FC2ブログ

ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

映画「コードギアス反逆のルルーシュ~叛道~」★★★☆

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

10968004_2279128633_51large.jpg
1号と見てきましたーーなんか懐かしいぞ。ルルーシュ。
行けどもけもの道~♪獅子よ虎と吠え~
ALI PROJECT の「勇侠青春謳」
ガンダム00のL'Arc~en~Cielの「DAYBREAK'S BELL」と並んでアタシのカラオケの定番、歌わなくなって久しいから、懐かしい~。
ハロが跳ねるよ。サンライズ。2次元に久々に帰って来たよー。


ルルーシュ、1作目は見てないですけど、この手のテレビ総集編としては、よく出来てたのではないかと思います。さすがサンライズ。 やや絵が荒いところあったけどね。

テレビシリーズに更に付け加えた部分、流れを変えた部分、昔の子供だましの時代とは違いますね~。

なまじガンダムみたいに戦場リアリズムに走らず、ケレンミがこの作品の醍醐味だと思います。
大げさな絵空事だからいいんですよ。
虚構だから、米国を思わせるブリタニア帝国と、アジアの関係を大胆に描けてるんですね。
たくさんのキャラクター個々に特徴があって、多様な人間の群像劇として、良くできていると思います。

第2部なので枢木スザクにスポットが当たってるのもなるほど。
ルルーシュの好敵手にいかに感情移入させるかが、勝負だもんね。

10968004_2279128655_202large.jpg

ただ、ユフィの最期のやりとりはいくらなんでも、シェイクスピアに戻りすぎべた過ぎ、ロマンを追求しすぎ。
テレビシリーズの方が暴動の混乱の中の死別として、救いようのない悲壮感あったと思います。
なまじ医療スタッフのいるところまで搬送されて、べたに手握って最後の言葉を語って、うっと息絶えるのは、今の日本の医療現場でもないよね。
ジェレミアをフランケンシュタイン状態で蘇生させる時代の医療にそぐわない。

シュナイゼルやコーネリアが来るまで、人工呼吸器つけて心臓マッサージして血液交換してでも、心停止を遅らせるくらいのことするでしょう。
心肺停止したら、スザク「死ぬなー」って泣きながら臓マッサージくらいしよろって。


シャーリーの場合は医療措置の出来ないときで出血多量だったからね~。


でも、面白かったです。スパロボ、またやりたくなりました。
第3部、完結編も年甲斐もなく見に行くかも。


関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/973-1ff15d7d