FC2ブログ

ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

映画「DESTINY~鎌倉ものがたり」★★★★★

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

久々に主人と映画に行って来ました。
かまく

50歳以上の夫婦が同じ映画を見ると割引になるんですね~。知らなかったです。
うちは夫婦仲はすごく良いのですが、趣味が合わないので滅多に一緒に映画見ることないんですよ。
私はスターウォーズとか洋画派手なCGアクション系が好きなのですが、これが主人は「ジェラシックパーク」でも居眠りしてしまうほどドキドキハラハラに興味なし。地味なノスタルジー系邦画が好きみたいです。
出会って35年、ぱっと思いつく、二人一緒に見て好みがあった洋画というと「スタンドバイミー」、邦画では「鉄道屋」かなあ。
この「鎌倉ものがたり」予告ぱっと見た感じでは、珍しく好みが一致しそうな気配。
「3丁目の夕陽」みたいな内容に妖怪が出てくるらしいというので。
私ってば、ファンタジー好き妖怪好きだからってーか、リアル妖怪だから~。
じゃあ行こう行こう!!
しかし・・・本編始まる前の予告編。見事に全く私が見たいと思える邦画がなくて、もしこれ、若者向けのベタなラブコメだったらいやん退屈-- 一瞬不安がよぎる。

実際見たら・・・・
ラブラブ過ぎる熟年夫婦が見るにふさわしい心温まる純愛ドラマ。
疑うこともないから愛の誓いさえいらない、一緒に生きていることが当たり前な二人にとって最も恐れる避けられない瞬間、それは死が二人を隔てる時。
「千の風になって」「いつも何度でも」「世界の約束」を聴く度、人は半世紀を共に生きた伴侶との死をどう受容していくのか、想像しただけで切なくなるのですが、この映画はそんな憂いをほのぼのと笑いに変えてくれる懐かしくもファンタジックな(漫画チックな?)映画でした。
本当に二人の未来がこんな風だったらいいね~。
前世も現世も来世も、何度生まれ変わってもまた一緒になろうね~。
あ?!、あんた実は心からそう思ってないでしょ?
主人は私より娘がこの世で一番大事なのよね。(私は息子より主人が大事だけど)
でもさ、パパを大好きな娘を産んで育てたのは私なんだから、来世もやっぱ、結婚相手はアタシっきゃないよ~
なーんちゃって、
殺伐としたニュースばかりが目につく昨今、
こんなのろける仲の良い夫婦がこの世にたくさんいることは、良いことじゃありませんか。
是非、良い夫婦はこの映画をサービス料金で鑑賞し、楽しい来世を夢みましょう。

以下ネタバレ感想

〇鎌倉時間
時代が特定できないのが、妙に面白い。
最初、レトロな情景に昭和40年代かなって思ったんですが、
電車の模型に9000円??貨幣価値が上がってる?え?万札が福沢諭吉?
90年代~2000年、世紀末のあたり?
あら、TDLが違う?キンが年齢100を超えてるってあたりからして、近現代が混在してるパラレルワールドの鎌倉なんでしょう。多分。

〇イマジネーション

作家の想像力は最大にして最強の武器。
黄泉の国が、千と千尋の湯屋。一色先生、きっと相当ジブリ映画の影響受けてたんでしょうね~(笑)もう私もこれしかイメージできそうにないわ~(笑)
にしても、一色先生、想像力でもう少し接戦してほしかった、人の心の闇が実体化した天頭鬼に負けるの早すぎorz...
貧乏神が最強の切り札だって、「地獄先生ぬ~べ~」好きな私は結末完全に読めてました。だからこそもっと想像力で応戦してほしかった~。作家先生、情けねえ~

〇死神
「満月をさがして」愛読してた私は、死神ラブvv
昭和の古風な中高年多い中、今風の若者言葉の死神がユーモラス。ひょうひょうとした中性的演技が光ってましたね~。

〇好きな役者さん
中村玉緒さん、吉行和子さん、健在ですね~。
要潤さん、仮面ライダー俳優で一番活躍してるような・・・アタシャ真珠夫人にもはまったよ。
そしてなんといっても三浦友和さん。なんか雰囲気いで立ち、今の山木康世さんに似てる気がしました。
tomokazu.jpg

〇死んだ男
医師が余命を本人にしか言わないってのはどうよ?ってのはあったけど、
妖怪に魂を移して現生に残る夫が、残された妻子を心から愛する男の登場に、葛藤し煩悶するシーン。愛にはいろんな形があるよね~。しみじみ。
この男、結局成仏したっけか?どうなったの?あれ?

〇ツッコミどころ
あのキャラどうなったの?第2弾。
ヒロインあき子の肉体を悪意なく奪った霊魂。あきこが体をとり戻した時、あの子は生き返った母を、本当に亡くしたわけだよね。考えるとそこシビア。
その顛末を笑えるように結びに絡めてくれたら、観る側としては安心なんだけどね~。

この鎌倉ものがたり、公開したばかりだったんですね。中高年、家族連れが多かったです。


れい

今週末はいよいよラストジェダイ公開。前情報一切見ないようにして、本編に臨みます。
楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/962-538199b1