ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

映画「サイレンス~沈黙~」★★★

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

プチ文学少女だった私、高校の頃愛読してたのは、井上靖、北杜夫、遠藤周作の3人でした。
中でも遠藤周作の「沈黙」が好きで、何度も読みましたね~。「海と毒薬」も。
「イエスの生涯」も読んだけど、これはあまり記憶ないです。

昨年暮れ、細坪基佳さんが札幌ライブで「遠藤周作の「沈黙」が好きで若い頃夜中に一気に読んだ。今度映画になるんだよね。」って仰ったのでこの映画のこと知りました。
きゃあああああ!!同じ作品にはまってたのね~
よし映画見に行こうっと。
でも正直、あの極限の内面の世界をどう映像化するんだろうと。
凄惨な弾圧シーンとか文章だから良いのであって、映像にしたらグロいんじゃないかとか不安はありました。

でも結局、映像化するなら、こういう感じなのねって納得の出来でした。(思ったほどグロくなかったです。)
原作との違いや捉え方が違うのが気になるんですけど、それが映画ってもんですよね。
極東日本がキリスト教が根付かない沼地というなら、キリスト教圏、というかハリウッドはこういう風に結末を落とさないとすっきりしない風土なのかもしれないです。
原作を映画化する間に微妙に内容が変質していくのは、伝来宗教が土地によってだんだんアレンジされていく様と同じなのかもしれません。

総じて鬱な映画でしたが、史実から目をそらさない、真理を深く考えさせてくれる映画を観たいという欲求を、十分に満足させてくれる映画でした。

以下思いついたこと並べただけのネタバレ感想です。

○キチジロー
まずこの物語のキーパーソンであるキチジローが美化されすぎ、良い人すぎなのが違和感ありましたね~。
キリスト者にとって最も崇高な自己犠牲は、「死」よりも辛い「棄教」だと描かれ、それこそが信仰を貫く行為だというのはわかるんだけど・・・。
まるであれじゃ、キチジローが真っ先に殉教者の手本を示したみたいじゃん。日本人を悪く描きたくなかったのかもしれないし役者さん美形だから映像的に最後は綺麗に見せたかったんでしょうけど・・・、彼は無学で弱く醜いエゴイストでいいんですよ。
キチジローを通して、ロドリゴは、裏切ったユダさえも愛し、ユダのためにこそ十字架に磔られたイエスと同じ境地を識るんです。
彼を許したのを最後に、彼と訣別してこそ、ロドリゴは棄教という崇高で完全なる「殉教」の生涯貫いたと言えるのに・・・・
原作にはない棄教後の後日談、キチジローの告解を神父としてやっちゃったのが余計だったな~ーー;

○偶像崇拝
でも棺桶に殉教者の形見のクロスがあったのは、裡に秘めた信仰心を映像にするのにありだと思いました。
「神は心の中に存在する」
遠藤周作のエッセーの中で、目に見える事実・事象と、真実は違う、真実はその人の裡に確かに存在するというくだりを思い出します。
ついでに思わず、親鸞聖人が頭に浮かんで、仮に「南無阿弥陀仏」を唱えなくても、その人の信仰心が信実なら救われるんだよね~
と、雑多な宗教を思いつくのが極東日本の沼地。
確か原作では、日本人のアニミズムだけでなく「偶像崇拝」についても考察されていた記憶あります。日本人には姿なき「ヤーウェ」がわからない。聖母マリア像を好んで拝むあたり阿弥陀如来感覚で、創造主をイメージできない民族だと。
多分それを語り始めたら観念的になりすぎて物語がわかりにくくなるので、描かれなかったんでしょうね。

○パライソ
江戸時代の日本は良かったという人、結構いますけど・・・華やかな町人文化の中にいられたらの話。人口比からして多くの人はピラミッドの最下層、地方の極貧水呑百姓で、生涯過酷な奴隷労働で、必死に働き、働けなくなったら死んでいく、楽しみなんてない人生だったわけです。そういう時代の陰をちゃんと描いた映像を評価したいです。
死んだらパライソに行ける教えは、彼らにとってなんて甘やかな夢。唯一の希望に思えたでしょう。貧しい人の方が天国に行けるんですから。
信仰のためなら死んでもいいという百姓にとって、現世の苦痛は永遠の幸福を約束されたパライソへの切符だったんでしょう。
貧しい人が慎ましく善良に心安らかに死ぬために、宗教が必要だったのかもしれない。

○グローバリズム
信仰心の信実を主題と感じた私とは違って、主人は現代のグローバリズム、宗教の対立への警鐘に主題を見いだしたようです。宗教を押しつけないことが、異教徒を救うことだと。
つまりキリスト教の歴史を鑑みると、もっと異教徒を理解し、寛容にならないといけないって話に見えたそうです。元祖ユダヤ教がキリスト教を迫害し、キリスト教徒はユダヤ人を迫害し・・・
十字軍何回も遠征してイスラム教徒を根絶やしにしようとしたり・・・・だからイスラムに恨まれるんだよ~。
後発メーカーは、先発メーカーに迫害される宿命だよな~ーー;
アブラハム一族が神からイスラエルを約束の地をもらったという起源前の旧約聖書のせいで、同じ元ネタ本信仰する3つの宗教対立が、今世紀まで・・・いい加減にして~って感じ?
それって創造主の愛に背いてるよね。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/931-8b595f4d