302767_72large.jpg

セットリスト
1メロディー 2思い出通り雨 3 吹き過ぎる風ばかり
4バス停まで 5白い冬 6青空
7セピア色のオールドタイム 8HEART OF GOLD
9夢のかけら 10おくりもの
11流れゆく河のほとりで 12あの日のように
14風笛 15ハラカラ   16風来坊
17春雷 18やさしさとして想い出として

〇天賦の才能
私がここ数年ライブ行った場所では新潟、郡山の客席の雰囲気いいなあって思います。
去年のスリハンだけでなく、富や蔵ソロでもとても良い雰囲気で印象深いです。
今年も、地元の常連さん達が熱いですねo(^▽^)o。ずっと細坪さんと一緒に歌ったり声援送ったり、さださんのいう最前列の義務を自然に果たされて、見ててとっても微笑ましいです
細坪さん、努力してるオリンピック選手と違い、俺は父と母からこの声をもらっただけだ。何もしてない。俺がこの声でなかったら何をしてたんだろうなと。
何を仰る!うさツボさん
オリンピック選手だって両親からそれはそれは類まれな才能と努力できる環境を貰ってかつ運のある人達ですよ。だからもちろん才能だけでは生き残れない大変な世界でしょう。
でもアーティストだって、声が特別良いだけではそうそう生き残れませんよ~。
三浦さんがラジオでおっしゃったように、それだけのパフォーマンスがなければ、いかに声が良くても長く続けられるものでもないでしょう。
細坪さんは歌唱だけでなく、エンタティナーとして聴衆に楽しんでもらえるよう、よく研究努力されてると思いますよ。 
青春の思い出探しに来た中高年がふと思い立ってライブ出かけてみたら、またあの頃のように夢中になれるステージだったから、また来年も行こうって思えるんですよね
ずっと細坪さんのコンサートを待ってた地方のファンはうれしくてしょうがないんですよ

〇原音響
富や蔵の音響、大好きです。年々聴力落ちてるんでデパートの館内放送が聞き取りにくくなるのと同じで、残響が多すぎると、ワンワン響いて歌詞が聞き取れないのですが、ここの蔵の壁から伝わってくる振動はシャープでそれぞれの音が澄んで聞こえてきます。
詳しくないので多分ですが、それぞれの音がはっきり聞こえて、残響によって自然に起こる不協和音が少ないとでもいうか。
シャープなんだけれどそれでいて、久保田さんのリードギター(細坪さんのリードボーカルはもちろんのこと)の音の伸びが良くて、バッキングと同じアコギの音とは思えないほど突き抜けて指の動きに忠実にクリアに聞こえてきます。
またこの日、特に、二つのボーカルバランスが絶妙
久保田さん、こんなに力強く歌ってたんだーー高音の裏声から青空の「なんてー」の重低音まで、良い声だわ~と思わずまじまじ歌ってる顔みてしまいました。きゃあ~、目が合っちゃったりvv
好みの違いもあるでしょうし、スピーカーとの位置関係にも左右されることで、あくまで個人的感じ方ですが、私にとっては今年最高の音響だったと思えます。
あと何にもない電球だけの照明も、良く曲調に合ってて、細坪さんの音楽に通じてることがわかります。
豪華な照明じゃないけど、これってファンにたまらなくうれしいんですね~。
そして、偶然の産物だと思うのですが・・・
たまたま私の席からは細坪さんの頬の輪郭に当たってる青い照明のせいで、顔がスマートに見えたんです。まるで若い時に見た時のお顔のようで、錯覚かしら?目をこすりこすり珍しくじーーーーーーっと穴が開くほど見つめてしまいました。きゃああ、目が合っちゃたり・・・は、全然しませんでしたから、じっくり観察できましたよ~\(^o^)/

〇宇宙人の牙
今回割と間近でじーっと顔が見られたので、私はある謎を解明すべく宇宙人の口元を見てました
宇宙人、八重歯どうしちゃったんだろって。確かまだあった気がするけど・・・
八重歯が見えてる時の表情や発声は全然違って、迫力あるんだけどなあ・・・。
片方は見えるけど2本揃ってはもう見せてくれないのね・・
と、思ったら、きゃああああ出たあああああああ――――!!「ハラカラ」ずっと待ち焦がれてたこの瞬間を~♪春雷でもばっちり
憑りつかれたような表情で歌われて、絶好調でした!!

〇チーム東北
どうも音響は原さんという方で、DVDになる品川スリハンの音響も担当されたとか。そして照明は上野さんのステージアンサンブル。わーい\(^o^)/。なんかちょっとうれしいです。
だいたい、地方こそがスリハンを一生懸命応援してるのに(沖縄、九州、新潟、東北が熱いよね)、なのになんでまた東京ライブをビデオ撮りするの?
全く昔からNSPは、東京でばっかりメモリアルライブやっても地元に全然思い入れないのよねって、・・・、
でも舞台スタッフがチーム東北と聞くと、他のアーティストのように中央の熱狂ライブを地方でも、じゃなく、地方の熱いライブを中央に持ってったって感じなんですね(*^_^*)。
手元に届くのが楽しみです。
でも9月21日、細坪さんのノクターンライブCDDVD同日発売で、一気に見るのが大変です、感想書かなきゃならない私の身にもなって~(←誰も頼んでないから)
なので、9月3日に、ノクターンライブ、入手できますように。神様仏様ツボ様、お願いします


〇ツッコミどころ
その1 ヤマハの女性アーティスト、細坪さんの記憶から完全に忘れ去られた方・・・辛島美登里さん。あんなに綺麗で可憐な方なのに・・・・いや、実は私もその時名前が出てこなかったんですが・・・確実に脳細胞の死滅を感じる今日この頃。
その2 宇都宮で飛鳥が大ホールからあいさつに来た良いやつだって話よくされますが・・・あの時細坪さんがコンサートしたホールは「中」ホールではなく「小」ホールだったんですよね。
その3 ジローさんが四角桂子さんのライブにゲストで来たときの話。
「風」を最初に歌って、メンバー紹介を2巡して、また「風」を歌ったの??
それで風の楽譜ないのかってジローさんが聞いたの????
???でした。いきなり歌うことになった曲は風だとすると話の前後関係がおかしいような・・
その4 風笛の間奏からリフレインに入る時コードが狂った細坪さん。苦笑する久保田さん。
何事もないように歌いだす細坪さん、さすが。
そして、「パピヨンのテーマを」と突然ふられて、さっと弾きだした久保田さんもさすが。
平然と「太陽がいっぱい」を。違う!って私はとっさに思ったけど二人とも確信持って「それだ」って。
そこで「ちゃーららーららーららーららららららー♪」ってメモった私。
パピヨンは、「ちゃーらら、らーらららー、らら、ちゃらら、ちゃーらららー♪」です。
ちなみにひまわりは、「ちゃららーららーららー、ちゃららーらららー♪」です。
(これで違いがわかる自分が怖いww)


10968004_2225302761_84large.jpg

来年3月なんと、40周年のゲストコーナーだけを切り取った沖縄フォークの日が東北郡山に逆輸入。
フォークの日、うらやましがってないであんたも来なさいとふき友さんに言われ沖縄まで追っかけたら、なんでかなべさんが同行してて??でしたが、きっと東北に連れてくる算段でもしてたのでしょう。
去年は三浦さん、一昨年と今年10月29日喜多方はジローさん、来年はオールキャストですか。
やるな、なべさん。いよ!東北男児!!
細坪さんのブログによると、FM喜多方の小田切さんと喜多方プラザの篠田さんの尽力もあってのことだそうです。
わーーーーい。ありがとうございます!!
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/910-7d6e632e