ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

仮面ライダー剣DVD11巻ライナーカード

Posted by ふざけおに on   3 comments   2 trackback

20050620204410.jpg

 DVD11巻、ライナーカード。脚本家會川昇氏のブレイドへの直接コメントを読むのは、これが最初で最後かもしれないなって、開封前ちょっと緊張しました。だって、読んでしまったら何かが終わりそうで、なかなか中を開ける気にならなかったのですが、今日やっと目を通しました。
 実質「敗戦処理だった」とか言う愚痴だったらどーしよ?とか、心配しましたが(汗笑)、ファンの気持ちに配慮された作品を肯定した内容で、作品への愛を感じるコメントでした。うれしかったです。
 この方は物語を収束させるにあたり、ブレイドの世界を本当に突き詰めて考えて再構築されたんだろうと番組見てる時から感じてましたが、ホントにそうだったんだなって改めて感心しました。非常に深く考えて作品に真摯に向き合ってる姿勢が見えて、そこに物語への愛(プロとしての自覚かも知れないけど)があって、ホント良い仕事してますね~。

 最終話、戦う宿命(BR)を「不戦」で落とし、昭和のヒーローにはなかった自己犠牲のありようを示せたので、間違いなく平成ライダーシリーズの一つの答えを出したんだと私も思いました。
また、9.11以降正義のヒーローへの懐疑的風潮に、別に「ヒーローものを無批判に関わっているわけでない」という會川氏の感覚はとってもよくわかる気がしました。
36話の「家族の死の際、誰も助けに来てくれなかった、だから自分は人命を救える人間になりたい」というシンプルな思いを、エゴだの偽善だのと疑う余地はないと私も思いました。目には見えないけれど「愛」は確かに存在するのと同じで、「ヒーロー」確かにはいるんだよというメッセージは、小説「たそがれ」でもしっとりと感じさせられましたよ。

 このライナーカード読んだら、はっと思い出してドロンパさんへのレス(今年2月にBBSに書き込みした)内容を見直したら、結構思い当たる部分があって感慨深いです。
<ブレイドが1話で仮面ライダーがバイクで登場し、変身を解いて人間になるというこれまでにない出だしだったんです。
結びは人間が完全に異形の者になってバイクで退場していくという、、
この起結の味わいが他の平成ライダーにはない高度な作風だと思います。謎の付け足しで作ってないんですよ。
なんと言っても、本来悲惨な被害者である「仮面ライダー」という業、なりたくってなったわけでない異形の非業を、自ら選んだという点がブレイドの衝撃なんですよ。
それが「ブレイドが職業ライダーである」、という真の意味なんだと唸らされましたよ。
ライフワークとして自ら望んでその苦難の生き方を(しかも永久にだよ!)選んでるライダーなんですよね。剣崎すごいな~って圧倒されますよね(笑)>
 
 こんな感じの書き込みを勢いでしてたんですが、その時の気持ちがそのまま蘇って来ました。
 非常に共感させられる11巻、貴重なライナーカードでした。
いつの日かまた會川昇氏のブレイドに関するコメントを読める日が来ると良いのですが、、、(今井詔二氏のコメントは永遠に無理なんだろうか。泣笑)
 最終回といい「たそがれ」といいライナーカードといい、會川氏のおかげでドロドロした思いもあったブレイドを、綺麗な思い出に変えて胸に刻むことができそうです。私にとっては最高のライダーでした。

 とりあえず、このライナーカードに敬意を表し、1号にハガレン映画の前売り券を買ってあげようと思ったのでした。(笑)
20050620204400.jpg

どーでもいいけど、この本文によると會川氏は24,25話から参加になってますが、22,23話からの参加が○。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

nationwise says... "初めまして"
最近になって、急にブレイドにはまり出して「何かブレイドのこと、詳しく書いているブログないかな」と検索していたところこちらにたどり着きました。
「ブレイド愛」を感じます!!
私の一番最近のブレイド関係の記事をTBさせていただきました。
私の記事で何かお気づきの点がございましたら、一筆いただけると嬉しいです。
で、DVD特典映像で虎姐さんと睦月の対談が実現されないこと(Vol.11までにないってことは12であるというのは考え辛いですよね?)に少々ショックを受けております。虎姐さんの素喋り見たかったなぁ~。だって蘭と虎太郎はあったんですよ!期待するじゃありませんか、普通。
今後とも宜しくお願いします。
2005.06.28 08:06 | URL | #6x2ZnSGE [edit]
ふざけおに says... " nationwise さんへ"
初めまして。ブレイドファンの方がいらしてくれてすごくうれしいです~。
もちろん、愛してやみません。評価はどこ見てもぱっとしない感じもしますが、私にとって比類なく好きなライダーなんです。
SW、ガンダム、デジモン、ブレイドはいくらでも語れます(笑)
ブレイドは、途中ライターさんの変更があって、素直に受け止められない気持ちになりましたが、ラストが良かったので、満足しました。

今ちょっとSWにショック受けてて、凹んでますが(笑)、気持ちに余裕ができたら、色々語りに参りますね。

リアルタイムの各話感想は
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/7933/page016.html
に置いてますので、よろしければそちらにもどうぞ。
2005.06.28 11:13 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "nationwise さんへ追記"
DVDの10、11巻、12巻インタビューは、1月のヒーローライブの時に収録したもののようです。12巻も4人のイケメン対談です。
http://www.toei.co.jp/tv/
虎姐さんは、金居と共にライナーカードにコメントでしたね。
2005.06.28 11:16 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/99-207f6902
『仮面ライダー剣』DVD11巻
ふざけおにさんの『仮面ライダー剣』DVD11巻ライナーカードについての記事がとっても自分の心境に近かったので、TBさせてもらいました。おおむね同意見、というか近い気持ちです。會川氏がブレイドという作品に愛情とプライドを持ってくれているのがとても嬉しいです。
仮面ライダー剣 ミッシングエースDC版
早速見ました。まぁ、また石田監督のコメンタリー版も見たいと思いますが、TVと映画は「違う」ものとしても見られるし、まぁ、繋がってるっちゃあ繋がってるなぁとも思えるし、なんか自分の中では微妙な空気が流れています。映画単体で見れば面白かったともい