ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

スポンサーサイト

Posted by ふざけおに on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田さんの名言~時は待ってくれない「アーティスト 小田和正」

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback


3月20日に放送されたNHK特集、100年インタビュー 時は待ってくれない「アーティスト 小田和正
見ました。

10968004_2248646396_183large.jpg

俺と同じ感覚を持つ人とつながりたい。
そこにもいたね、ここにもいたねって。
ある人にとっては、軟弱だ、女々しいしとしか聞こえないものが
ある人にとってはすごく懐かしかったり感動的だったりする。


なるほど~。少しなんかすっきりしました。
タモリにはネクラ・軟弱と聞こえるものが、心打たれる感動すると感じる人もいて、そういう人とつながればいいだけなんだよね。
誰かにとって暗いとか田舎くさいとかいうものが、ある人にとっては情趣深いとか郷愁を感じるとかね。

私にとって、究極結婚もそうだったな。男か女かでなく、同じ感覚を持つ人、同じ価値観を共有する人、と、共同生活しただけなんだよね。

若いころは、流行を追う風潮についていけない感覚だったけど、
今やっと同じ感覚の人達とネットでつながって、音楽を心から楽しめてるのかもしれない。

10968004_2248646393_68large.jpg

オフコース解散「ヤスがいなくなって音楽ができるイメージなかったのでこれで俺は終わっていくんだって。無念な感じ。」
「いつまでも仲良くは理想的だけど、音楽とは妥協点見つけながらやっていくものではない」


小田さんにとって、鈴木さん脱退は自分の音楽人生の終わりに思えてたんですね(T_T)
大切な何かを失っても絶望的な気持ちになっても、歩み続けることで新しい何かを獲得するのかもしれません。
突き抜けてる感じ、妙に割り切ってる感じもないし、強がりや恨み辛みもないし、自分なりの答えとして正直な思いを語ってる感じにとても誠実な印象を受けました。

ところで阿部さん、「愛を止めないで」、が全国に先駆けてIBCで1位になって、その次に「さようなら」が全国大ブレイクしたような・・・遠い日の記憶・・・

「リハーサルではこれ歌えるんかいって思えるんだけど、本番になるとスポーツと同じで相当アドレナリンが出るので歌えるんだね、みんなオリジナルに近い感じで聞きたいわけだからそれを裏切りたくないから、もし声が出なくなったら潔く下げないで身を引きたい」

ちょっとギクリするようなシビアなお言葉です。
オリジナルそのものでなく、今現在オリジナルに最も近い演奏ならそれで聴衆は満足すると思うのですが・・・
個人的には、長く歌ってほしいと思ってます。
だけど、いくらなんでも走りながら歌うのは、大変だよね・・・・・
でもエンタメ映画監督として、ご当地ビデオはこれからも作ってほしいです。
頑張って~(。>ω<。)ノ
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/938-454f7f4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。