FC2ブログ

ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

細坪基佳LIVE2018 ~Old Time Good Time~仙台&郡山

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

10968004_2283207421_178large.jpg

桜満開の仙台と郡山に今年も細坪さんが季節を運んで来てくださいました。
仙台恒例の五百羅漢シルバーセンターはソールドアウト!!
蔵の音響が味わいある郡山富や蔵も超満員!!
ライブに出戻って7年目になりますが、年々細坪さんの注目度・評価が高まってるように感じられて、ファンにはうれしい限りです。
目下45周年記念アルバムレコーディング中とかで、歌もトークも絶好調の細坪さんでした。
10968004_2283207399_246large.jpg



新アルバム 6月6日発売
ふきのとう時代からの友人、河合徹三さん、都留ノリヒロさん、亀井登志夫さん久保田邦夫さん、そして顔はともかくハイトーンの関淳二郎さん、細坪さんと意気投合のピアニスト妹尾武さん(白い冬ランキング騒動会場は、妹尾邸らしい)ら、音楽仲間と、楽しくレコーディング進んでるようです。
細坪さん、ボーカル録り、やり直しであと1曲だそうですよ。
以下公式HPより、
45周年記念ALBUM 「Old Time is Good Time」
【収録曲】
Old Time is Good Time
Forever Young
愛してるよBaby Face
花束
僕はただ、君を想う
女友達
セイレーン
枯れない花
深い森
同じRailの上で
夢のつづきはまだ終わらない
歌詞~うたことば~

まだライブで聞いたことないのは、5曲ですが、その中でも「愛してるよBaby 」でなく「BabyFace」なのね~どんな内容なんだろう、「女友達」?!も、なんか想像力を掻き立てられます。
発売がとっても楽しみです(o‘∀‘o)*:◦♪。

仙台セットリスト
1、HEART OF GOLD
2、Old Time is Good Time
3、思い出通り雨
4、雨は優しいオルゴール
5、もう帰れない
6、流れゆく河のほとりで
7、シルバームーン
8、ガス燈
9、萎れた花を捨てて
10、旧友
11、望み
12、回転木馬
13、白い冬
14、春雷

15、風来坊
16、花束
10968004_2283207415_238large.jpg

  郡山セットリスト
1、HEART OF GOLD
2、Old Time is Good Time
3、雨上がりの午後
4 、君の心を詩にしよう
5、思い出通り雨
6、流星ワルツ
7、シルバームーン
8、ガス燈
9、萎れた花を捨てて
10、旧友
11、望み
12、回転木馬
13、白い冬
14、春雷

15、風来坊
16、Endress Song


〇仙台
ソールドアウトの仙台では縦じまのカーディガンに白いパンツ、用意してきた短パンはさすがに季節感に合わないと思って、仙台市内で調達したとか。どこのお店で買ったのかしら?
この日は花見日和でしたが、細坪さんは仙台の公園で花見したことあるそうです。
ソールドアウトの朗報もあって、いつにもまして街が輝いて見えました。

〇魔のスリープコンボ
「みんな日々の生活で疲れてるんだね~」って細坪さん、にやにや。
10~13、これがまた心地よい歌唱で、魔性のローレライみたいに眠くなるのよね~(。-_-。)
私の周囲みんなうとうとしてたので、他の会場でもそうだったと教えると、「私だけじゃなかったのね~」って少しほっとされてました。

〇AI世界征服
シリの話、なんかぞーーーーーとしました。怖いねえ。
って、寒気?仙台ライブ隣だった二人がインフルエンザと判明したそうです。
皆さん、無事でしたか?

〇旭川フォークジャンボリー
紅白出場の竹原ピストルさんは学生時代、旭川フォークジャンボリーで活動してたそうです。
旭川は細坪さんの実家(深川?)から、35キロのところにあるんだそうで、庭みたいなもんだなとか(笑)
ピストルさんの活動してたライブハウス「旭川フォークジャンボリー」にもよく出入りしてたそうです。
そこのマスター「よこちゃん」のオリジナルが「思い出風来法師」なんだそうです。場内、大爆笑(^ω^ ≡ ^ω^)。
でも、よこちゃん、印税は山木さんに入れないとね(笑)

〇花束、
この曲去年のネーチャーで初めて聴いた時、きゃあ~私も花束の一人かしらん。ドキドキ
まして、今日はここ五百羅漢席だから、細坪さんと目が合っちゃう~きゃああ~(悶死)
しかし「まばらなホールの片隅で聴いてたあどけない君を覚えてる~
ここを聞くと、我に返ります。これ、絶対アタシ入ってないなorz...。
私がライブ見てた頃78~84年頃はすごい人気でどこも満席、チケット手に入らなかったもんね~
細坪さん、全然客席なんか見てなかったし~
私が知ってる細坪さんは花束受け取らなかったもんね~
そしてまた疑問が沸き上がるのだった。果たしてこの人、あの時見た人と同じ人なのかしら?(おい)

〇さよなら、富ちゃん(つД`)ノ
ショック~富や蔵で行われる細坪さんのライブはこの日が最後だそうです。
蔵の老朽化で、ライブ会場としては使用できなくなるからだそうです。
えええ?!、この会場、音がクリアで好きなんですけどね。
残響の多い一般ホールと違い、蔵の澄んだシャープな音が好きで本当に大好きなライブ会場でした。
音響担当は、原真一さんという福島のエンジニアの方で、ネーチャーも担当されてる細坪さんの音楽スタッフになくてはならない方です。この方の効果の入れ方がよくわかって味わいのある会場だったんですけどね~

細坪さんは「富や蔵」でのコンサートは14~15回目だとか。
細坪さん、富や蔵「富ちゃん」と呼んでるそうです。永年の友達との別れを惜しむように、感謝を込めて、いつもよりサービスしてくれてた気がします。陽水さんの曲やアリスの「今はもう誰も」、「永遠に」「枯れない花」も拍手喝采!!
デビューした頃は「B(シ)」まで出たんだよね~今は「G(ソ)」で「雨ふり道玄坂」がいっぱいいっぱいだもんな・・・と言うや否や「雨ふりの道玄坂~」のサビ、蔵全体に響き渡る美声でアカペラで歌ってくれましたヽ(≧∀≦)ノ。
確かに蔵の神様とでもいうか目には見えない存在を感じ、蔵と細坪さんの交信を感じてしまう不思議な時間でした。
富や蔵とはお別れだけど、細坪さんの神秘の精神世界をが垣間見た貴重な時間を体感出来て良かったです。  
次回の郡山は中央公民館ホールだとすると、500席なので、皆さん友達一人誘って来てくれるとちょうど良いんだけどなあ~。だそうです。うん、頑張る!!


〇流星ワルツ、
なんでか泣けるのよね~
初めて聴いた時、なんだか俗っぽい歌詞で単純な曲だけど、細坪さんの声がすごくピュアに聞こえて、だんだんこの曲を聞かないと落ち着かない中毒症状に陥った16の冬。
「若い日あなたとめぐり逢い」
なんで一番夢中だったあの頃、行きたくて行きたくてたまらなかった若い頃、行けなかったんだろう?こんな年になるまで、なんで行かなかったんだろう?
もう戻らない時間・・・、悔恨。。過去の幻想と現実が交錯して、あの頃とは違う心情が、歌詞に浮かび上がってきます。
遠い日の感傷に浸れるのもまた、Old time is Good time


〇郡山ファン
郡山というと有名な「渋柿事件」で、ふきのとうとは縁が深いところのようです。「柿の実色した水曜日」ジャケットは郡山だったのですね。
前回、白河、喜多方でご一緒した地元ファンの方々とライブ後、女子会しましたが、その中に26歳の娘さんがいて、「お母さんの付き合い、ご苦労様だね」と声かけると、「いいえ、私が細坪さんのファンなんです。」というので、びっくり@@;。
お母さん、平然と、お腹の中にいる頃から、胎教で細坪さんの声聴かせてるからね~って。その後もずっと娘さん連れて毎年郡山ライブに出かけてるそうです。
解散コンサートは妊娠8か月の時だったそうで、6月生まれだそうです。
ええええ?それって私と長女と同じじゃん。しまったー!!私も解散コンサートいけば良かった~○| ̄|_。
でも「春雷」で興奮して産気づいたらどうしよう?とか、思わなかったの?と聞いたら、
解散コンサートで、「春雷」でスタンディングエキサイト!真っ先にステージに駆け寄ったわよ!!
すげええ・・・@@;
それに比べ、なんて意気地なかったんだろう・・私ってば・・・・愛が足りなかったのね。
すっかりおばちゃんになったけど、今からでも追っかけてこの見事な臨月脂肪豚腹で突撃声援!頑張るんだい!!
(←いや、頑張らなくていいから、大人の応援してねbyツボ)


10968004_2283207395_183large.jpg

※山木さんのフライヤー、
ファンの人が配ってました。
でも山木さん、本当に細坪さんのファンに来てもらってうれしいのかなあ~?
自分だけを好きなファンの方が大事なんだろうけど・・・心乱れるよ~♪

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/977-b69897ac