ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

DVD スリーハンサムズコンサート2016~俺たちの放課後~

Posted by ふざけおに on   3 comments   0 trackback


11070801.jpg
スリーハンサムズ初のライブアルバム。
彼らはかつてのランキングレースに、聴衆はメディアが作る流行に、追いていかれまいと背伸びしてあがいた日々からいつしかコースアウト。今、世間はどうあれ、好きな音楽を心ゆく間で楽しむ時間を謳歌しています。
難しい授業に付いて行こうと必死に努力した時間があったから、今人生の放課後を(青年期を授業とすると)人一倍楽しめるのかもしれません。
人生の放課後は緞帳が開いたばかり。長い長い舞台を役者さんも客も共に楽しみましょう。外は美しい夕暮れ時。
いつしか夜の帳が落ちて、天野さんと再会する日まで。
11070701.jpg

○世界にひとつだけの音楽
ポニキャンは今年創立50周年だとか。
これは1980年のキャニオンニューミュージックカレンダーの表紙です。
11070803.jpg11070804.jpg

1、2月ツイスト、3.4月が山崎ハコ、5,6月が永井龍雲、7.8月がNSP、9,10月中島みゆき、11、12月が松山千春。
この年の初頭、ヤマハの社長が「NSPは中島みゆきが世に出るまで、ヤマハのポップス部門を底支えしてくれた」って誉めてくれたんですよ~。
だから、ポプコンエイジでスリーハンサムズがトリを勤めたのは、NSPと故天野滋氏がヤマハポップスの黎明期を支えたことに敬意を表してだと思ってます。やがて黄金期を迎えるまでNSPは、多くの若者の共感を呼び、音楽を志すアマチュアに夢をくれたんですよね。中学生だった兄はいつも「ひとりだちのすすめ」を口ずさんでたこと思い出します。
でもそのちょうど80年あたりから、ザベストテンのニューミュージックブームが岩手の「トップ40」と中央のランキングを均質化しちゃったんですよね。
79年から3年間一生懸命、私なりにリクエストカード書いて(葉書採用率1位で、天野君以来だって北口さんに言われました)持てるお金全てレコードに注ぎ込み・・・
、でもだんだんNSPが人気低迷していくのが分かって、天野さんはヒットが欲しい、プロとして危機感を感じるって焦ってるし・・・、無力感に苛まれたあの頃でした。
考えてみれば自分が好きなら、それでいいのにね~。音楽というクラスに成績1番の子もいれば45番の子もいるのも当たり前で、クラス順位は低くても世界にたった一つだけの音楽、ナンバーワンじゃなくオンリーワンの美しさがあるんだよね。人それぞれ恋する相手が違うのと同じで、誰もが同じ音楽を好きになるわけじゃない。
NSPの音楽は私の見ている風景、感じている思い、青春の心象風景そのもの、私にとってオンリーワンだったってこと、やっとこの頃よく分かるんです。
そうだよね。世間の順位なんかどうでもいいわ。自分が好きなものが一番だって。私の人生の中での順位は、ベスト2なんだから(「1じゃねーのかよ!?」→ごめん。「愛のナイフ」以来「2」になってしまった)
ってええええ?オリコンDVDウィークリーチャート29位!!!
きゃああ~。おめでとうございまーす!!(←順位なんかどうでもいいんじゃなかったんかい?!)
平賀さんがポニキャン社員で、皆さん販促頑張ってくれた結果ですね~。
平賀さんがポニキャンに入ってくれたから、天野さんがNSPが実はコアな層に愛されていること、自分達の音楽の価値を、天野さんが再認識できたから、今のスリハンに至るわけで、平賀さんに心から感謝です。 良かったね<天野さん。
「人生のかほり」、天野さんの爽やかな笑顔がテレビ画面に浮かんで来そうなほど、細坪さんが心を込めて唄っているのがわかりました。二つのグループのファンとして二人の出会いに感謝です。

○会場で、会場の外で、遠く自分の故郷で
定番の曲にほぼ定番のMC。
3人とも少し固いし力んでいる感じありますが、それでも2012年に初めて秋田で見た時に比べたら、ずいぶん演奏が安定してます。余裕を感じます。特に中村さん、ここ数年のライブ活動の自信の表れでしょうね。
演奏以上にMCの楽しさ面白さは加速度的にスキルアップ。3人ほぼ同級生横並びの仲良しぶりはスリハン独特のエンタメ性として確立されたステージだと思えます。
客席、男性が増えましたね~。
ご婦人方は昔王子様好き補正かけて若い頃の面影を追ってる傍らで、3人揃って家族持ちの親父バンドってのが、世のお父さん達を元気づけるのかもしれません。
今まで地方中心に沖縄から札幌まで20箇所近く、(今年は京都、大船渡、府中、仙台、山形、新潟、札幌追っ掛けたぞ)ライブ見てますが、NSPFirstみたいにどうせなら、電力ホールとか地方の会場も収録して欲しかったなあ~。
まあ、80年の田園コロシアムの成功を祈って八月の晴天を眺めたあの日の気分を味わえたからいいか。
でもせめてさ、ふきのとう野音みたいに「会場で、会場の外で、遠く自分の故郷で、スリーハンサムズコンサートを見てくれた一人一人に感謝します」ってMCかテロップが流れるかと思ったのに、、ふううん、地方で一生懸命応援したのに、やっぱり東京が大事なんだね。未熟な私はいじけちゃいそうでしたが、音響照明がチーム東北ってわかってちょっとすっきり。地方のコンサートを東京に持ってたんですね。
「おまけ」で開演前に客席に「声援」と「笑顔」をお願いしてるのを見て、またスリハンのライブ応援に行きたいって思えました。
って、あら、なんで「愛のナイフ」エントリー漏れなの?「風が違う」も?!
「愛のナイフ」は細坪さんと天野さんの出会いの曲なのに~ というか、今の私を決定づけたのは「愛のナイフ」だったんだよね~。
愛のナイフ、初めて聞いた日の日記です。

以下ツッコミ感想です。(既に突っ込んでるじゃん!)

○コメンタリー
うん、よく洋画のDVDについて来るけど、スターウォーズのルーカス監督のおしゃべりさえ全部聞いたこと無いですが、今回は本編は家事しながら流し見で(おい)、コメンタリーはちゃんと正座して3度聞きました(バカ)
3人とも素面とは思えないハイテンション。少し入ってるんじゃないのって感じの居酒屋トークが炸裂してて面白かったです。

○漬け物差し入れする平賀母の愛
細坪さん、全然意味わからないので、平賀母の愛の言葉を遮ってしまってました。私はおおうけしてたのに~。今度是非平賀さん、MCでやってくれるとうれしいです。
ちなみに意味わからなかったユーザーのために私が翻訳します。
「あらー天野君中村君、豆しがったね~背おがったが?はっぱりおがらねな~」
訳:「あら~(お久しぶり)。天野君中村君、豆豆しくしてますね(頑張って働いてますね)。身長は伸びましたか?あら、見たところ、あまり伸びてないようですね~」
背が伸びた?とお元気でしたか?が同意で、男の子との再会の挨拶になるのが花巻の母の「愛」、伸びないわねってのはいつまでも子どものように可愛いと思ってる心の表れなんですよね(笑)
昔から思ってるけど、平賀さんのお母様、良いですね~。
いつか、平賀さんのお母様と話してみたいものです。

○アクセント
食べる「飴」にアクセントはありません。
東北訛りの「雨」は「め」にアクセントがあります。
共通語の「雨」は「あ」にアクセントがあります。
平賀さん細坪さん、おわかりかな?
(私は椅子のアクセントが直らない。<い>にアクセントつけちゃうのよ;)
気になってるのは赤い糸。
「人は生まれながら」は、「生まれ」に抑揚があるのがオリジナルイントネーションなのよ<細坪さん。

○中村家不幸物語
中村さんは良いとこの子?いやいや細坪さんの方が良いところのお坊ちゃんです。
中村さんの家庭は色々あって、苦労人なんですよ~。
赤紙貼られた話は涙なしには聞けません;;私も家庭環境が良くなかったので中村さんにいたく同情してました。って転勤族?あれ、小料理屋さんだったような・・・

○時系列
平賀さん、時系列時々おかしい。
細坪さんの結婚式81年3月で、「めぐり逢いはすべてを越えて」は82年5月発売なのでまだ未発表曲ですけど・・・まだレコーディングしてない曲を候補にしたとは思えないなあ。
だいたい他に候補はあったはず。シングルだったら天野さんとの合作「愛のナイフ」でもそのB面「大きな街まで」でもいいし、八重歯がかわいい細坪さんに「あなたこっちを振り向いて」でもいいし、結婚する友人との青い時代さらばの「青い涙の味がする」でもいいし、個人的には「スープインザモーニング」。
でもなんたって細坪夫妻にふさわしいのは「北北東の風」(2番は微妙だけど)でしょう。来年は細坪さんに唄ってもらいましょうね(^^)平賀さんは八月の空へ翔べでよろしく。中村さんのパンツいりませんから
しかし別れを唄った「Rain」が逆雨乞いみたいに不幸払いしたのか、細坪さんのところはうまくいき、一見幸せそうな歌詞(実は二人離ればなれで遠くから幸せを願ってるという唄ですが)「冬銀河」を唄われた天野さんところは、この曲に呪われたみたいに破局しかけたという@@;。
いやいや「冬銀河」はふきのとうを代表する名曲ですから、細坪さん、ちゃんと唄い継いで下さいね。もし冬にスリハンあったら、みんなで天野さんを偲んで大合唱しましょう(おい)
にしても、平賀さんったら、「人生のかほり」は私は初めて秋田で聞いて即、天野さんをメージしましたよ~この曲に近い曲調だとするなら、多分グローブ座で聞いたのは「旧友」なのでは?
夕暮れ時はさびしそうで売れたからふきのとうともジョイントも出来たって言ってたけど、ふきのとうが札幌で73年に前座した時はまだ「夕暮れ時はさびしそう」は出てないので、74年以降のジョイントのことですかね。
そして善意の天野さんがなんでか笑い者にされるGパン事件が起きたんですね。

○唄って喋るお地蔵さん
細坪さん、70年代もよくしゃっべてますよ~。当時見た人みんな言ってます。
私が初めて見た80年代初頭もMC上手でした。ただ今ほど明るく快活な感じではなかったですけど・・・
ふきのとう79年ライブ収録した「風をあつめて」。細坪さん、声が最高に良い時代で、「春雷」は生涯最高の歌唱でしょう。MCも冴えてて、それまでふきのとうのメンバーがどういう人達なのか全く知らなかった私はこのレコードで、唄もトークNSPよりふきのとうは上手いな~NSP路線変わってきたしなあ~って心変わりしたような・・・・(ごめんよ~)
平賀さん、「風をあつめて」一度聞いて見てね。
細坪さんもNSPのファーストくらい聞いてやってね。
「あのねのね」と間違えられた理由がよくわかるから(おい)。
今のスリハンの楽しさは、NSPの学生時代の「First」が源流なんですよね。

○年間210本
「いろいろ含めてだけどね。大変だったんだよ~」という中村さんに
「俺なんか78年にコンサート250本やったんだぞ」とは言わない(言えない)細坪さんが痛々しい(ノ_<)
○夢のユニット「天野&ツボ」
98年の5月鹿児島のラジオで二人でアルバム出そうって盛り上がってましたよね。
「NSPをやれよ」と言う細坪さんに、「NSP復活はあり得ない」と強く抗弁する天野さん。細坪さん、天野さんの本心を見抜いてたんでしょうね。
今回のコメンタリーでも、「NSPはやっぱりNSPなんだよ」って細坪さんの言葉に、優しい心遣いと一抹の寂しさを感じるのでした。
NSPはNSPで、ふきのとうがふきのとうであるのと同じで、スリーハンサムズはスリーハンサムズだから。

○本編ツッコミ
「もの憂げな10月」は、主旋律が弱いと全体的に音量が弱くなるので、平賀さんも妹尾さんも楽器持たせないでハンドマイクで唄わせるか、会場一緒に歌いましょうがいいかも。
2箇所の間違い探し?遠野物語と風来坊かと思ったです。「Rain」?細坪さん毎回「かわいそうだ」と唄うので、スリハンの「Rain」はそれで行くことにして、補作詞細坪基佳にしちゃいましょう。
「遠野物語」の真相
天野はダメだ。中村もダメだ。NSPはもう平賀で行くしかない。というディレクターの陰謀だった?!そして、やっぱりこける・・・

○こける
アンコール退場する細坪さん、こける@@;
結構最後にこけるんですよ。いっぱいいっぱい唄ってるから、足元ふらつくんでしょうね。
平賀さん、私は細坪さんのソロずいぶん見てますが、会場にもよりますが、間違いなくスリハンの時の方が表情堅いし、不機嫌なこと多いですよ~。プレッシャーかかってるんですよ。スリハンの時は声も最初から枯れ気味です。前夜しゃべり過ぎてたわけでなく、ソロの時より唄を吟味して頑張ってリハするからだと思いますね。
おまけの楽屋風景でも、他の二人よりもほっとして弛緩してる顔が物語ってるもね~細坪さん、けなげな人なのよ~。NSPファンとして心から感謝。そして本当にお疲れ様です。

○風来坊
風来坊だけ反応したという外国人の少女。風来坊は中国の労働歌になってるらしいので、どっかで聞いたことあるのかも。

○大根足
「足を運びにライブ会場来て下さい」
最後の最後に大爆笑。平賀さん笑わかしてくれるじゃん。
承知!!わかりました!!
この短期間にこれだけ楽しめるDVD発売に漕ぎ着けた平賀さん私の自慢の桜島大根足を運びにライブ会場に行きます!
ここで一句。
<平賀さん,私の大根足、逃げないで>
これって仕込み~?馬のどこの骨と同じく。
さすが本業プロデュサー。頼りになります。平賀さん、偉い人です。
NSPはもちろん、ふきのとうもよろしくです

関連記事
スポンサーサイト

Comment

says... ""
ホント、おもしろい! ふざけおに節炸裂です。そして、国語の勉強にもなるし。(こう読むよな~やっぱそうだ!)わくわく  んだんだ~(にや~)

いつしか夜のとばりが落ちて、天野さんと再会する日まで。.....泣けます
2016.10.12 11:32 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "Re: タイトルなし"
コメントありがとうございます。
Hさんですか?

この前、余計なことを言いふらして、注意されたこと、
反省してます。ごめんなさい。人間出来てなくて。
2016.10.13 14:33 | URL | #- [edit]
名無しの権兵衛 says... "Re: Re: タイトルなし"
そうです。Hです。私はふざけおにさんのブログ大好きですよ♪これからもファンでいきます。(行きます!活きます。往きます!)
2016.10.18 19:49 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/917-4049ee6b