FC2ブログ

ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

あんべ 光俊碧き風のコンチェルト~光田健一のピアノ 篠崎由紀のチェロとともに~

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

30709483_1076821242457692_2997441517792282240_n.jpg


通常のギター1本の弾き語りやフルバンドロックコンサートとは違って、光田健一のピアノ 篠崎由紀のチェロとともに演奏されるあんべさんの名曲が、よりポップにより美しい旋律に彩られた絶品のコンチェルトでした。
この日ステージに立つのは決してローカルじゃない、グローバルアーテイストあんべ光俊さん。私のような、地方の人間にはとてもまぶしく思えたけれど、全曲アレンジがアルバムに忠実で、かつ少し華やいだエッセンスで奏でられるので、いつもの場所から大きく離れた感じしないのがうれしい誤算でした。
イントロ聞いただけで、ああ、この曲ずっと聞きたかった~という聴衆の思いと、ハイクオリティの伴奏に乗るあんべさんの心の昂揚が、感動をより深くしてくれました。
そしていつものようにオーディエンスがごく自然に、声援や歓声、アクティブなリアクションでその感動を全身で伝えてステージと一体になっていく感じ、あんべさんのライブならではの味わいです。
大都会東京を吹き過ぎる、一陣の優しい風のように、イーハトーブの偉人が生み出す詩情豊かな音楽が、人々の心を勇気づけ、癒しをくれたひとときでした。
10968004_2283431718_18large.jpg

セットリスト(あんべ光俊さんのFB参照)
00.Overture
01.遠き風の声
02.少年の樹
MC
03.恋
04.Taste of Love
05.君に逢いたい
MC
06.父母の夏
MC
07.風を感じて
休憩
MC
01.教室 [あんべ&篠崎]
MC
02.やさしさは欲しいけれど [あんべ&篠崎]
MC
03.ソレアード
MC
04.風花
05.歌のある星に生まれて
MC
06.君が好き
07.一億の夜を越えて
MC
08.風のモント

E1セーラ / E2.遠野物語
W1.イーハトーヴの風 / W2.Hey BJ
10968004_2283431685_57large.jpg

〇予想外
正直、最初ピアノとチェロという編成を聞いた時、あんべさんの曲をクラッシックっぽくアレンジしたらノリノリで弾けられないし、ぶっちゃけさださんみたいにそんなにMC上手くもないし(ごめんなさい^^;、退屈かもって予想しました。
イメージ的にあんべさんというとアナーキーでアウトローで、ギター1本のシンガーソングライターか、フルバンドのロッカーなので、クラシカルな格式高いステージだと、ちょっと堅苦しい気がして・・・シックなスーツに蝶ネクタイでもするのかしら?とか、ちょっと違和感あったのですが、全然予想に反して、あんべさんらしいラフな感じはそのままに、彼のフォークロックな楽曲の魅力を十分に表現されてたと思います。
てっきりグランドピアノの弦楽アンサンブルかと思ったら、電子ピアノ(ピアノ音色一種類で、音色変えてなかった)とチェロでこれだけポップにかつメロディアスに奏でられるんだってこと、エレキもベースもドラムもパーカッションもなくても、アップテンポで重厚なロックになるんだーってことは、ちょっと目から鱗、新鮮な感動でした。

〇ミスター健一!!
と紹介された方、すごーいい!!
あとでわかりましたが、あんべさん、「みつた健一」と言ってたのね~(^^;) ミスター健一さんの苗字なんだろうってずっと考えてました(バカ))
私は全然知らない方だったんですが、ポップスピアノうま過ぎだし、複雑な演奏しながらのコーラスワークが素晴らしい!!
発声がきれいだし、声は澄んでるし、音は完璧だし、音量バランスも絶妙!!その上、甘いルックス!!
ただものでないこの人、何者~?
きゃあああああ!!黄色くもない歓声も抑えられませんでしたw
芸大ピアノ科いたんですか?そらすごいでしょ??
え?小田さんのコーラスやってる方。そうか、ああ~~それはそれは納得。
まさに小田和正さんのDNA受け継いでるって感じだもんね。スタレビのメンバーだったとか。
名実ともすごいアーティストなんですね。今度ライブ、見に行きたい気がします。
ついついあんべさん、そっちのけで彼ばかり見ていた私でした(ごめん、あんべさん)
あんべさんと光田さんは、岩手県立大の学生歌「風のモント」のアレンジで一緒に仕事をしたのだとか。
小田さんに「お前、あんべとやってるんだって。あんべ、元気でやってるか?」と光田さん言われたそうです(^^)あんべさん、喜んで、クリスマスの約束に呼ばれる日を待ってます、だって。
わーい!是非番組で、花巻温泉事件の真相を解明してください(笑)。
mi1.jpgmi2.jpg
↓行きたいライブ目白押しですね。
hura.jpg

〇君に逢いたい
なんて心表れる美しい曲でしょう。電子ピアノとあんべさんのボーカルが切ない歌詞世界をクリアに描き出します。
悲しいわけじゃないのに、なぜか涙がこぼれるこの曲。
朝の光に包まれながら何故ほほを濡らすの~
なんでだろ?あんべさんの音楽という大きな愛に包まれて、カタルシスを感じるからでしょう。

○父母の夏
「二人の子供で良かった」
これもまた泣かせられる曲です。
幼い頃、酷い家庭で育ったと親を恨んでいた私も、今は「二人の子供で良かった」と心から思います。
あんべさんは両親と親族と常磐ハワイアンセンターに行った頃のこと、高度経済成長期の貧しくとも希望に溢れた時代を語ってくれました。そうあの頃の釜石製鉄所、新日鉄釜石は岩手の輝ける産業でした。
大正生まれの私の父は、よく常磐ハワイに行った日のこと語ってくれて、まだ海外旅行が庶民から程遠かった頃、目を見張る行楽地だったのでしょう。
「もう一回常磐ハワイさいぎで」というので、
ハワイ旅行が当たり前になった平成、まだフラガールという映画で再ブレイクする前の常磐ハワイは、場末の寂れた温泉でブームを過ぎた「ウーパールーパー」や「エリマキトカゲ」が展示されていたのを覚えています。
バブル絶頂の頃またブレイクして、子供を連れて行きましたが、混んでて入場できなかったり。。。あまり良い思い出ないかなあ・・・
あんべさん、客席で涙ぬぐう人多くて、つい歌詞間違えたとか。音源録りしてるかで、この曲リテイクかかりました(笑)

○風を感じて
第一部〆の曲。あんべさんの曲タイトルや歌詞にはよく「風」が出てくるそうです。
飛行船のデビューアルバムは「風の時刻表」だし、」サンライズサンセットも結論は「答えは風が知ってるさ」だから、やっぱりボブディランの影響なのかなって思ってました。
そしたらあんべさん曰く、良い言葉が思いつかない時、「風」をはめるとしっくりくるんだとか。なるほど~(笑)
「風を感じて」は、世界に抗った激動の時代から、今を受容し愛に生きると静かに決意する心情に、癒しを感じる曲です。
流されるのも流れるのも
365日の「見送ることも見送られるのも」同様、あんべさん特有の能動・受動の対句表現が印象深い曲です。


○教室
第2部一曲目。
チェロとギターで、アルバム通りのアレンジ。やっとこの曲、イメージ通りの演奏を堪能できた気がします。
この曲、社会の歯車に成り下がった大人と真面目な反抗をする若者との隔絶が主題ですが、、、モラトリアムの混沌を思い出します。
まだ新任だった頃の午後の授業、けだるさの中つたない授業を展開していると、不良生徒がぐだっとつまらなそうに机に伏す姿と窓の外の美しい青空が好対照で、脳内いつもこの曲が流れていました。
「先生、もう少し大人になれよ」と言われてて、こいつら、恰好つけてつっぱてるだけで何も考えてない無責任なヤンキーガキに「卑怯な台詞聞きたくない」とつき返したいような・・・・
どっちがどっちだかもうカオスの時代。
でも午後のあのけだるい青空が、あんべさんと共有する「教室」の心象風景として、私の脳に刻まれている気がします。

「風花」歌ってくれてありがとうございます。byNSPファン

○ロック魂!覚醒!!
アコースティックコンチェルトと言ってもやっぱりハードロッカーあんべさんを客席は待ってます。
「君が好き」好きさ好きさのコーラスが秀逸vv
続いて「一億の夜」、一億の人間を前にオフコースと共演してるような錯覚!!
盛りが上がりましたーーー!!
私は今回、何故か男性ばかり(男性客多いですね~)の客席の真ん中でした。これは今日はあんたは静かになさいってことかなって思ったんですが・・・、
男性ファンの野太い「あんべさーん」コールと前の席の女性たちの黄色い声援がすごくて、私も心置きなく拍手歓声声援、弾けました!!

〇セーラ
アンコール1曲目。来ましたーーーーー!!
Uさんがずっとリクエストしてたロックバラードの逸品。
これを電子ピアノの伴奏で生で聴けるとは、最高でした。
暗い闇の中に、いつしか自分が溶け込んで、醜悪な現実の自分がどこかに消え去り、歌詞に登場するはかなくも美しくも女性に自分が置き換わってしまったように感じる幻想的世界。子供の頃空想の中に描いていた悲劇のヒロインのような自己イメージが、この曲を聞くとりアライズして、非現実のヒロイズムに陶酔してしまいます。
物悲しくも美しい非現実へと誘われる名曲、このまま人々の記憶から忘れ去られるには惜しいほど。
映画の主題歌とかCMソングになるといいんだけど(願)。

〇あんべさんの夢
100人のオーケストラで歌うことだそうです。指揮アレンジは光田さんで、コンサートマスターは篠崎さんで。いいですね~。夢は大きくいきましょう!!
確か盛岡で自衛隊のブラスバンドと共演はしてるんですよね。
ささやかながら私はこの音源がDVDやCDになる日を、またこの編成であんべさんのロックバラード、生で聴ける日を夢みています。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/978-a3a95321