FC2ブログ

ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

細坪基佳 歌ごよみ 忘年唄 ~八ノ章~京都

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

クリスマスイブらしい趣向を凝らしたファンサービスがうれしい今年の京都、歌ごよみ 忘年唄でした。
細坪さん、自身去年のアクシデントを思い出し、「朝起きるまで不安だった、声が出た、良かった」と。
今年の2月あたりまではこのままもう戻らないのかなあって割り切ろうと思ってましたが、夏ごろには、しっかり声もキーも戻ってて。
今年もツアー最終日まで元気に完走(完唱)されました。
細坪さん、45周年はフルマラソンにでも出ようかなってくらい、調子よさそうです。
あの時はとても心配しましたが、こうして振り返ってみれば、追っかけまくった良い一年でした。

1. 星に願いを
2、雪が解ける頃に
3、煉瓦色のレストラン
4、赤い傘
5、雨はやさしいオルゴール
6、Blue
7、流れゆく河のほとりで
8、僕の可愛いお嬢さん
9、君の心を詩にしよう
10、Sentimental Boy
11、風来坊
12、雲のわだち
13、メロディー
14、回転木馬
アンコール
15、白い冬
16、きよしこの夜
17、セクシー

〇メロメロ~
久々の都留さん、久保田さん、3人のステージ。都留さんのバイオリンが心に染み入ります。特に「Blue」、都留さんのバイオリンが官能的でうっとり、非日常に感性が溶けていきそうな演奏でした。
「雪が解ける前に」もレアでした。

〇雨のクリスイブ
古都の冬だから「泡雪」が来るかと思ったら、「赤い傘」を歌われました。そしたら、本当にこの日の京都は雨。1週間前白銀の札幌とはまた違う趣きがありました。

〇今は亡き
ふきのとう時代のクリスマス、毎年ツアー最後の札幌だったので、男同士でさんざん飲んでどんちゃん騒ぎ、ロマンチックなクリスマスなんかしたことないよね~って、都留さんと懐かしそうに話してました。
都留さんが話題にしたのは今泉さんかな。細坪さんが話題にした何代か前のマネージャーって・・・ひょっとして近藤さん??
お二人とも会場のどこかで見てくれてるかもれませんね。

〇作品A
何故愛はいつも揺れるの?二人の愛色あせていく~♪な「作品A」。
これはタイトル決めかねて作品Aのままレコーディングしたら、みんな作品A作品Aと言ってるうちに、それ以外にぴったり来るタイトルが思いつかなかったんだとか。
うん、確かに。

〇「風が吹いていたら」
細坪さん、山木さんから教わった曲として2コーラス程歌われました。
タイトルも、一体誰の曲なのか、今もわからないそうです。
って、すぐDさん聞いたことありって調べて、それをFBに書いたら、情報続々寄せられました。


Fさん談、「数年前のきゅりあんでのライブ(夏ネイチャー オールリクエストみたいな)で私リクエストしたらレアな選曲と言うことでワンコーラス歌ってくれました! 80年頃ライブではふきのとうがよく歌っていました。ハーモニーがきれいでした。」

Kさん談、「ふきのとう時代に演ってくれてますよ。NHKFMの髙橋基子さんの番組マイラブリーポップス(後のニューサウンズスペシャル)で山木さんのギター1本で1番の部分だけ歌われましたね。この番組をきっかけに基子さんと担当ディレクターはふきのとうの虜となってしまいました。
また、その頃前後のコンサートツアーの第1部ギター弾き語り中心としたアコースティックコーナー(第2部はバンド編成)でも歌ってくれました。2人の歌声とギターだけがホールに響き渡りそれはそれは素晴らしかったです。
ちなみにマイラブリーポップスで風が吹いていたらの後に想い出のグリーングラスも歌ってくれました。この曲はコッキーポップのDVDで佐々木幸男さんと共演してますね。」

Aさん談、「ラジオで放送されたふきのとうLIVEの音源持ってます。D.SのTOURですかね、「風が吹いていたら」1番が坪さん、2番が山木さん、3番をお二人で・・・ギター2本良い感じです。懐かしいです。」

細坪さん、お忘れになったのでしょうかねw

〇サンタさんからのプレゼント
アンコールでサンタさんに扮した細坪さん。箱に入った半券抽選のプレゼント大会がありました。
友人に当たったので、もうみんな舞い上がって幸運を分かち合いましたよ~。
でも私が一番うれしかったのは、「セクシー」を一緒に歌って欲しいって言ってくれたことです。いつもうっとり聞いてて歌ったことないから歌えないだろうなって思ったんだけど、皆さんが歌ってるので思い切って私も大きな声で歌いました。
「君<だけ>を温める」って歌詞、大勢のファンの一人にすぎない私は「君たち」ならともかく「君だけ」ってのは該当しないな~って遠くから情景を眺めてる曲だったのが、歌詞を一緒に歌うと、「細坪さん<だけ>を温める」って気分になって、まるで自分の思いを歌ってる気分になれて、もう心ぽかぽか。
最高のプレゼントでした。
いつかまた一緒に歌いたいです。

細坪さんを追っかけ始めてちょうど5年♪ またたくさんの思い出を重ねていきたいです。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/968-e1d64d3d