ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

スポンサーサイト

Posted by ふざけおに on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~フォークだよ全員集合inこおりやま~その1(細坪、杉田、鈴木、三浦)

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

10968004_2248608700_128large.jpg

音都郡山のフォークの日、細坪基佳さん、杉田二郎さん、鈴木康博さん、三浦和人さん、NSP、豪華過ぎるメンバーと懐かしのメロディーをみんなで歌って楽しんで、トークでは笑い転げ、MCリレーでは、次の人の長所を褒めることも忘れない出演者みんなの熱い友情が何よりもうれしいステージでした。
天野滋氏、加藤和彦氏、永六輔氏、、フォークソングに生きた故人の名前が挙がってましたが、みんなステージにいてうれしそうに笑ってる気がしました。
その人の歌が歌い継がれる限り、その人は人々の心に生き続けるのでしょう。


1 細坪基佳さんのコーナー  (ギターサポート久保田さん)
①風来坊 
②夢のかけら 
③やさしさとして思い出として
 杉田さん登場

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★・‥…━━━☆・‥…━━━☆・

胸に3本のボーダー入りカーディガンと白のパンツ、ラフで爽やか服装の細坪さん。出演者それぞれのコーナー、最後に一緒に1曲歌って交代するリレー形式でやると説明されたあと、楽屋を手招きする仕草で、
「本日のトップバッターは・・・・細坪基佳さんです!!」とお茶目な進行。
1曲目からおなじみの曲で会場に手拍子&歌わせて、2曲目ソロ曲はリズムに乗って手拍子を、3曲目バラードは会場にコーラスをさせて、最初からアクセルふかして客席をうまく乗せて温めて、次につなげたい意図がひしひし伝わってきました。
今日はステージと客席が一緒にフォークソングを楽しむ日なのですね。
大丈夫、今日は私たち東北フラガールにまかせて~

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥

2 杉田二郎さんのコーナーギターサポート久保田さん
10968004_2248608695_152large.jpg
次郎さんの新アルバム↑50周年までにしっかり予習しておきます。


④青春のわかれ道(細坪さんとジローさん)
  細坪基佳さん退場
⑤男同士
⑥戦争を知らない子供たち 
⑦ANAK
  鈴木さん登場、
⑧風(ジローさんと鈴木さん)  
  ジローさん久保田さん退場

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★・‥…━━━☆・‥…━━━☆

フォーク界の大御所、戦争を知らない子供たちをこの命ある限り、全国回って歌い続けたいという出演者最年長のジローさん、笑顔が若々しいというかかわいいです。
⑥と⑧は頼まれなくたってみんな歌っちゃう国民的フォークソング。
私はジローズもシューベルツもクルセイダーズも知りませんが、⑤⑧⑳は中学校の朝帰りの会でよく歌ったので歌はよく知ってます。
少し年輩の同行したお父さん達はジローさんの全盛期を知っているそうで、口々に「ジロヤン、すげえな~」って今の野太い声の歌い方真似してました。
中高年のお父さん達には今のジローさんの低音が男らしくてかっこよく映るのでしょうね。
4月に50周年記念コンサート開催されるジローさん。錚々たるゲストの中、メイン司会は我らが王子、細坪さんなのでしょうか。
遅ればせながら最新アルバム買いました。ちゃんと50周年までに予習していきますね。
当日ジローさんのコンサートでは、「どこそこ(地名)から来ましたーーー!」と叫んだら、ジローさんは必ず「ありがとうー」と返してくれるそうですよ。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━

3鈴木康博さんのコーナー
⑧一億の夜を越えて
⑨Believe in your smail
⑩燃ゆる心ある限り
三浦さん登場
⑪ロンド(三浦さんと)
 鈴木さん退場

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★・‥…━━━☆・‥…━━━☆・

鈴木さんだけは久保田さんお休みで、完全一人舞台。⑧弾き始めたときは、とてもギター1本で弾いてるとは思えず、誰かほかにサポートしてる人がいるんじゃないかとステージ探したというFさん。私もYさんもギター弾く手元見ながら思わず「うまーーーーい@@;」
⑨の「手拍子しながらイエィイエィ」はおばちゃんには難しいですぅ。でも良いボケ防止になりました。たまに脳みそに負荷かけないと、いけませんよね。
鈴木さんというと音楽夜話で小室さんとあんべさんの話してたのが、印象深いです。
10968004_2248608702_141large.jpg
これについてはまた後日書くとして・・・
うれしかったのは「燃ゆる心ある限り」この曲、聴けば聴くほど味わいがありますす。「この青春の火を絶やさずに生きていこう」って音楽への情熱に勇気づけられます。
三浦さんがオフコースの「さよなら」や「秋の気配」の話を出すと、「その曲、僕は歌ってないから」
思わず、三浦さんと二人で「いうと思ったー」ってハモっちゃいましたw
でもね、最近「スリー&ツー」の曲やってみたりしてるんですが、いやあ、オフコースのこのアレンジのすごいこと!すごいこと!!この究極の音楽性は、鈴木さんの才能によるものでしょう。オフコース大ブレイクの立役者は鈴木さんですよ。
最後の三浦さんとの「ロンド」。三浦さんのMCが胸きゅんでした。エリートコースを外れたからOFFコースで、母の望む道を歩まなかった若き日の鈴木さんの後ろ姿が見えるようでうるうる来ました。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★・‥…━━━☆・‥…━━━☆

4三浦和人さんのコーナー(ギター久保田さん、ベース平賀さん)
  平賀さん登場
⑫愛はかげろう
⑬追憶
⑭夜明け前
  平賀さん退場 中村さん登場

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★・‥…━━━☆・‥

⑫久保田さんのギターイントロの旋律が美しく鳴り響くと、会場どよめき拍手が自然と沸き起こります。加えてヤマハつながりの平賀さんのベースが入ると音の厚みが出てうっとりでした。ところが何故か平賀さんのベースが入ったとたん、にやりとして平賀さんの方を見る三浦さん。それ以外も時折にやりと。「元の顔が笑ってるように見えるだけです」と、三浦さんは主張してましたが、本当に歌いながら笑ってましたよw多分、平賀さんの裏からの入りがナイスだっていう意思表示と思うんですが・・・、違うのかな?
え?何?⑬で三浦さん、私のことじっと見てる?見つめてるー?きゃあああああ
一瞬舞い上がりましたが、しかし、まもなく現実に気づきました。譜面台の楽譜を見るのに、目線が下がってるだけで(⑫は譜面見なくても歌えたんだね)、私など見てねーよorz...
しかし、最後⑭は私の好きな曲なので、そうよ、私のためだけに歌ってくれたのね~と再び妄想まっしぐらでしたw
やっぱり三浦さん、一番若い、声につやあるし、声量もばっちり。
Hさんもつぶやいてましたが、三浦さん、客席の反応を上手に引き出していつのまにか三浦さんのペースにはまってる感じから、すぅーと沈鬱な曲へ入っていくあたり、うまいなあって、安心してステージ見てられました。
⑮の曲タイトルをじらすように、「夕暮れ時はさびしそう」と「八十八夜」の思い出を語りだすと場内のNSPファンから拍手が起きます。すると「そのリクエストには答えられないなあ」と引っ張っておいて、「北北東の風」で落とすとは!!
やるなーーー。三浦さんって感じ。
三浦さん、今回はコード激むずの鈴木さんと共演させられ、NSPのマイナー曲を中村さんと共演させられ、うん、さすが、万年新兵だなって。きっと細坪さんや平賀さんあたりにお前がやれ!って命じられたんじゃないかと勝手に想像。
あとで中村さんが、三浦さんの携帯がさっきまで楽屋で鳴りっぱなしで困ったよと。三浦さんひょっとして何気に日頃の不満を先輩たちに仕返ししてるんじゃまいかw
その不満が最後の「白い冬」で?!・・・・(おい)
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/936-c9bec900
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。