ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

最上川TSUBO下り2017in高畠

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

10968004_2256201450_225large.jpg

隔年開催の最上川TSUBO下り。今年は7回目になるのでしょうか。私は3度目の参加ですが、ステージアンサンブルの照明が美しくて心待ちにしているツアーです。
さらに今年はサポートが同郷の関淳二郎さんということで、いつもと違うステージが楽しめそうで期待大でした。
その期待通り、3の線の関さん、マンドリン持つと七福神にいそうな感じで、細坪さんのMCに絡んでくるのでお笑いコンビみたい。関さんのハイトーンボイスも迫力あって、ギターもちょっとエロティックで、面白いステージでした。
もちろん二の線で上品な久保田さんも良いですが、関さんとのステージもラフでいいですね~。

この日、私はあえて最後列に座りました。
それは照明PAスタッフさんと同じ目線でステージ全体の効果を楽しめる上に、気兼ねなく後ろを振り返られるので、ガラスに映るステージが見られるからです。
刻々と暮れていく山並みがやがて闇夜に変わり、有機体のようにゆらめく照明に浮かびあがるステージが幻想的で、自然と人工が織りなす光の芸術、得も言われぬ美しい光景でした。
去年の留萌の360度ガラス張りで海に沈む日本一の夕日に照らされたステージも良かったですが、いかんせん演奏者は振り返らないとそれを見ることができないのですよね。
もちろん普段の照明も客席から見てるわけでないのでしょうが、この高畠文化ホールホワイエは演奏者が、自分の目で夕暮れの風景からだんだんステージの照明に浮かび上がってくる自分の姿を見ながら歌えるので、さそかしテンション上がってたことでしょう。
ここは演奏者が自分のステージをリアルタイムで堪能できるのですごいライブなんですよ。
Encoreの最後に「皆さん、ソロの曲も覚えてくるように」と言いつつ、「春雷」!!
「おおおおお」場内からどよめきが上がります。
オーラスにふさわしい重厚な演奏と峻烈な照明で、感動!!の一言。
細坪さん、最後の力を出し切った渾身の歌唱でした。
次回2年先ですか。山形ツボ下り、とても待ちきれない気分です。
10968004_2256201373_99large.jpg
イベンターさんが元気に頑張ってくれないと地方ライブができないんだよと細坪さん。
スリハンも含め山形は毎年ライブあって、上野さんは偉いです!!
って、思ったけど、一番はスリハン含めると福島じゃない?
福島はなべちゃんのホームグランドだからでしょうか。
ナベさんや上野さん(小田切さんや原さんも)のおかげで、東北にたくさん細坪さんやスリハンのライブがあるので、それだけでも幸せです。
(岩手にふきのとう、あまり来てなかったよね~;;)
是非今後ともお元気で頑張って、細坪さん、呼んでくださいね。

セットリスト
1南風の頃 2回転木馬 
35月   4僕らの時代  5雨上がりの午後  
6雨の音  7思い出通り雨 
8白い冬    
9イマジン  10JUST HOLD ON LOVE
11セピアの色のオールドタイムソング 12雲のわだち  13メロディー
14風来坊
encore
15やさしさとして思い出として  16春雷

〇関淳二郎さん
今回の私的見どころは関さんです。もちろん、久保田さんのギターも好きですが、関さんのハモリも好き。同郷だし。
ハモリ声の響きが地声の高音時はすごい迫力あります。
でも間奏後奏ギターに向かうタイミングが早いので、久保田さんよりハモりが短いのが気になったところ。
もちろん、久保田さんとは、長年の阿吽の呼吸、場数が圧倒的に違いますから一朝一夕には追いつかなくて当たり前ですよね。
でも案外キー変えての「白い冬」、「春雷」のギターは、回数馴れの違いがないせいか、関さんの方に安定感感じたり。
関さんのギターは、指の腹でボロンボロン弾くことが多く、ピックで弾くのとと違って響きが柔らかいです。「雨の音」とか装飾音(ハンマリングかな?)が微妙にエロいのがイイw

細坪さんは気づいてないでしょうが、MC中にこっそりシャドープレイで練習してましたよ!!えらいです!
その割にはライブ中、MCに絡んでくるので、話のバリエーションが増えて、面白いです。

関さんの奥さん、関西人だそうで、同じ東北人として、生まれながらの関西人のお笑い気質は、カルチャーショックですよねw 
って親戚のお兄ちゃん??奇遇ですね~。二戸の福岡に同い年の従妹が居ました。
確か彼女の兄(つまり従兄)が私より2~3歳年上だったから案外どっかでニアミスしてるかも。親近感わくわ~。
マンドリン持ってると、七福神の一人か琵琶法師みたいっていじられキャラなのが笑えました。親近感わくわ~。
絵的に上品なのは久保田さんかもしれませんが、漫才コンビとしては関さんがいいなあ。
また細坪さんと関さんとのステージがあるとすごくうれしいです。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/948-7f1b1da1